フジタ ヨウコ展

7月22日wed―30日thu

vol.468

 フジタヨウコの「雲」が、帰ってきた。それも確実にパワーアップして。と、村上の仕事場の隅に置かれた大きな「雲と雨と雷」を見て興奮した。何の「パワー」がアップしたのか、と自分に問い、リアリティーだと自分に答えた。
 現実から実感を消去すると「超現実=永遠の静寂」があらわれると書いたのは古賀春江だが、フジタの雲は、陶器であり雲であるという「超現実」側から滑り出した。雲上の家や木はその符牒だった。仮想現実の氾濫する現代に、それでもありふれていない、と感じさせたのは、雲の、雨のふしぎなリアリティーだった。
 雲が雨の大柱を抱く「雨のあと」はありえない度を増加させつつ、雲や雨のリアリティーをそれ以上に高めてきた。餅のような、お好み焼きのような、泥のような、溶岩のような、重層的な視覚的触感満載の雲。巨木の幹と化した雨もまさに夏の、晩秋の雨だ。超現実に消されたはずの実感が、雷のごとく挿入され「瞬時の動」があらわれてきた。(企画 大倉 宏)

PROFILE
1995年女子美術短期大学卒業。96年同専攻科修了。同年坂爪勝幸氏に師事。2000年新潟現代美術リレー展、08年越後の花鳥画展(農舞台/十日町市)、11年女子美術大学アートミュージアム「予期せざる出発」出品。個展は、03・04年ギャルリー炎舎(新潟市)、05~10年(毎年)11・13年新潟絵屋、09年ギャラリーいなば(東京)、10年ギャラリーさやけ(新潟市)、12・14年ギャラリ―彩(新発田市)など。09年長三賞、13年日本陶芸展入選。村上市在住。

PHOTO:「雨のあと」2015年 陶 40.0×100.0×h71.0cm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>