華雪による書と篆刻の講座『字がうまれたとき・書がうまれたとき』第5期

7/12[日]

13:00-15:30 <篆刻>
『漢代の私印』

17:00-19:30 <書>
『漢代の学童の識字書を書く』

会場 :砂丘館 座敷にて

ゆったりとしたお席をお作りするため、会場を変更させていただきました。
要申込:新潟絵屋へ電話 TEL 025-222-6888、メールにて

 漢代には今に繋がる書体がすべて出揃った時代でした。また、楷書体が整えられ、漢字辞典がつくられ、識字に対する意識にも変化が見られます。今回は、漢代初期の書のあり様を当時の資料を通じて学びます。

華雪による書と篆刻の講座 201910-11

<これまで>

 第1期では、古代中国で漢字がつくられたときの様子を入口に、書がどのように人びとの間で発展してきたのかを紐解きながら、字と書の起源を想像し、書くための技術がどのように育まれてきたのかを学びました。
 第2期では、祈りのなかで必要とされ、かたちづくられていった書、その展開について学びました。
 第3期・4期は、ひとびとの間へ、実用に際してダイナミックに変化を続けた書体の展開を追い、「篆書体」「隷書体」を取り上げ、技術の発展を観察しながら、現代に繋がる書体の変遷を実際に書いて体験しました。

華雪 講座

講師プロフィール

華雪(かせつ)
1975年京都府生まれ。立命館大学文学部哲学科心理学専攻修了、東京都在住。幼い頃に漢文学者・白川静の漢字字典に触れたことで漢字のなりたちや意味に興味を持ち、以来、文字の表現の可能性を探求することを主題に、国内外で展示やワークショップを行っている。刊行物に『石の遊び』(平凡社、2003)、『書の棲処』(赤々舎、2006)、『ATO 跡』(between the books、2009)、作品集『ながれる』(2019)など。作家活動の他に、『コレクション 戦争×文学』(集英社)など書籍の題字なども手がける。
instagram kasetsu_sho

  • 受講料:各回5,000円(テキスト・材料費込/篆刻と書を通しの方は500円割引)
  • 定員:各回8名(先着順/要申込)
  • 持ち物:メモする程度の筆記用具。筆や篆刻のお道具はご用意します。
  • 毎回、実技と座学をセットにした内容。全6期ですが単発での受講が可能です。

  • 華雪による書と篆刻の講座

    華雪による書と篆刻の講座

    〈次回予告〉

    第6期(最終回)
    日時は後日更新いたします。
    「書の展開・ひとびとの間を生きる書」のつづき。毎回取り上げる書体が異なります。

    お問い合わせ

    Tel. 025-222-6888(担当:井上)
    info@niigata-eya.jp

    華雪 講座


    関連記事
    過去の個展 
    2004年
    2007年
    2008年
    2009年
    2011年
    2014年
    2015年
    2016年
    2017年
    2018年
    ワークショップ「木」を書いて「森」をつくる
    華雪による書と篆刻の講座『字がうまれたとき・書がうまれたとき』第3期

    web shop open!

    新潟絵屋のウェブショップをオープンします!

    NEWS

     展示室隣接のショップコーナーでお取り扱いしている、作家ものの小物や書籍、オリジナル商品などをご紹介するほか、展覧会に合わせた企画も予定しています。また、年会費ご入金のお手続きも可能になります。ぜひ、のぞいてみてください!
    eyashop.thebase.in


    関連

    新潟絵屋のショップスペース

    里村洋子・著『柳水園ものがたり』

    新発売

    咲花温泉の旅館「柳水園」に集うさまざまな人々の物語。穏やかな筆致で鮮やかに描き出される、映画「阿賀に生きる」のアナザーストーリーです。ウェブショップでもお求めいただけます。

    著者:里村洋子
    発行:冥土のみやげ企画
    題字:華雪
    装丁:上田浩子(dododo
    四六版/256ページ
    1,700円(税別)
    表紙は2種から選べます。

    里村洋子 柳水園ものがたり
    目次
    はじめに-今年の花見/キミイさん/文士の宿/咲花温泉の誕生/柳水園の開業/タクシーも忙しく走っていた/現女将、柳水園を継ぐ/祭り足袋と卓球/ある産婆さんとの出会い/安田の唄の参ちゃん/井上経久・美雪夫妻/大阪あみかけ一座/伊藤芳保・恵子夫妻/コマリさん/つんちゃん/終わりに–今年の雪見(望年会)


    新潟絵屋やウェブショップにてお求めいただけます

    eyashop


    関連記事

    里村洋子・著『丹藤商店ものがたり』

    2019年5月発行
    ご一緒におすすめです。

    臨時休廊のお知らせ

    4/18[土]- 5/31[日]
    緊急事態宣言が全国に拡張されました。
    新潟絵屋では、4/17〜5/31まで、
    展示室で「eya selection」、ショップスペースで「NOBI NOVI SELECT」を開催予定でしたが、これを受けて臨時休廊することにいたしました。6月にみなさまにご覧いただけたらと切に願っております。


    カテゴリー: NEWS

    蓮池ももノートブック「momonote」

    新発売 〈ももノート〉

    蓮池ももさんの絵を表紙にした、3種類の小さなオリジナルノートブックを発売しました。絵は、2020年3月に発表した新作で「焚き火」が表紙のノートは、裏表紙にもうひとつ別な絵があります。

    B6サイズ(182×128mm)
    無地本紙48ページ
    600円(税別)
    企画・デザイン:dododo

    momonote 〈ももノート〉


    新潟絵屋やウェブショップにてお求めいただけます

    eyashop


    関連記事

    蓮池もも展 2020.3.17-30

    金継ぎ教室 スタート

    本漆を使った本格的な金継ぎが学べます

    愛着のあるうつわを、ご自分の手で直してみませんか?
    技法を学びながらうつわをお直しすることができます。

    開講日

    5/17[日]・5/31[日]・6/14[日]・7/11[土]・8/15[土]・9/13[日]
    各回とも13:30〜15:00
    定員8名(募集終了)
    受講料・材料費18,800円

    講師 長谷川加奈・ナヲシテツカウ

    新潟市中央区古町9「味処 はせ川」女将。
    店で使う器を自分の手で直したいと金継ぎを学ぶ。
    2018年5月より金継ぎネットショップ、「新潟の金継ぎや ナヲシテツカウ」 を運営。新潟絵屋で不定期に 「うつわのお直し 相談受注会」 を行う。
    ホームページ naoshite-tsukau.com
    お問い合わせ:naoshitetsukau@gmail.com

    詳細はつぎのpdfをご参照くださいませ。
    金継ぎ教室2020

    ナヲシテツカウ講座2018年11月新潟絵屋「うつわのお直し相談受注会」のひとコマ

    カテゴリー: NEWS