広田郁世展

5月22日fri―30日sat

vol.462

 広田郁世が描く風景はいつも薄明だ。朝や夜に向かっていく薄明というより、うす明りの空の下に固定され、時間がとまってしまったような薄明。こういう光、時間が、ここ新潟では、特に秋から冬が終わるまでの時期によくある。広田の住む富山もそうなのだなあと、絵を見て共感する。
 真っ暗になれば時に星や月が、あるいは家の灯が見えるけれど、薄明ではそれも見えない。なにかが見えるようで、見えない風景を、ぼんやり見ているとき、現実からも夢からも遠いその場所で、私が出会うのは自分の呼吸であるかもしれない、と、広田の絵を見て気付かされる。彼方に追いやられた私が、ほんのつかの間、ここに、そばに帰ってくる、そんな感覚と言ったらいいだろうか。草の根や、家々の屋根や壁や、たわんだ電線のあたり。緩慢そうで微細な変化に富むグレーの空。見ている自分が、遠方の自分を迎える小さい、あたたかい家に思える。(企画 大倉 宏)

PROFILE
広田郁世(ひろた いくよ) 1963年生まれ。87年大阪芸大日本画専攻(科)修了。89年文化庁芸術家国内研修員。86~91年創画展に出品。2001年~現在パンリアル美術協会に出品。12年第5回東山魁夷記念日経日本画大賞展。他グループ展、個展で発表。87~07年アマチュア演劇、人形劇団の制作・舞台美術等担当。07年~影絵&人形mao company代表。挿絵、装丁の仕事多数。趣味は熱気球、動植物の観察。富山県射水市在住。
http://www. .com/

広田郁世

■5月30日(土) 秋葉小夏2015 ツバメコーヒーブース:「てつがくをはぐむ」に、大倉宏と参加予定。

小林久子展

5月12日tue―20日wed

vol.461

 小林久子の線について、「引かれた,幅のある時間でなく、もっと凝集した〈一瞬〉を感じさせる」と書いたことがあった。
 それを否定するようだが、図版の絵の線などを見ていると、画家が引いている時に感じている抵抗感、向かい風を感じる。風が強まるほど線は力を増し、一見同じ速さで進む。見た目の早さは無風時と同じでも、内実の速度が違う、変化している。内実とは向かい風を感じ反応する身体。左上から右下に走る線の群れのなかで、右上へ浮き上がって行く数本は、線を引く体が風の浮力を受け、舞い上がったかのよう。
 小林の美しい色はその身体が動く空間の、疎密や、さまざまな動きを内在させる大気のように、常に変貌し、押し戻す、見えない、生きた抵抗体に見える。穏やかなようで、猛烈な動を、臂力(ひりょく)を隠している。絵画という宙空で、地中で、見えない力がいつもせめぎあい、組み合い、火花を放っている。〈一瞬〉を感じるのはそのせいだ。(企画 大倉 宏)

PROFILE
小林久子(こばやし ひさこ) 東京都生まれ。ニューヨークを拠点にフィラデルフィア、パリ他で個展多数。日本ではニッチ・ギャラリー (東京)を中心に各地で個展。新潟では2005・07年画廊Full Moon、09・11年新潟絵屋で個展。ニューヨーク在住。
www.hisakokobayashi.com

PHOTO:「音のない言葉」2008年 油彩/キャンバス 55.8X71.1cm

■作家在廊予定日:5月12日~16日

■堀川久子 踊ル ― 小林久子展会場にて: 5/15(金)18:30~(500円/申込不要)
終演後、ささやかな会を開きます。

秋葉小夏 2015

photoclip 5月30日 sat

秋葉小夏2015」にて

秋葉小夏2015秋葉湖周辺で開催された秋葉小夏2015に、ツバメコーヒーさんの企画で、画家・広田郁世さん(富山)と新潟絵屋の大倉宏が招かれ、絵を描く人、絵を見立てる人 、それぞれの立場で絵の話をしました。当日は、ミュージシャン・青木健さんが、広田さんの絵からイメージが湧き曲を作ったと聞いてびっくり。トーク後のライブで思いがけず聴くことができました。

中村文治展

5月2日sat―10日sun

vol.460

 中村文治が器の形をした彫刻を発想したのは、器がガラスケースに入れて展示されている美術館でだった。
 飲み物や食べ物、花などを入れて「使われる」器が、ただ見られるためだけに展示されている、異様とみれば異様なその状況が、だったら使えない(=見られるだけの)器―彫刻を作ってみるというアイディアになった。土でなく木を素材としたのは、それが自分に一番身近だったからだという。器の姿をした彩色木彫は、器として使えないよう、底に穴があけられた。
 これは、見る私たちへの意識への、やわらかい挑戦だ。器を見て何かを容れてみたいという条件反射を、身をかがめてかわす器。岡本太郎の「座ることを拒否する椅子」に似ているけれど、もう少しのほほんとした空気が、世代と個性の違いを感じさせて面白い。(企画 大倉 宏)

PROFILE
中村文治(なかむら ふみはる) 1980年新潟県生まれ。2006年大阪芸術大学大学院芸術制作研究科彫刻修了。個展は2003年A-BOX (新潟)、06・08・09年信濃橋画廊 (大阪)、2010・11・14年 arton art gallery(京都)、12年ギャラリ―島田deux (兵庫)、15年4月山木美術 (大阪)など。08~09年「In my place 坪田昌之 中村文治展」をギャラリ―島田、福田画廊 (新潟)、新潟美術学園ギャラリー (新潟)で開催。09年韓国の彫刻シンポジウムに参加し長期の滞在制作を行う。

PHOTO: White horizon―bowl―」2013年 木に着彩・銀箔

■作家在廊予定日: 5月2・10日