< >

新潟絵屋(にいがたえや)ギャラリートーク 10/12 小林久子展 11/11・16 福井祐介展

小林久子展

展示10/12thu-20fri
小林久子の画面は大きな「動」感に満ちているが、あたかも潮の変わり目の海のように、そのなかで、すべてが一瞬、静止したような作品がある。動が動へ変化する転換点の「静」。「動」の渦中では見えなかった淵が見え、聞こえなかった音が聞こえる。その刹那の淵は、深く、音は重く、心にしみる。しみる。..もっと読む

黄金の山の日記から アンティエ・グメルス展

展示10/22sun-30mon
6年前、長年暮らした新潟から、生まれ故郷の南ドイツに戻ったアンティエ・グメルスは、森の中で暮らしはじめた。ドイツの田舎では、今もいろいろ不思議なことが起こるらしい。あるいはアンティエ・グメルスが住むところにそれが起こるのかもしれない。..もっと読む

渡辺隆次 展

展示11/2thu-10fri
「宮廷画家」という言葉が、渡辺隆次の新作を見て、浮かんで、びっくり。絵に漂う不思議なエレガンス(優雅さ)に反応してのことらしい。..もっと読む

福井祐介 展

展示11/12sun-20mon
落雷は〈放電〉という現象で、放電は〈絶縁破壊〉によって生じる。福井祐介の線もまた、紙の峻拒を破壊し、貫通するすさまじいエネルギーの 疾走だ。..もっと読む

大関博史 展 「銀色の肖像」 ~Mirror Reflections~

展示11/22wed-30thu
「モザイクの制作は、石やガラス、タイルなどの素材を一つ一つ様々な形に割るところからはじまる。それらを組み合わせ、並べ方を工夫しながらテクスチャーを生みだし、その表情の変化を利用しながらテーマやモチーフを描いていく技法です。..もっと読む

トレド+華雪

TOPICS11/2[木]~30[木]
信濃川の対岸にある家具とカーテンのショールームに、華雪の書や篆刻を飾る。暮らしに美術をプラスするイメージをお部屋のような空間で体感できます。会場:オーダーカーテンと家具の専門店 トレド 2階..もっと読む

書籍『洲之内徹と新潟』

SHOP
2007年秋、砂丘館で開催した「越後を愛した美術評論家 没後20年「洲之内徹と新潟」展」の関連書籍。第2刷をこのほど発売しました。(A5サイズ/14頁/編集・発行 砂丘館/「洲之内徹との最後の時間」大倉 宏 付録)..もっと読む

清五郎に住むふしぎな生物をつくろう

TOPICS11/18[土] 14:00〜15:30
講師: 藤井芳則 会場:新潟市こども創造センター 光と音のホール TEL. 025-281-3715(お申し込み先) 対象:5~18歳まで (2年生以下保護者同伴)20人 参加費: 300円 鳥屋野潟と水路でつながる清五郎潟。そこに住む生き物を空想し、透明な板に絵を描いて切り取り、光で映し出して遊びます。..もっと読む

「ろうけつ染め」レポート

レポート
松本健宏展「花火」では、会期中の開店前や閉店後に、手拭いを染める体験の機会をつくりました。創意工夫が詰まった色とりどりの力作ができ、同じ回の参加者同士の交流もたのしげでした。 ..もっと読む

「eto」絵のある空間のご提案

TOPIC
一枚の絵から生まれるあたらしい対話とくつろぎの時間ー 絵画には、空間をより居心地のいい、豊かな場に変える力があります。これまで新潟絵屋は、作品を展示した会場へ、みなさまから足を運んでいただくことでその魅力をお伝えしてきましたが、 もう一歩踏み込んだ活動として、みなさまのもとへ「絵のある空間」をお届けするサービスを開始いたします。...もっと読む

Open eya

NEWS
2018年より会場の貸し出し利用をお受け致します。個展・イベント等にご活用ください。画廊での「個展」を「学ぶ」場に新潟絵屋の空間で個展を行う美術家の方々のご希望に応じて、画廊での個展やグループ展開催のサポートを致します。...もっと読む