Report 蓮池もも展ギャラリートークを開催

6月17日夜、蓮池もも展ギャラリートークを開催。お話のテーマは「動物」に。このひとときだけ、旧作の「けもの」をイーゼルに立てました。中盤では作詞・谷川雁、作曲・新実徳英の「卒業」を流しました。二番の歌詞に「なぜけもののわかさはつらいのか」とあります。若さや変化についての話題へと展開しました。国際映像メディア専門学校で演技を学ぶ学生グループや様々な年代の方にご参加いただいたギャラリートークでした。

ギャラリー&ミュージアムマップ 6/20~7/25 2017

私たちは、画廊や美術館を巡るひとが増えるにはどんな環境が必要か、考えています。
2008年創刊、毎月無料配布の情報冊子です。

新潟島とその周辺のギャラリー&ミュージアムマップ | gallery & Museum Schedule 2017.6-7

2017年6月20日(火)- 7月25日(火)

カテゴリー: NEWS

7/2 句集 「猫」発売

 南風吹く昨日ゐた猫今日はゐず
句集 「猫」発売
著者 田代草猫

 102頁/文庫本サイズ/栞付録
表紙絵・挿絵 井田英夫
発売 2017年7月2日
定価 1,000円+税
新潟絵屋デザイン部門始動しました!

カテゴリー: NEWS

17周年交流会

6月16日fri 19:00―20:00

「蓮池もも展」の新潟絵屋展示室にて

新潟絵屋は2000年6月16日にオープンしました。
17周年の日、ささやかに祝しつつ、みなさまからの声を直接聞く機会とさせていただきます。
お気軽にお集まりください。
新潟絵屋を運営する面々がみなさまをお迎えいたします。

絵屋メンバーイラスト1
絵屋メンバーイラスト2

このほど、ホームページに
新潟絵屋のこれまでとこれから
アンケートのご回答をアップしました。

新潟絵屋並木町
小林春規新潟絵屋
小林春規「打水」2000年

Open eya 

2018年より
会場の貸し出し利用をお受け致します
個展・イベント等にご活用ください

openeya

個展の開催をサポートします

画廊での「個展」を「学ぶ」場に

新潟絵屋の空間で個展を行う美術家の方々のご希望に応じて、画廊での個展やグループ展開催のサポートを致します。
初めて個展をされる方、個展経験の少ない方に、画廊という場所の特性をお伝えするとともに、展示作品の選択、販売価格の設定、案内状の作成、会場構成、実際の展示作業などについて、経験ある担当者が全般的にサポートします。

すでに発表経験を積んだ美術家の方にも、ご希望に応じて、サポートをさせていただきます。
グループ展の場合も、同様のサポートが可能です。
サポートは無料です。
P5011794

Open eya

[基本会期]

展覧会:毎月2日〜10日(会期9日間 展示は1日)
イベント:毎月11〜15日

[個展・グループ展のご利用]

毎月1日〜10日(1・2月を除く)
◯10日間単位でのご利用とし、
◯1日は展示作業日とさせていただきます。
◯2018年は1月を除く。2月は会期20〜28日とし、展示作業を19日に行なっていただきます。
◯開廊時間は11:00~18:00です。ただし展示最終日は展示は17:00までとし、当日中に撤収作業を行ってください。

[イベント等の場合]

毎月11日〜15日の期間
◯1日単位でご利用できます。
◯2月を除く。

[会場使用料]

10,000円+税/日
◯お申し込み時に予約金として使用料の半額、ご使用開始時に半額のお支払いをお願いします。
 キャンセルの場合、予約金の返却は致しません。
◯学生割引 展覧会開催時、学生である方、またはグループのメンバーの1名以上が学生である場合は9,000円+税/日とします。

[詳細]

◯会期中は新潟絵屋スタッフが常駐します。会場準備(展示作業など)もスタッフがご協力します。
◯作品販売(売約、即売)に関しては、新潟絵屋スタッフが担当します。販売手数料は美術作品の場合30%、商品の場合20%です。
◯展示を希望される場合は作品を事前に見せていただき、担当者がご相談させていただきながら、展示のイメージ等を話し合います。
◯案内状の作成はご利用者が行っていただきますが、新潟絵屋への委託制作も可能です。
◯案内状は毎月発送される絵屋便に同封します(送付数は約500)。
◯ご利用の相談は常時承ります。
openeya

[2018年]

◆ 3月 展覧会 2〜10日空き イベント可能11・12・13・14・15日空き
◆ 4月 展覧会 2〜10日空き イベント可能11・12・13・14・15日空き
◆ 5月 展覧会 2〜10日空き イベント可能11・12・13・14・15日空き
◆ 6月 展覧会 2〜10日空き イベント可能11・12・13・14・15日空き
◆ 7月 展覧会 2〜10日空き イベント可能11・12・13・14・15日空き
◆ 8月 展覧会 2〜10日空き イベント可能11・12・13・14・15日空き
◆ 9月 展覧会 2〜10日空き イベント可能11・12・13・14・15日空き
◆10月 展覧会 2〜10日空き イベント可能11・12・13・14・15日空き
◆11月 展覧会 2〜10日空き イベント可能11・12・13・14・15日空き
◆12月 展覧会 2〜10日空き イベント可能11・12・13・14・15日空き

担当:井上美雪
025-222-6888
info@niigata-eya.jp

P5011785
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おかえり展 出品作品募集

おかえり!

展覧会ごとに、日々、さまざまな出会いがあります。
この「おかえり展」は、新潟絵屋の534番目の企画展。

これまでにたくさんの作品が、新潟絵屋を通過していきました。
誰かと出会い、お求めいただき、その誰かの人生の傍らに置かれることとなった作品についての、その後。
新潟絵屋から旅立っていった作品を、再びお迎えし、展示する試みです。

絵はどのような顔ぶれとなるでしょう。

イラスト1

出品要項

<会期>
8/22(火)~30(水)

<作品について>
・新潟絵屋で自身がご購入された絵画とする。水彩、油彩、版画など、技法は問わない。

<搬入搬出>
・出品者が直接搬入搬出することを原則とし、難しい場合は配送も可。
・受け入れ期間は、8月2日〜13日(カルメン・ガルシア展会期中)とする。

<出品料>
・1点3,000円とする。
・お支払いは作品搬入のとき。

<募集数>
・お申し込み先着30点とする。

<応募方法>
・まずは、事前に出品のお申し入れをご連絡ください。電話・ファックス・メールで受付。
・次の必要事項を、出品の際に書き添えてご提出ください。
・出品者のお名前/連絡先/搬入搬出方法/作品の作者名・タイトル/展覧会の開催年/絵についてひとこと

<絵についてのひとこと>
・出会ったときのエピソードや気に入っているところ、普段どんなところに飾っているかなど。
・メールでも、手書きでも。
・出品者名は公開しません。

<展示設営>
・8月20日(日)
・新潟絵屋が責任を持って行なう。希望により、出品者は参加できる。

<そのほか>
・会期中にイベントを開催予定。
・大きな作品を希望される場合は、事前にご相談ください。
イラスト2

しんぞう×マトリョーシカ 

作家ものマトリョーシカ

白木のマトリョーシカ人形を作家に手渡し、自由に手を加えていただいたものを、リレー式で紹介します。

第一号はしんぞう作。
大の中に3体入り、個別に置けば収納に。
5月2日にショップに登場します。

はてさて、次はだれでしょう。おたのしみに。

カテゴリー: NEWS

Shop 京都の松本健宏さんの 干支もの

12月に入荷しました。

「全てイッテンモノなので、 形や色模様が、 少し変わりますし、 まだ新たなものも出てくるかもしれません」 松本さんのコメント
その後、すてきな3人組が到着しました。

PHOTO:干支人形・大(高さ25cm/税込5,400円) ・小(高さ12cm/税込2,700円)
手ぬぐい(税込2,160)

大の近影
松本健宏
松本健宏
p1130546
松本健宏

カテゴリー: NEWS

ショップ うつろうもの のこるもの

うつろうもの のこるもの

MADO+ BOOKS 001『うつろうもの のこるもの』取り扱い中

斉藤文夫氏インタビュー「角海浜 ―過疎に消えた村の記憶―」、座談会「角海と阿賀に生きた人々」収録、椹木野衣氏寄稿など。

掲載写真:斉藤文夫(角海浜)、村井勇(映画『阿賀に生きる』)、石山与五栄門(鎧潟)。

企画・編集・発行: Bricole(桾沢和典・桾沢厚子)/A5サイズ/80ページ

税込1,500円

カテゴリー: NEWS

Report 三つ編み観音の出張

 新潟絵屋の小さな庭に、石像があるのをご存知でしょうか。作者は漆山昌志さん(阿賀野市)。通称三つ編み観音は、いつもはもみじの木陰で、すずらんに囲まれて佇んでいます。砂丘館での「越境する職人の技展」に、三つ編み観音が出張しました。花のないツツジの前に置かれ、いつもは見れない西日に目を細めていました。(レポート 大倉 宏)

PHOTO: 写真・砂丘館の主庭で。