Shop Information

 展示室に隣接するショップスペースでは、書籍やポストカードを中心に、額、カード立て、壁掛け用金具、ワイヤーを常時お取り扱いしているほか、展覧会ごとに関連するグッズをご紹介しています。今回はそのなかからいくつかおすすめのアイテムを取り上げます。

『北の海へ 新潟港の明治・大正・昭和』

『北の海へ 新潟港の明治・大正・昭和』

新潟絵屋がある上大川前通は、かつて川に面していました。明治期から新潟人は帆船を操り、対岸の沿海洲に渡り、さらに樺太、カムチャツカへと進出しました。新潟発展の原点ともいえる北洋漁業家たちの活躍を、希少な写真とともに紹介し新潟港150年の歴史を振り返ります。
著者:みなとさがんプロジェクト実行委員会『北の海へ』編集会議(鈴木英介・橋本啓子) 121ページ/発行:新潟日報事業社
2,000円+税


記録集『旅地蔵 阿賀をゆく』

記録集『旅地蔵 阿賀をゆく』

水と土の芸術祭2015で、髙橋伸行氏が行ったアートプロジェクトの記録を中心としたお地蔵さんの物語。本書を編集した当時のスタッフや作家自身の日記、椹木野衣氏美術手帖月評再録、お地蔵さんをめぐる講演会録、大熊孝氏(新潟大学名誉教授・映画「阿賀に生きる」製作委員会代表)の寄稿など。
編集:斉藤知子・全国お地蔵さんファン倶楽部連合136ページ/発行:冥土のみやげ企画
1,200円+税


『まちの日々180』 vol.6

『まちの日々180』 vol.6

今年8年ぶりに復刊したリトルプレスの最新号。「あきなう」をテーマに、新潟絵屋もお世話になっている老舗酒屋の吉川酒店さんや長年営業している喫茶店、古町の上(かみ)の記憶などが綴られた一冊です。新潟絵屋もちらりと登場します。
64ページ/編集・制作・発行:まちの日々編集室
800円+税


青松ワークス ウッディフレーム

青松ワークス ウッディフレーム

縦・横どちらでも掛けられ、置いてお使いいただくこともできます。リピーターが多いアイテム。就労支援事業所・青松ワークス(新潟市西区)で製造されています。
色:赤・緑・茶・こい茶
はがきサイズ
1,100円+税
2Lサイズ 1,400円+税


カテゴリー: NEWS

美術分野における新潟市内組織基盤の形成と新たな可能性に関する調査研究 その2

はじめに

 本調査はアーツカウンシル新潟(公益財団法人 新潟市芸術文化振興財団)「文化芸術基盤整備促進支援事業」の助成を得て、認定NPO法人新潟絵屋がおこなった。昨年(2018年)1月から3月にかけて新潟市域の美術をめぐる総合的で正確な現状把握を目的に「美術分野における新潟市内組織基盤の形成と新たな可能性に関する調査研究 その1」(以下「前回調査」)としておこなった調査の継続、および補完するものとして実施したものである。

 前回調査の対象は主に美術作品の作り手たちが中心となっている美術団体・グループと、美術作品を展示・販売する場を運営している画廊であった。このうち美術団体の全てが「高齢化と後継者難」という課題を抱えていると回答。また「これまでの古い美術でなく、現代アートなども取入れていく」方向の必要を吐露する記述があった。また「画廊」が関わる「美術」の少なからぬ部分が、その記述がいうところの「古い美術」と目されるものであり、「現代アート」と上記の記述に書かれた、いわば「美術における新しい動き」の新潟市における姿が、前回調査の結果にはあまり反映できなかったと考えた。
 そのことをふまえ、前回調査の対象とした美術団体の構成員に比して、より若い世代の美術に関する意識や感情を把握し、また上記の「現代アート」の新潟市における浸透・影響の状況などを探るために、今回は「古い美術」「現代アート」などとなんらかの重なりや接点をもちつつ、活動をおこなっている比較的若い人々による個人、ユニット、グループと、その活動を担う個人を調査対象とすることにした。
 その背景としては、「高齢化と後継者難」に直面する(前回調査の対象とした)美術団体に対応する若い世代の美術団体やグループの存在を、残念ながらほとんど把握できなかったこと、その一方で「美術団体」ではないが、なんらかの形で美術的な性格をもつ多様な活動に関する情報が、近年増加してきたことがあった。
 調査の表題に掲げた「美術分野における新潟市内組織基盤の形成と新たな可能性」を今後考えていく場合、既存の美術の枠組みのみの調査だけでは、ことに「新たな可能性」について議論する素材、資料としては不十分と感じた。また今回の調査結果にも反映されているように、「美術」は近年、その意味を実質的に広げつつあり、概念としての新たな再編期を迎えている。この拡張された意味での美術に対応する視点をもって、現実の状況を率直に見つめることが、「新たな可能性」についての議論を意義あるものにすることができると考えた。
 なお今回の調査は、美術的なものと多様な活動との関わりをより重視し、対象とした個人、ユニット、グループの構成員の年齢は厳密には規定しなかった。しかし回答をいただいた方々の過半は20〜40代の人々であったため、全体としては前回調査とは異なる年齢層の意識を探る調査ともなったと考えている。
 前回調査と合わせて、結果を公開することで、新潟市域を軸に美術活動に関わる人同士の情報の共有を図り、互いの理解、交流、連携へ向けての議論の基盤の提供となれば幸いである。

■調査対象について

 今回の調査は認定NPO法人新潟絵屋が把握した情報に、アーツカウンシル新潟から提供された教示をもとに15の活動体(個人、ユニット、グループ)とその構成員である個人を対象に実施した。
 4つの活動体で複数の構成員が回答に応じてくださったため、回答者総数は22となった(但し、活動体自体に関わる質問に対する回答は15)。
 15の活動体の活動内容は、別添資料に記載したとおりいずれも多様でユニークなものである。前回調査の対象のうちの美術団体のほとんどが既存の美術ジャンルをベースとした制作者のグループであり、形態も同好会や愛好団体、あるいは他地域のそれと類似の組織の形をもつものが多いと考えられたことと比較して、対照的である。
 この活動内容の多様さは、これらの活動体の多くが、既存のジャンルや美術概念を基盤とするのではなく、構成員「個人」の感性や、個々の人生の履歴、行き当たった問題、あるいは時代の課題などに対する具体的な解決の模索などを出発点に発足していることに由来すると考えられる。
 こうした多様さは、調査対象の全体的イメージの提供が困難であるということでもあるが、調査結果を読み解く上で、ある程度の全体像の把握が必要と考え、若干恣意的な試みとなるであろうことをお断りしつつ、幾つかの切り口から、15の活動体を紹介する。

 活動体の名称は下記の通り(50音順)
 

 1 「Art unit OBI」
  美術作家と建築家のユニットで、社会解決にとりくむ。

 2 「株式会社T-Base-Life」
  空き家の活用に取り組む。アートの催しもおこなう。

 3 「越人会」
  空きビル活用に取り組む。アートの展示スペースとしても活用。

 4 「小須戸コミュニティ協議会特別委員会『薩摩屋企画委員会』」
  町屋を町歩き拠点として活用し、アートプロジェクトも展開。

 5 「タクミクラフト」
  新潟の伝統工芸の魅力を県内外と世界に発信。

 6 「手部」
  手でものをつくる「部活動」として発足。アートと普通の人々をつなぐ柔軟な活動をおこなう。

 7 「特定非営利活動法人いわむろや」
  地域の交流施設を運営。アートの催しも開催。

 8 「新潟と会」
  「新潟と」関わりのある多様なテーマで、毎年催しを開催。

 9 「西堀ゆきわ」
  多様な人々で運営するシェアショップ。ミニギャラリーも併設。

 10 「浜メグリ」
  クリエーターの工房を公開する町歩きイベントを定期的に開催。

 11 「ヒッコリースリートラベラーズ」
  「日常を楽しもう」をコンセプトに創作、デザイン、店舗などの活動を展開。

 12 「BOOKS f3」
  写真展も開催する、写真集専門書店として活動。

 13 「Bricole」
  地域、土地に根ざした文化を取材し、さまざまな形で発表する。古民家の一角で展示もおこなう。

 14 「べつのみかたプロジェクト」
  生活から生まれ実用以外の価値を見出されなかったものを「造形」の視点から見つめ直し、文化の多様な理解へつなげる活動をおこなう。

 15 「まちごと美術館」
  障がい者のアート作品のレンタルをおこなう。


報告書全体は次のページをご覧ください。

「美術分野における新潟市内組織基盤の形成と新たな可能性に関する調査研究 その2」


*A4サイズ32ページ
*当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

華雪による書と篆刻の講座『字がうまれたとき・書がうまれたとき』

Infomation

〈書〉7/5[金]19:00-21:30
会場:新潟絵屋

 *6/23時点、3人空きあり

〈篆刻〉7/6[土]15:30-18:00
会場:砂丘館

 *6/23時点、1人空きあり

 書は、はじめ祈りの中で必要とされたものでした。祈りは書をどのようにかたちづくったのでしょうか。古代のひとびとの思想を想像しながら、その書を実際に書いてみます。

華雪(かせつ)
1975年京都府生まれ。立命館大学文学部哲学科心理学専攻修了、東京都在住。幼い頃に漢文学者・白川静の漢字字典に触れたことで漢字のなりたちや意味に興味を持ち、以来、文字の表現の可能性を探求することを主題に、国内外で展示やワークショップを行っている。刊行物に『石の遊び』(平凡社、2003)、『書の棲処』(赤々舎、2006)、『ATO 跡』(between the books、2009)など。作家活動の他に、『コレクション 戦争×文学』(集英社)など書籍の題字なども手がける。

華雪による書と篆刻の講座

受講料:各回5,000円(材料費込/篆刻と書を通しの方は500円割引)
毎回、実技と座学をセットにした内容。全6期ですが単発での受講が可能です。
定員8名 ●お申込:新潟絵屋へ

*このあとも講座は3ヶ月おきに続きます。詳細はホームページをご覧ください。

関連記事

「合同船」竹俣勇壱(金工)・華雪(書)
7/2[火]-15[月・祝] 
会場:新潟絵屋+砂丘館


音戸ちりめんシリーズ 「井田英夫展」関連グッズ

6月下旬~お取り扱い開始!

Shop Information

(広島県音戸のちりめんせんべいとふりかけは、旨味がありつつ軽い食感で後を引く美味しさ。井田英夫さんの絵が使われたパッケージにもご注目!

音戸ちりめんシリーズ製造・発売元のかずた呉服店・数田祐一さんが執筆された書籍『未来を旅するHIROSHIMA』も、期間限定でご紹介します。

PHOTO(上): 「音戸ちりめんシリーズ」ふりかけ2個化粧箱入(90g×2種) 税込 3,000円~

音戸ちりめんシリーズ

PHOTO: 「音戸ちりめんシリーズ」せんべい(ノーマル/山椒/一味:40g) 税込 950円~

そのほかの商品:
ふりかけ(ノーマル/青山椒:90g) 税込 1,296円~
未来を旅するHIROSHIMA』 税込 2,160円


関連イベント

井田英夫展

カテゴリー: NEWS

華雪による書と篆刻の講座〈全6期〉 受講生募集

第1期 「字がうまれたとき・書がうまれたとき」

4/12[金]19:00-21:30 〈書〉

終了

4/13[土]15:30-18:00 〈篆刻〉

終了

古代中国で漢字がつくられたときの様子を入口に、書がどのように人びとの間で発展してきたのかを紐解いていきます。
第1期では、古代の書体を取り上げます。
字と書の起源を想像し、書くための技術がどのように育まれてきたのかを学び、実際に篆刻の講座では石を彫り、書の講座では書いてみます。

華雪 書 講座


第2期 「書の展開 祈りのかたち」

7/5[金]19:00-21:30 〈書〉

終了

7/6[土]15:30-18:00 〈篆刻〉

終了
*7/6〈篆刻〉の回は、会場が砂丘館となります

書は、はじめ祈りの中で必要とされたものでした。
祈りは書をどのようにかたちづくったのでしょうか。
古代のひとびとの思想を想像しながら、その書を実際に書いてみます。

*新潟絵屋と砂丘館では、華雪さんと彫金師・竹俣勇壱さんの二人展「合同船」を予定しております。(7/2〜15)


第3期〜6期 「書の展開 ひとびとの間を生きる書」

時代が進むにつれ、書のあり方も次第に変化していきました。
祈りの場から、ひとびとの間へ。実用としての書の展開を追います。
実用に際してダイナミックに書体は変化を続けます。
現代に繋がる書体の変遷を実際に書いて体験してみましょう。

第3期

10/11[金]19:00-21:30 〈書〉

10/12[土]10:00-12:30 〈篆刻〉

第4期

2020年1月中旬

第5期

2020年4月中旬

第6期

2020年7月中旬

受講料:各回5,000円(材料費込/篆刻と書通しの方は割引あり)
定員8名 ◆お申込:新潟絵屋へメールまたは電話・ファックスにて

*第4期以降は後日順次ご案内いたします。
*単発での参加も可能です。
*新潟絵屋と砂丘館では、華雪さんと彫金師・竹俣勇壱さんの二人展「合同船」を予定しております。(7/2〜15)


華雪(かせつ)
1975年京都府生まれ。立命館大学文学部哲学科心理学専攻修了、東京都在住。幼い頃に漢文学者・白川静の漢字字典に触れたことで漢字のなりたちや意味に興味を持ち、以来、文字の表現の可能性を探求することを主題に、国内外で展示やワークショップを行っている。刊行物に『石の遊び』(平凡社、2003)、『書の棲処』(赤々舎、2006)、『ATO 跡』(between the books、2009)など。作家活動の他に、『コレクション 戦争×文学』(集英社)など書籍の題字なども手がける。

kasetsuws.exblog.jp
facebook

関連記事:
「合同船」(2019年7月開催予定)
華雪展「文学」(2018年の展示)

万年カレンダー 「日暦」

華雪の書と篆刻が毎日美しい日付の風景をつくりだす
万年カレンダー 「日暦」

 新潟の雪深い山から切り出されたブナ材「スノービーチ」スタンドに、月と日のカードをのせて使う、卓上日めくりカレンダー「日暦」。めくるごとに表情が変化する書と篆刻が、新しい一日を新鮮に彩ります。
 優れた美術(作品)を日常的な暮らしの中で気軽に楽しんでほしいと願う新潟絵屋が、新潟市内の企業と連携して開発しました。
 365日いつからでも、何年でもお使いいただける日常使いの小さな美術品を、使ってみませんか。プレゼントにもおすすめです。

〈新価格〉3,600円+税

日カード(100×100mm):書31日分
月カード(148×100mm):篆刻12ヶ月分
スタンド:木台座(スノービーチ材)+アクリル背板
設置時寸法:148×100×153mm
ブックケース型ギフトボックス入
英訳付き説明書、漢数字・算用数字対照表
(直射日光は避けてお使い下さい)

書・篆刻:華雪
スタンド設計:NOB CRAFT Homemade Furniture
スタンド台製作:KOUGI
カード印刷:株式会社博進堂



2018年秋、新パッケージでの販売を開始しました。しっかりとしたつくりの新パッケージはブックケース型で、ギフトにもおすすめのシックな仕上がりです。英訳付きの説明書のほか、漢数字と算用数字の対照表を新たに加えました。新パッケージの日暦は、新潟絵屋のほか、銀座・伊東屋様でお求めいただくことができます。また、博進堂Yahoo!ショップの通信販売もご利用いただけます。

日暦

※詳しい使い方はこちらをご覧下さい。
日暦 使い方
日暦
お取り扱い店
ブックケース箱入タイプ
新潟県内
●新潟絵屋
砂丘館
新潟市中央区西大畑町5218-1
TEL.025-222-2676
営業時間 9:00〜21:00/月曜定休(祝日の場合翌日)
新潟市美術館ミュージアムショップ ルルル
新潟市中央区西大畑町5191-9
営業時間 9:30-18:00/月曜・展示替え期間休
旧齋藤家別邸
新潟市中央区西大畑町576
TEL.025-210-8350
営業時間 9:30〜18:00(10月〜3月は17:00まで)/月曜定休(祝日の場合翌日)
旧小澤家住宅 北前船の時代館
新潟市中央区上大川前通12番町2733番地
TEL.025-222-0300
営業時間 9:30〜18:00(10月〜3月は17:00まで)/月曜定休(祝日の場合翌日)
BOOKS f3
新潟市中央区沼垂東2-1-17 TEL.025-288-5375
営業時間13:00〜20:00/火曜・水曜定休、ほか臨時休業あり
北書店
新潟市中央区医学町通2-10-1 ダイアパレス医学町101
TEL.025-201-7466
営業時間 10:00〜20:00 ※土曜日曜祝日は12:00〜20:00
ギャラリーみつけ
見附市昭和町2-4-1 TEL.0258-84-7755
営業時間 10:00〜22:00/月曜定休
※月曜日が祝日・振替休日にあたる場合は翌平日が休

全国
銀座・伊東屋
東京都中央区銀座2-7-15 TEL.03-3561-8311
営業時間 10:00〜20:00(日祝日10:00〜19:00 )
古本遊戯 流浪堂
東京都目黒区鷹番3-6-9 TEL.03-3792-3082
営業時間 12:00〜23:00(日祝日12:00〜22:00 )
第2第4火曜定休
ネットストア 博進堂Yahoo!店

旧バージョンお取り扱い店
新潟県内
TOLEDO
新潟市中央区万代3丁目5-36 TEL.025-255-5502
営業時間 10:30〜19:00/水曜定休
にむらや菓子舗 寺尾店
新潟市西区寺尾西2-7-7
TEL.025-268-5858
営業時間 9:00〜19:00/月曜定休
ツバメコーヒー
燕市吉田2760-1 TEL.0256-77-8781
営業時間 11:00-18:00/月曜・火曜定休
京都
恵文社一乗寺店
京都市左京区一乗寺払殿町10 TEL.075-711-5919
営業時間 10:00 〜21:00/元日以外無休
静岡
ヴァンジ彫刻庭園美術館
ミュージアムショップ NOHARA BOOKS

静岡県長泉町東野クレマチスの丘347-1 TEL. 055-989-8787
水曜定休(祝日はその翌日)
東京
●和の器 韋駄天
東京都台東区谷中5-2-24 TEL.03-3828-1939
神奈川
菜の花・暮らしの道具店
小田原市栄町1−1−7小田原地下街 HaRuNe小田原 菜の花ビレッジ内 TEL. 0465-22-2923
営業時間10:00〜20:00

ネットストア
Book Photo PRESS サイン入り

●記念日を表示させたギフト包装も承っております。
詳しくは新潟絵屋へお問い合わせください。info@niigata-eya.jpまたは dododo@niigata-eya.jp

※旧バージョン(2017年版/税込3,500円)には、英訳付きの説明書漢数字と算用数字の対照表を付録しておりません。
こちらからダウンロードしてお役立てくださいませ。
→漢数字対照表
No_web01
No_web02

華雪 関連記事

これから開催する展示会「華雪・竹俣勇壱展」
華雪による書と篆刻の講座〈全6期〉 受講生募集