華雪による書と篆刻の講座⑥〈全6期〉

第3期〜6期 「書の展開 ひとびとの間を生きる書」

会場:新潟絵屋

時代が進むにつれ、書のあり方も次第に変化していきました。
祈りから場から、ひとびとの間へ。実用としての書の展開を追います。
実用に際してダイナミックに書体は変化を続けます。
現代に繋がる書体の変遷を実際に書いて体験してみましょう。

第3期
10/11[金]19:00-21:30 〈書〉
10/12[土]10:00-12:30 〈篆刻〉

第4期
2020年1月中旬

第5期
2020年4月中旬

第6期
2020年7月中旬

受講料:各回5,000円(材料費込/篆刻と書通しの方は割引あり)
定員8名 ◆お申込:新潟絵屋へメールまたは電話・ファックスにて

*第4期以降は後日順次ご案内いたします。
*単発での参加も可能です。
*新潟絵屋と砂丘館では、2019年7月上旬に華雪さんと金工作家竹俣勇壱さんのお茶にまつわる展示を予定しております。(7/2〜15)

関連記事
華雪による書と篆刻の講座〈全6期〉 受講生募集