井田英夫 巡回支援展

4/12thu-15sun

井田英夫さんは、新潟市秋葉区出身の画家。
新潟絵屋が紹介してきた画家のひとりです。
その井田さんが、3月22日に大きな手術をすることになりました。
なにか力になりたいと今井正人さん(三方舎書斎ギャラリー 主宰)の発案で、支援のための展覧会を二会場で開催します。
皆様のご協力をよろしくお願いいたします。 

「井田英夫 巡回支援展」

前期
期間 4/6.7.8.9
時間 7.8日 11:00-18:00(土.日)
6.9日 11:00-20:00(金.月)
場所 三方舎書斎ギャラリー
新潟市秋葉区新津本町3-3-12

後期
期間4/12.13.14.15
時間 11:00-18:00
場所 新潟絵屋
新潟市中央区上大川前通10-1864

作品販売等で集まったお金は、広島で闘病中の井田さんにお渡しいたします。

発起人
今井正人(三方舎)
大倉 宏 (新潟絵屋)
井上美雪(新潟絵屋)
井上経久 (新潟市民映画館 シネ・ウインド)
高橋トオル(ツムジグラフィカ)
他有志一同

 *井田英夫さんについて

井田英夫 巡回支援展

井田英夫(いだ ひでお)
1975年旧新津市生まれ。97年新潟デザイン専門学校卒。1999年モンセラート美術大学(アメリカ、マサチューセッツ州)卒業。ミンゴーギャラリー(マサチューセッツ州)で二人展。02・04・06・07・09・10・12・13・14・16・17年新潟絵屋、05年ギャラリーEMU-st(新潟)、11年久留米市一番街多目的ギャラリー、12年三方舎書斎ギャラリー(新潟)、15年天仁庵(広島)で個展開催。15年8月以降、広島県呉市音戸町に滞在。
2017年は、7月に新潟絵屋で新作展を、砂丘館でこれまでを振り返る「ふだんを見つめる 井田英夫展」を開催。その後、新作はギャラリーみつけ(新潟)に巡回し、終了後、井田さんは音戸町へと渡った。2018年2月上旬から広島の病院で療養中。

ギャラリー&ミュージアムマップ 3/20~4/25 2018

展覧会を見に行こう!
2008年創刊、毎月無料配布の展覧会情報紙です。

新潟島とその周辺のギャラリー&ミュージアムマップ | gallery & Museum Schedule 2018.3-4

2018年3月20日(火)- 2018年4月25日(水)

ギャラリー&ミュージアムマップ 2018年3-4月号

チラシのダウンロード(PDF)

ギャラリー&ミュージアムマップ 2018年3-4月号

チラシのダウンロード(PDF)

新潟島とその周辺
ギャラリーミュージアムマップ
配布場所のご案内

中央区 aigallery、ニカイギャラリー、BOOKS f3、アートギャラリー万代島、ギャラリー長美堂、メディアシップ、kaede+fullmoon、hickory03travelers、蔵織・コンチェルト、にいがた銀花、医学町ビル、新潟美術学園、あらきギャラリー、羊画廊、新潟絵屋、二代目アートサロン環、万代島美術館、敦井美術館、新潟市美術館、砂丘館、NSG美術館、安吾風の館、篠田桃紅作品館、北方文化博物館新潟分館、新津記念館、あさひまち展示館、旧齋藤家別邸、旧小澤家住宅、みなとぴあ、知足美術館、新潟駅観光案内所、きさらぎギャラリー、五徳屋十兵衛、花きりん、クロスパル、シネ・ウインド、三宮商店、ナガイ画材、marilou、北書店、器、SWAN、パルム、山浦珈琲、涼蔵、ぽるとカーブドッチ、竹野、鳥の歌、ノ縞屋、新潟県民会館、吉川酒店、新潟デザイン専門学校、市民活動支援センター、ホテル日航新潟、りゅーとぴあ、NHK文化センター、峰村醸造直売店、今代司酒造、新潟大学駅南キャンパスときめいと、絵画教室ウニアトリエ、新潟県立生涯学習推進センター、新潟NPO協会、栄楽亭、エフスタイル、日和山五合目、i media専門学校、アートホテル新潟

北区 楓画廊、てんゆう花、nico
東区 巻菱湖時代記念館、六丁目ギャラリー
南区 SHIRONE PRESSO
江南区 小さな美術館季、エムスタジオ、北方文化博物館
秋葉区 やまぼうし、三方舎、VUCA、新潟市新津美術館
西区 雪梁舎美術館、ギャラリー潟道、こんぺいとう、ろば屋
西蒲区 浜つばき、ギャラリー野衣、いわむろや

新発田市 清水園、草舟(菅谷)  
村上市 Toi陶房(瀬波温泉)
柏崎市 游文舎、gallery tanne(谷根)
長岡市 県立近代美術館、長岡造形大、栃尾美術館
見附市 ギャラリーみつけ
燕市 燕市産業史料館、ツバメコーヒー  
三条市 D+5 ART、三条ものづくり学校
弥彦村 弥彦の丘美術館
佐渡 城南窯

ギャラリー&ミュージアムマップ 2/17~3/25 2018

展覧会を見に行こう!
2008年創刊、毎月無料配布の展覧会情報紙です。

新潟島とその周辺のギャラリー&ミュージアムマップ | gallery & Museum Schedule 2018.2-3

2018年2月17日(土)- 2018年3月25日(日)

ギャラリー&ミュージアムマップ 2018年2-3月号

チラシのダウンロード(PDF)

ギャラリー&ミュージアムマップ 2018年2-3月号

チラシのダウンロード(PDF)

新潟島とその周辺
ギャラリーミュージアムマップ
配布場所のご案内

中央区 aigallery、ニカイギャラリー、BOOKS f3、アートギャラリー万代島、ギャラリー長美堂、メディアシップ、kaede+fullmoon、hickory03travelers、蔵織・コンチェルト、にいがた銀花、医学町ビル、新潟美術学園、あらきギャラリー、羊画廊、新潟絵屋、二代目アートサロン環、万代島美術館、敦井美術館、新潟市美術館、砂丘館、NSG美術館、安吾風の館、篠田桃紅作品館、北方文化博物館新潟分館、新津記念館、あさひまち展示館、旧齋藤家別邸、旧小澤家住宅、みなとぴあ、知足美術館、新潟駅観光案内所、きさらぎギャラリー、五徳屋十兵衛、花きりん、クロスパル、シネ・ウインド、三宮商店、ナガイ画材、marilou、北書店、器、SWAN、パルム、山浦珈琲、涼蔵、ぽるとカーブドッチ、竹野、鳥の歌、ノ縞屋、新潟県民会館、吉川酒店、新潟デザイン専門学校、市民活動支援センター、ホテル日航新潟、りゅーとぴあ、NHK文化センター、峰村醸造直売店、今代司酒造、新潟大学駅南キャンパスときめいと、絵画教室ウニアトリエ、新潟県立生涯学習推進センター、新潟NPO協会、栄楽亭、エフスタイル、日和山五合目、i media専門学校、アートホテル新潟

北区 楓画廊、てんゆう花、nico
東区 巻菱湖時代記念館、六丁目ギャラリー
南区 SHIRONE PRESSO
江南区 小さな美術館季、エムスタジオ、北方文化博物館
秋葉区 やまぼうし、三方舎、VUCA、新潟市新津美術館
西区 雪梁舎美術館、ギャラリー潟道、こんぺいとう、ろば屋
西蒲区 浜つばき、ギャラリー野衣、いわむろや

新発田市 清水園、草舟(菅谷)  
村上市 Toi陶房(瀬波温泉)
柏崎市 游文舎、gallery tanne(谷根)
長岡市 県立近代美術館、長岡造形大、栃尾美術館
見附市 ギャラリーみつけ
燕市 燕市産業史料館、ツバメコーヒー  
三条市 D+5 ART、三条ものづくり学校
弥彦村 弥彦の丘美術館
佐渡 城南窯

「eto」場所に合わせてコーディネート

Photo Clip

 新事業「eto」では、絵を定期的に掛け替えることで、人が集まる場所をより優しく、快適にするお手伝いをしています。
現在、新潟市内の歯科医院「みるく歯科クリニック」さんがモニターを引き受けてくださり何かと協力いただいております。これまでの1年間で、蓮池もも「水が生まれる」、井田英夫「母の水を飲むローレライ」、宇野亜喜良「クリスマスのプレゼント」、西村繁男「市松くん犬に乗る」を展示してきました。 
ご相談はいつでもどうぞ。
場所に合わせ、お客様のお好みにコーディネートさせていただきます。
(担当 井上美雪)

eto 蓮池もも
みるく歯科クリニック
みるく歯科クリニック 宇野亜喜良
西村繁男 「市松くん犬に乗る」

ふしぎな生物をつくって影絵であそぼう

新潟絵屋・こども創造センター連携アーティスト企画

「ふしぎな生物をつくって影絵であそぼう」

3月25日sun 14:00〜15:30

こども創造センター_7506

講師:藤井芳則

会場:新潟市こども創造センター (新潟市中央区清五郎375番地2)
TEL. 025-281-3715(お申し込み先)
対象: 5〜18歳まで(小2以下保護者同伴)20人 参加費:300円

空想し、透明な板に絵を描いて切り取り、光で映し出す。制作と影絵遊びの体験です。
昨年11月に開催して好評だったイベントです。▶そのときの様子。

Shop 日暦 (ひごよみ)Perpetual Calendar

墨と赤のシンプルな構成の「日暦」は、
書家 華雪さんの作品世界を身近に感じていただける日めくりカレンダーです。
好評発売中!
日暦 華雪 新潟絵屋 博進堂

日暦 華雪 新潟絵屋 博進堂

書・篆刻 華雪 公式サイト Facebook
発行 新潟絵屋+株式会社博進堂
企画・制作・デザイン dododo/ドードー堂
スタンド設計 NOB CRAFT Homemade Furniture
スタンド台製作 KOUGI
販売価格 3,500円(税込)

「書家 華雪(かせつ)」
日暦 華雪
「日暦」の書と篆刻の作者の書家・華雪さんが新潟で最初の個展を開いたのは2004年。信濃川と日本海に挟まれた新潟の古い町並にある画廊・新潟絵屋が会場でした。
穏やかなようで、どこかに猛々しさをはらむこの町を華雪さんはとても気に入ってくださって、個展開催の折には長期滞在をすることが常となりました。新潟との縁も深まり、2004年以降は北蒲原郡聖籠町の旧家「二宮家の巨大な米蔵や會津八一の終の住処である「北方文化博物館新潟分館」など新潟の各所で個展を開催してきました。
新潟と深く親しむ華雪さんの書を、新潟の雪深い山で育ったブナの木の上でめくる。幸せなめぐりあわせが形になりました。

1975年京都府生まれ。書家。92年より個展を中心にした活動を続ける。〈文字を使った表現の可能性を探る〉ことを主題に、国内外でワークショップを開催。舞踏家や華道家など、他分野の作家との共同制作も多数。刊行物に『石の遊び』(2003年平凡社)、『書の棲処』(06年赤々舎)、『ATO 跡』(09年between the books)など。『コレクション 戦争×文学』(集英社)、『木の戦い』(エクリ)をはじめ書籍の題字なども手がけている。「水と土の芸術祭2012」(新潟市)、「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」に参加。新潟では新潟絵屋、砂丘館、二宮家米蔵、エフスタイル、室礼などで展示を行ってきた。
華雪 公式サイト / Facebook
*写真:志鎌康平

「印刷について」
日暦カード

「日暦」の印刷を手がけた株式会社博進堂は、大正時代創業で新潟市に本社を置く印刷会社です。印刷のメカニズムを通してこそ生まれる表現=「印刷美術」を理念のひとつとし、これまでに多くの美術書を手がけてきました。「日暦」はその知識と経験・技術によって仕上げられています。

「雪国のブナ スノービーチ」
日暦 スノービーチ
新潟には、何世代にもわたって守られてきたブナ林が数多くあります。かつては炭焼き等の資源として盛んに使われてきたブナですが、近年はあまり顧みられることがなくなっていました。
2016年、このブナをもう一度有効活用しようと紙谷智彦氏が新潟県内の林業関係者や材木店、家具店、木の工房、建築家などとともに立ち上げた「スノービーチ(雪国のブナ)」の取り組みは、おもちゃ・テーブル・住宅内装・木工製品など、さまざまな分野で裾野を広げています。
「日暦」の台は、魚沼市大白川産の「スノービーチ」を使っています。ひとつとして同じ木目がない、どれもが世界で唯一のものです。暦にはサトウキビの搾りかすからできた非木材紙を採用しました。
木も、紙も、毎日さわって使うことで使い手の個性をうつし味わいを増していきます。めくるたびに変化する書とともに、日々変化する素材も楽しんでいただければ幸いです。

写真は大白川生産森林組合山の神のブナ林
*写真提供:農学博士 紙谷智彦氏(ブナ林業研究所・生態デザイン工房)

セット内容
月カード12ヶ月分3枚、日にちカード31日分16枚
専用スタンド(木/アクリル)、取り扱い説明書
ギフトボックス入り

お取り扱い店
新潟県内
TOLEDO
新潟市中央区万代3丁目5-36 TEL.025-255-5502
営業時間 10:30〜19:00/水曜定休
新潟市美術館ミュージアムショップ ルルル
新潟市中央区西大畑町5191-9
営業時間 9:30-18:00/月曜・展示替え期間休
BOOKS f3
新潟市中央区沼垂東2-1-17 TEL.025-288-5375
営業時間13:00〜20:00/火曜水曜定休、ほか臨時休業あり
北書店
新潟市中央区医学町通2-10-1 ダイアパレス医学町101
TEL.025-201-7466
営業時間 10:00〜20:00 ※土曜日曜祝日は12:00〜20:00
ツバメコーヒー
燕市吉田2760-1 TEL.0256-77-8781
営業時間 11:00-18:00/月曜・火曜定休
ギャラリーみつけ
見附市昭和町2-4-1 TEL.0258-84-7755
営業時間 10:00〜22:00/月曜定休
※月曜日が祝日・振替休日にあたる場合は翌平日が休
京都
恵文社一乗寺店
京都市左京区一乗寺払殿町10 TEL.075-711-5919
営業時間 10:00 〜21:00/元日以外無休
静岡
ヴァンジ彫刻庭園美術館
ミュージアムショップ NOHARA BOOKS

静岡県長泉町東野クレマチスの丘347-1 TEL. 055-989-8787
水曜定休(祝日はその翌日)
東京
古本遊戯 流浪堂
東京都目黒区鷹番3-6-9 TEL.03-3792-3082
営業時間 12:00〜23:00(日祝日12:00〜22:00 )
第2第4火曜定休
●和の器 韋駄天
東京都台東区谷中5-2-24 TEL.03-3828-1939
神奈川
菜の花・暮らしの道具店
小田原市栄町1−1−7小田原地下街 HaRuNe小田原 菜の花ビレッジ内 TEL. 0465-22-2923
営業時間10:00〜20:00

ネットストア
博進堂 送料無料
Book Photo PRESS サイン入り

●通販承ります
○ご希望部数
○お名前/電話番号/メールアドレス
○受け取り方法(新潟絵屋店頭で直接 or 送付)
○送付ご希望の場合、お届け先ご住所 *別途送料実費(3点まで510円)
をお知らせいただきましたら、こちらからご連絡を差し上げます。
▶お申し込み&お問い合わせ info@niigata-eya.jp
または dododo@niigata-eya.jp までご連絡ください。どうぞよろしくお願いいたします。

◎2018年1月10日
新潟日報朝刊 日報抄に取り上げていただきました。
日暦 新潟絵屋日報

◎ギフト包装承ります
記念日などご希望の日付にして、お包みいたします。
日暦ギフト

◎facebook 「ドードー堂」で、日暦のある風景を随時更新中!

日暦 華雪

カテゴリー: NEWS

『若槻菊枝 女の一生』

『若槻菊枝 女の一生』新潟、新宿ノアノアから水俣へ

奥田みのり・著(熊本日日新聞社) 税込1,620円
新宿のバー・ノアノアのママで画家。水俣病患者や支援者を支援してもいた新潟出身の女性の伝記。新潟絵屋が元の建物を解体し、現在地に移築して活動を再開したのは2007年6月。「アンティエ・グメルス展」に次いで開催したのが「太陽がいっぱい 若槻菊枝展」でした。当時のことが後半に…。表紙の赤にも若槻さんを思い出します。

2007年「太陽がいっぱい 若槻菊枝展」

7/2 句集 「猫」発売

 南風吹く昨日ゐた猫今日はゐず
句集 「猫」発売
著者 田代草猫

 102頁/文庫本サイズ/栞付録
表紙絵・挿絵 井田英夫
発売 2017年7月2日
定価 1,000円+税
新潟絵屋デザイン部門始動しました!

カテゴリー: NEWS