等々力弘康ドローイング展

8月16日wed ― 19日sat

11:00〜18:00

等々力弘康の色が眼球に入ると、その色の陰に、裏にある、ひそむ、見えない色が匂いたつ。
蜜に誘われる蝶のように、その色一色の底の色に、吸い寄せられ、一瞬の花芯に目の羽根をたたみ、立ちどまる。(大倉宏)

等々力弘康(とどりき ひろやす)
1943年新潟生まれ。

トレド+吉田淳治

8月1日tue ― 31日sun

会場:オーダーカーテンと家具の専門店 トレド

 洗練されたデザインのトレドショールームに、吉田淳治の美しく深みのある水彩画をプラスしたら・・・
どんなに素敵なことやら!

吉田淳治(よしだ じゅんじ)
1951年愛媛県宇和島市生まれ。1970~76年東京、以後は宇和島で制作。81年パリに1カ月滞在、イタリアに旅行。宇和島市立伊達博物館、べにばら画廊(宇和島)、松山三越、田都画廊(松山)、マエダ画廊、Gallery芽楽(名古屋)、現代画廊、紀伊國屋画廊、始弘画廊、ギャラリー収納(東京)、ギャラリー小蕪亭(長野)、新潟絵屋、画廊Full Moon(新潟)などで個展。グループ展多数。2011年「絵画のwaltz-吉田淳治展」(町立久万美術館)、12年「絵画風景 吉田淳治展」(砂丘館)が開催される。 http://junji-yoshida.webhop.info/

*2017年6月2日~10日 「吉田淳治 水彩展 WII」(会場:新潟絵屋)出品作品の一部が巡回します。

PHOTO: 「WII-147」2017年 水彩/紙

photo_shop_appearance_01オーダーカーテンと家具の専門店 トレド
新潟市中央区万代3丁目5-36
tel. 025-255-5502
Open 10:30~19:00
Close 水曜日、8.13~16

トレド ホームページ

おかえり展

8月22日tue ― 30日wed

vol.534

 新潟絵屋の展示室は約6坪。
 けれど、そうした数字では計れない広さがあると、教えてくれたのは、並べられてきた絵や、各種の作品たちだった。
 作品という光に照らされ、その都度、同じ部屋が、違う場所に変容する。その度合いは、いつも劇的だった。
 和紙を貼った板壁、土壁、しっくい、格子戸。多様な壁面と自然光が一部差し込む室内は、ホワイトキューブとも、普通の家ともちがう空間。あいまいという豊かな襞が、照らされる光の質や角度で、新しい陰影をあらわすのだった。
 「おかえり展」は、ここに一度展示され、購入者の元へ巣立っていった作品たちに、古巣に帰ってきてもらい、晩夏の一時を過ごしてもらおうという企画。出品料は、展覧会の開催経費の一部となにとぞご了解いただき、もういちど作品を、新潟絵屋展示室でながめる時間を楽しんでいただければと思う。お申込は直前まで受け付けています。
 そして、展示作業という魅惑的な時間も、ぜひ一緒に体験してください。会期中には絵について、楽しく語り合い、考える催しも企画しています。
(大倉宏)

出品予定リスト(8月7日時点)
・栗田宏「日色」
・中島佳秀「いばらと、おどろ」
・蓮池もも「光」、「島」
・八木なぎさ「Pilgrim」
・村井勇「ロオリング」
・広田郁世「商店街の空」

募集ページ

※出品お申し込みは新潟絵屋へ。
出品料3,000円/作品搬入受付期間: 8.2~13/先着30点
※ 展示作業: 8.20[日]
10:00~17:00/出品者は参加できます。見学はどなたも可。
※ 関連イベント 「おかえり展おでかけ篇」(8/23夜)もあります。

新潟絵屋 内観

PHOTO: 新潟絵屋 内観


関連イベント
絵をめぐるあれこれ
案内人:大倉宏/500円 (出品者無料)
8.22[火] 19:00〜20:30 その1. 絵について話しましょう
8.29[火] 19:00〜20:30 その2. 絵の裏側 一枚の絵を額装し飾るまで


おかえり展おでかけ篇
俳句講座 「みんな違って、みんなヘン」
8/23[水] 19:00~20:30
会場: 田代家 (上大川前通4番町)
参加料 2,000円/要申込 (新潟絵屋へ info@niigata-eya.jp)

田代草猫を案内人に俳句の魅力を聞き、時節の句を詠むひととき。絵屋から田代家へと旅立っていった作品でお部屋をしつらえます。
担当:井上美雪

カルメン・ラ・グリエガ展


私の指は、亡霊(ゴースト)たちのコーラス

8月2日wed ― 13日sun

vol.533 企画:大倉宏・堀川久子 作家在廊日:会期中来日予定

 日本の夜は昔はもっと暗かった。妖怪や幽霊や鬼はその闇を住処とする生物だったのだろう。
 スペイン人の画家カルメン・ラ・グリエガは、その妖怪の日本に惹かれている。その日本での初個展のテーマを 「亡霊」に定めたのも、妖怪へのリスペクトからであるらしい。スペインに妖怪はいない、と昨年、初めて新潟でお会いしたとき、語っていたのが印象的だった。
 これらの絵は毎日定時に、ギリシャの古い音楽を聴きながら、指で(絵筆は使わず)描かれたという。ここにも、豊かな闇の気配がある。その闇はクモの糸のようにねばつくものでできていて、指が差し込まれると、たちまち吸着し、引き込もうとする。その力と、画家の力の、一進一退の攻防のあいまにたちあらわれる、イメージや声が、これらの、妖怪に似て、怖しいが、ユーモラスで、哀愁ただよう、悲しげで、どこか愉しげでもある 「亡霊」たちなのだろう。
 怪談の季節である日本の夏に、遠いスペインからやってくるゴーストたちは、いまや希少生物となったヨーカイたちと、夜の闇ではたして出会えるだろうか。(大倉 宏)

表紙カルメン展A-kiss

Carmen La Griega(カルメン・ラ・グリエガ)
1971年マドリッド生まれ。1989~94年マドリッド・コンプルセント大学で美術を学ぶ(のち同大学で美術教育の研究に従事)。93~98年アテネの美術大学にてジョルジュ・ラパスの研究助手。スペイン、ドイツ、オーストリア、キューバなどで絵画、パフォーマンスの発表を行う。2017年ソフィア王妃賞美術部門、マドリッド・シティ・カウンシルのドローイング部門で表彰される。2000年より子供たちと大人のための美術ワークショップに携わる。

https://carmenlagriega.org/

PHOTO(上): 「KISS」2017年 油彩/紙 35.0×26.0cm
PHOTO(下): 「SAINT TERESA,MORADA 1」2017年 油彩/紙 35.0×26.0cm

後援 スペイン大使館
Embajada-JAPON+CE_ESPAÑOL-01


関連イベント
ギャラリートーク
8.3[木] 19:00〜20:30
聞き手: 高橋郁丸(新潟妖怪研究所所長)、大倉宏 通訳: 高橋景子
参加料: 500円/申込不要
3日のみ22時まで開廊
個展開催までの背景や妖怪、亡霊への興味など、様々な方面から作家の声を聞く。


関連イベント
堀川久子ダンス・見えない彼方へ
8.11[金・祝] 19:00〜
参加料:1,000円/要申込 info@niigata-eya.jp (お名前・人数・ご連絡先)
 
展覧会の空間で行なうパフォーマンス。作品に堀川久子がどのように反応し、どのような踊りが生まれるのか。