ギャラリー&ミュージアムマップ 9/20~10/25 2017

私たちは、画廊や美術館を巡るひとが増えるにはどんな環境が必要か、考えています。
2008年創刊、毎月無料配布の情報冊子です。

新潟島とその周辺のギャラリー&ミュージアムマップ | gallery & Museum Schedule 2017.9-10

2017年9月20日(水)- 10月25日(水)

厚地富美子展

9月22日fri―30日sat

vol.537

 厚地さんの個展は絵屋で3回目。最初は木版画、2回目はガラス絵、そして今回はその両方の新作を展示することにした。彫る力や工程の長さが壁となりガラス絵に移行し、絵の具で描くことに熱中していた近年だったが、最近、木版画を再開された。
「なんだかおかしいでしょう」
 厚地さんは笑う。新作の木版画は、ブランクが一層の壁となっているそうだが、相変わらず魅力的だ。独特なおかしさはなんだろう。絵は、作者を通過して、思いがけない色や形となってあらわれてくる。そのズレの面白さ、どうにも愛らしい。肩の力が抜けるような、ほぐしの効能がある。
 めずらしく、絵屋のショップに暮らす人形たちが、厚地さん宅で夏の日を過ごした。ひょんなことから絵のモデルを果たすことに。さて、どんな絵ができてくるだろう。それもおたのしみに!(企画 井上美雪)

厚地富美子_1709

厚地富美子 (あつじ ふみこ)
1936年島根県松江市生まれ。47年より新潟市に住む。75年新潟市中央公民館の年賀状講座に参加し、木版画を始め、鈴木力氏の指導を受ける。新潟市市展市長賞、新潟県展県展賞(2003年)、奨励賞(86・96・00年)を受賞。2008年たけうち画廊(新潟市)、10年ギャラリー十三代目長兵衛(柏崎市)、11・15年新潟絵屋で個展開催。グループ展「遊」出品。

PHOTO(上): 
PHOTO(下): 「貝」2017年 木版画/和紙 21.0×28.0cm

華雪展 「顔」

9月12日tue―20日wed

vol.536 作家在廊日:9/12.13.14.16.17終日 9/15午後 9/18午前

 月刊誌「ジャフメイト」の華雪の連載「文字と眼差し」が面白い。
漢字の原点、甲骨文字。絵に近い最初の姿を思い浮かべた「誰か」に想像をめぐらせ、自分の体験や記憶と重ね合わせる。語る道具になった文字自体が、話し出すような不思議な心地。
近作「顔」は、ピカソの晩年の自画像を見たのが、ひとつのきっかけになったという。その顔は「極彩色のパステルで描かれ」「色は混ざり合って濁ることも厭わず、紙の上でぶつかり合」っていた。顔は時に感情や思いを表すが、華雪によれば「顔」の字は本来「化粧を施した顔をあらわし」「現代中国語では色合いを指す」。化粧が顔を整えつつ、何かを隠すように、顔は隠す場所でもあった。
人は表し、隠し、人生を送る。ま反対の力がぶつかり、尖った波頭にぬめり出たような「顔」の書が、すごい。(企画 大倉 宏)

華雪展 「顔」

華 雪(かせつ)
1975年京都府生まれ。書家。92年より個展を中心にした活動を続ける。〈文字を使った表現の可能性を探る〉ことを主題に、国内外でワークショップを開催。舞踏家や華道家など、他分野の作家との共同制作も多数。刊行物に『石の遊び』(2003年平凡社)、『書の棲処』(06年赤々舎)、『ATO 跡』(09年between the books)など。最近ではJAFの機関誌「JAF Mate」に書とエッセイを連載していた。『コレクション 戦争×文学』(集英社)、『木の戦い』(エクリ)をはじめ書籍の題字なども手がけている。「水と土の芸術祭2012」(新潟市)、「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」に参加。新潟では新潟絵屋、砂丘館、二宮家米蔵、エフスタイル、室礼などで展示を行ってきた。 http://www.kasetsu.info

PHOTO(上): 「顔」2017年 墨/和紙
PHOTO(下): 「顔」2017年 墨/和紙 33.0×23.5cm

松本健宏展 「花火」

9月2日sat―10日sun

vol.535 作家在廊日:会期中毎日予定

 前回の絵屋での個展から3年が経つ。長いようなあっという間のような3年、それぞれの人生の中でも3年という年月は、環境に変化があった者変わらぬ日々を積み重ねる者、千差万別時の経過を持つ事だろう。松本さんもこの3年環境変化があった。安定した創作環境を確保するため福祉関係の職に就き、創作に対して理解者であった義父を見送った。延命治療を選択しなかった義父や施設で向かい合う人々に接し、松本さんの創作の根底にある「人間は何者で、何のために生きているのか」を感じずにはいられない日々であった。そんな環境下で創る今回の個展テーマは「花火」。人間の人生は長いようで短い、しかしながら火花の様な激しい輝きを放ちながら、感謝し祈りながら、人生を送る。そんな事を表現した作品を今回は展示したい、と松本さんは語る。染めだけにとらわれず、蝋絵や造形物といった多彩な手法で表現する今回の作品から、新しい年輪が刻まれた松本さんを感じていただきたい。(企画 伊藤純一)

松本健宏 作品

松本健宏 (まつもと たけひろ)
1967年京都府生まれ。京都精華大学テキスタイル科卒業後インテリアデザイナー経験を経て、6年間丹後伊根の舟屋へ通い染色作品の連作を続ける。京展工芸部門京都市長賞など受賞。新潟絵屋では2007・11・14年個展開催。京都工芸美術作家協会会員。

ワークショップ「ろうけつ染めで手拭いをつくる」講師:松本健宏
9/2(土)19:00/定員8人
9/3(日)10:00/定員4人
9/6(水)19:00 /定員8人
会場:新潟絵屋/参加費1,500円/所要時間およそ30分〜(個人差があります)
制作後は一度作品をお預かりし、松本さんが京都のアトリエで処理をして、後日新潟絵屋でお渡し致します。

PHOTO(上): 「花火#2」2017年 蜜臘クレヨン・水彩顔料/和紙
PHOTO(下): 「花火#1」2017年 蜜臘クレヨン・水彩顔料/和紙 39.0×26.0cm