< >

新潟絵屋(にいがたえや) 『まちの日々180』特集・新潟絵屋 発売

木村千代春 日本の自然を描く写実彩画

展示 4/17[土]―29[木祝]
桜をはじめ、日本の自然を描いている木村千代春さんが新潟絵屋に登場する。35歳から独学でイラストを学び、自然や童画を描いてきた。絵は、丁寧かつ緻密である。動植物を繊細に表現することから、写真みたいだという鑑賞者もいるが、ご本人はリアリズムであり、心の中の風景を思い描いているだけという。...もっと読む

門田秀雄展

展示 5/1[土]―10[月]
去年、画廊が休廊を余儀なくされたとき、門田さんから電話があり、続いてスケッチブックが送られてきた。滞在する施設で入所者たちを描いた素描だった。同じふるえる線で「小犬のぬいぐるみをつよく抱きしめる女性…この女性の名状しがたい悲しみの表情は何度描いても 納得のゆく結果の得られたことがない」などメモが添えられている。...もっと読む

菅野くに子展

展示 5/15[土]―27[木]
新潟絵屋で菅野くに子の絵を初めて紹介したのは2002年。19年前になる。今回が8回目。昨年の開催予定が、新型ウイルスの影響で一年先送りになり5年ぶりの個展になる。ちょうど15年前の展示の案内に、菅野の「黒」にひかれると書いていた。鮮やかで、楽しく、質感のゆたかで暖かく見える菅野の絵にひそむ黒に、その後もひかれ続けてきた。黒ではなく影色なのだと、近作を見て思った。...もっと読む

七里知子作品展 杳杳

展示 5/29[土]―6/9[水]
空のような、眼下の水のような、ふれえないものとの接触を感じさせる色。「滲むような絵」を作りたいと語る七里の油彩、版画(カラーメゾチント)の新作を紹介。...もっと読む

渡辺隆次展

展示 6/12[土]―27[日]
胞子紋を用いた作品を収録した画文集『森の天界図像 わがイコン 胞子紋』刊行を記念して砂丘館で開かれる展示にあわせ、新潟絵屋では新作の小品を中心に展示します。...もっと読む

齋藤伸絵マフラー

SHOP
齋藤伸絵さんのマフラーが7本入荷しました。 繭から手引きして糸を作り、生糸と撚り糸で織ったマフラーです。巻き方で透明感のある格子模様があらわれ、光沢や縮み方の違いで縦にすこしだけ凹凸があり、さらっとしたつけ心地です。...もっと読む

華雪の篆刻受注会

展示 6/1[火]―30[水]
書家の華雪さんにオリジナルの篆刻をオーダーする機会をご用意いたしました。お手紙に添えたり、蔵書などお気に入りのものに捺したり、印鑑としても。期間内はご予約制で見本や価格表をご案内いたします。...もっと読む

万年カレンダー 日暦

SHOP
華雪さんの書と篆刻が美しい日付の風景をつくりだす「日暦」。日常使いの小さな美術品で新年を迎えませんか。プレゼントにもおすすめです。...もっと読む

まちの日々180

SHOP 特集 新潟絵屋
絵屋便デザイン担当者が個人的に発行している冊子「まちの日々180」。最新号はズバリ、絵屋特集です。絵屋メンバー総力戦&増頁の特別号。21年目を迎えた絵屋の今が詰まっています。2月下旬発売予定 税込990円...もっと読む