< >

新潟絵屋(にいがたえや)5/22~30池田早季恵展スタンプラリー開催。旧小澤家住宅、旧齋藤家別邸、日和山五合目が参加。

池田 早季恵 「陶と苔展」

展示5/22sun―30mon
陶と苔展、タイトルからしてコラボレーションの体が想像できる今回。フットワークの軽い池田さんはここのところ様々な場所様々な人に接し、そこで起こる化学反応を楽しんでいる。...もっと読む

栗田 宏 展

展示6/2thu-10fri
私の中では、映像や画像と言われるものの対極に絵がある。その意識と感覚を育んでくれたのが栗田宏の絵だった。複製できない、いま、ここ――現在の一刻、この地点に自分がいるという実感を磁石のように吸い寄せる「見えるもの」である、絵。...もっと読む

蓮池 もも 展「あお/あか」

展示6/12sun-20mon
いきもの がいる。
あお/あかの連作を見て、そう思った。いきものと言うなら、草や木も大地も、風や崖や沼も生きている。そういう生命が、これまでの蓮池ももの絵にはあった。...もっと読む

荻間 久美 展 「イデア―私の心臓」

展示6/22wed-30thu
荻間さんが制作をする胎内市の坂爪勝幸工房を訪ねた。いつも制作以外のことが忙しいと坂爪さんが言った。土や釉薬を作る、草や木を刈る、などなど。用意されたものを使うのではなく、使うものは時間をかけて自分たちで作る。...もっと読む

WAKKUNと墨で描く

レポート5/7 sat
2~11歳までのこどもたち17人が参加。みんなが主人公で、同時にみんなが誰かの人生の脇役でもあるというお話から、はじめにワックンは王様の絵を描きました。...もっと読む

ギャラリーみつけ開館記念イベント

レポート3/19 sat
3月12日に、ギャラリーみつけが開館しました。見附市主催の記念企画のひとつで、新潟市こども創造センターの浅井俊一さん、小林美果さんを講師に、新聞紙でオリジナル動物を作る出前講座を行いました。...もっと読む

ショップ「日常と不在を見つめて」

Shop Information
ドキュメンタリー映画作家 佐藤真の哲学 (里山社)
赤坂憲雄 飯沢耕太郎 大倉宏 小林茂 椹木野衣 諏訪敦彦 想田和弘 林海象 原一男 平田オリザ 港千尋 森達也 森まゆみ 他
第1章 「阿賀と日常」では旗野秀人が座談会に登場します。 368頁 (カラー16頁含) 3,780円 (税込)...もっと読む