< >

新潟絵屋(にいがたえや)書家・華雪の書と篆刻による日めくり万年カレンダー「日暦」。新パッケージでの販売を開始しました!

梅野 亮 展

展示11/17木―30土
イベント11/24土 18:00-トーク
イベント11/30金 18:00-詩の朗読
人の華やかさは持って生まれたもの(性格)と生い立ち(環境)の化合物かもしれない。梅野亮の父隆はコレクターで、長野県東御市にある梅野記念絵画館はそのコレクションを礎に生まれた。美術の世間で忘れられかけた物故者の絵の輝きを見出し「発掘」するのを喜びとした人でもあった。...もっと読む

七里知子個展 -Reverberation-

展示12/2日―12水
モノ— 物質ではない、風と雲と大気と光のはてのない広がりであり、たえず移り変わっていく空の、その空を映す、水の肖像。新潟絵屋で近作の油彩を、北書店で版画作品を展示します。..もっと読む

蓮池もも展 〈前期〉

展示12/14金―24月祝
今年集中的に制作された蓮池もものマトリョーシカの連作と、それに並行し、また先立って制作された絵を展示する。テーマは母子。近年の作同様に、画家の実人生が映る作品群だ。「母子」はひとつの幸福の形だが、物語における母子には、別れ、相克、離反などさまざまなドラマが描かれてきた。...もっと読む

七里知子メゾチント作品展@北書店画廊

展示12/3月―20木
新潟絵屋での「七里知子 個展 -Reverberation-」(12/2〜12)と同時期に、別会場で別技法による、七里さんのもうひとつの世界をご覧いただけます。数年前にも北書店でご紹介して、七里さんの銅版画が北書店の雰囲気とも合っていたのが印象的でした。油彩と版画、絵屋と北書店でぜひおたのしみください。...もっと読む

後藤哲男 遊びの道具展ー木のアクセサリー篇

SHOP11/24土―12/24振休・月
建築家の後藤哲男さんは、木製の遊びの道具作りに夢中です。見て遊んだ私も夢中になりました。パーツを組み合わせて形を作るものや、球が転がる道を作って遊ぶもの、基盤から飛び出た棒を木槌で叩くもの、木馬など。このたび挑戦するのは、イヤリングやネックレスなどのアクセサリーです。...もっと読む

万年カレンダー日暦

SHOP
書家・華雪の書と篆刻による日めくり万年カレンダー。2018年秋、新パッケージでの販売を開始しました。 新潟県産木材 「スノービーチ」を使ったスタンドに、月と日のカードをのせて使います。スタンド設計:NOB CRAFT Homemade Furniture/スタンド台製作:KOUGI/カード印刷:株式会社博進堂/価格 3600円(税別) 英訳付き説明書および漢数字・算用数字の対照表付録。...もっと読む

青松ワークスの木工オーナメント

SHOP
青松ワークス(社会福祉法人更生慈仁会/新潟市西区)の4色の額縁が定番人気ですが、毎年この季節には、素朴でデザインのいい木工オーナメント(@300円)をお取り扱いしています。今年もおたのしみに!...もっと読む

松本健宏さんの干支もの

SHOP
2019年はいのしし年。独特のユーモアセンスがある松本健宏さんの人形やろうけつ染め手拭いが、11月下旬に入荷予定です。新潟絵屋のデザイン制作部門dododo/ドードー堂では、松本健宏さんのろうけつ染めの干支絵とお名前を組み合わせたオリジナル手拭いのオーダーを承っております。...もっと読む

上原木呂展

展示1/17木―30水
多産で多彩な展開を見せ、美術の良識の柵をつきやぶるような若々しい表現をくりひろげる近作を紹介します。...もっと読む

Open eya

2019年のご利用募集中
展覧会:毎月2〜10日(会期9日間/1日は展示作業)・イベント:毎月11〜15日。新潟絵屋の空間で個展やグループ展を開催するサポートを致します。中旬には、教室、講座などのイベントにもご利用いただけます。...もっと読む

美術分野における市内組織基盤の形成と新たな可能性に関する調査研究

NEWS
本調査はアーツカウンシル新潟 (公益財団法人 新潟市芸術文化振興財団)「文化芸術基盤整備促進支援事業」の助成を得て、おこないました。目的は、新潟市域の美術をめぐる総合的で正確な現状把握であり、その先にその内容の公開が、美術活動に関わる人同士の情報の共有を図り、互いの理解、交流、連携の基盤となることを考え..もっと読む

ギャラリーミュージアムマップ

TOPIC
新潟絵屋が月刊で発行している「新潟島とその周辺ギャラリーミュージアムマップ」は2008年に創刊しました。地図とともに、さまざまな画廊や美術館の展覧会情報をカレンダー式一覧で表示しています。..もっと読む