蓮池もも 新作展 @ギャラリーみつけ

1/9[土]―31[日]

会場:ギャラリーみつけ

(みつけ市民ギャラリー)展示室1・2
見附市昭和町2-4-1 
tel.0258-84-7755
10:00-22:00(入館受付は21:30まで)
入場無料
月曜休館

2つの展示室で新作、そして過去の「島」シリーズなどを展示します。新潟絵屋での「聖域/ほろびののち/歩く木」とあわせて、ぜひおたのしみください。

蓮池もも(はすいけ もも)
1983年新潟市生まれ。2006年fullmoon upstairs、07・08・09・10・11年画廊Full Moon、12年砂丘館で個展。新潟絵屋では10・12~20年毎年個展、15・16年ギャラリー島田(神戸)、16年ギャラリー枝香庵(銀座)にて個展開催。俳誌『白茅』に画とエッセイの連載「森の奥 湖の底」を発表。十日町市在住。

作家在廊日
1/22~24・31(予定が変更になることもございます)
蓮池もも


同時開催

▶ 蓮池もも展 新潟絵屋にて
1/20[水]―31[日]

蓮池もも


関連記事

グッズ
▶ 蓮池ももの挿絵の一筆箋
▶ 蓮池ももの挿絵のノート

過去の展覧会
▶ 蓮池もも展 2020年
▶ 蓮池もも展〈前期〉2018年
▶ 蓮池もも展〈後期〉2019年
▶ 蓮池もも展 2017年

蓮池もも展

1.20[水]―31[日]

niigata eya exhibition 603

作家在廊日
1/20・21・30(予定が変更になることもございます)

 イラストレーションと絵の違いを、蓮池ももの最初の数年を見ながら考えていた。今もそうだが、蓮池は優れたイラストレーターとしての面をもっている。イラストも絵だが、画像や印刷物との関係が深い。
 聖域、ほろびののち、歩く木という思いがけないモチーフが登場したのは2011年のことだったけれど、それらを見たときこれは絵だ、と思ったのを覚えている。厚い紙を鋭い筆先が引っ掻いて生まれるささくれだった表面の激しい凹凸は、画像・印刷の効果の感覚を遠く離れ、もの=物質との出会い、接触、交接そのもののがそこに噴出しているかのようで、私の目の奥の体をぶるぶると興奮させた。物質的恍惚というル・クレジオの本の題を思い出した。
 蓮池の創造は川の流れのように穏やかに流れたかと思うと滝のようになだれ落ち、また静かに広がり、細流に散ったりする。そんなふうに絵の山野やイラストレーションの森や平原を、名付け得ない場所に向かって流れていくかのようだ。(企画者:大倉宏)

蓮池もも(はすいけ もも)
1983年新潟市生まれ。2006年fullmoon upstairs、07・08・09・10・11年画廊Full Moon、12年砂丘館で個展。新潟絵屋では10・12~20年毎年個展、15・16年ギャラリー島田(神戸)、16年ギャラリー枝香庵(銀座)にて個展開催。俳誌『白茅』に画とエッセイの連載「森の奥 湖の底」を発表。十日町市在住。

photo(上):「聖域」2011年

蓮池もも

photo:「ほろびののち」2011年 アクリルガッシュ/ボール紙 6.8×6.8cm

蓮池もも

photo:「歩く木」2011年 アクリルガッシュ/ボール紙 11.8×11.4cm


同時開催

1/9[土]―31[日]

会場:ギャラリーみつけ

みつけ市民ギャラリー 展示室1・2
蓮池もも
蓮池もも

▶ 蓮池もも 新作展 @ギャラリーみつけ
見附市昭和町2-4-1 tel.0258-84-7755
10:00-22:00(入館受付は21:30まで)入場無料
月曜休館

2つの展示室で新作、そして過去の「島」シリーズなどを展示します。
新潟絵屋での「聖域/ほろびののち/歩く木」とあわせて、ぜひおたのしみください。

*ギャラリーみつけ作家在廊予定
1/22~24・31(予定が変更になることもございます)


関連記事

グッズ
▶ 蓮池ももの挿絵の一筆箋
▶ 蓮池ももの挿絵のノート

過去の展覧会
▶ 蓮池もも展 2020年
▶ 蓮池もも展〈前期〉2018年
▶ 蓮池もも展〈後期〉2019年
▶ 蓮池もも展 2017年

斎藤応志 展 3

2/3[水]―14[日]

niigata eya exhibition 604

 斎藤応志が描いた冬の西堀の絵を部屋に掛けている。どこか幻想的で、エリアーデの不条理な物語の舞台のよう。
 平明なのにそんな夢想を刺激する。描くことが、描きながら新潟の町を見ることが、とにかく好きだったのだろう。スケッチ板に描いた風景が数えきれないほど遺されている。前々回はその一部を紹介した。私なりにいいと思った絵を
選んだのだが、人によって感想がひどく違うのが面白かった。よみがえる記憶もそうだが、かきたてられる夢想も人それぞれ。そこで、今回はその折の展示作品の一部に、私ではない人たちに選んだもらった絵を加えて紹介する。リアルでファンタスティックな昭和の新潟を、来場者とともに楽しみたい。(企画:大倉宏)

斎藤応志(さいとう おうし)
1903年中条町(現胎内市)生まれ。24年新潟師範学校卒業。戦前の民間主催の洋画公募展「新潟県展」(旧県展)の企画・運営に参画し、自らも同展に出品した。旧県展第1回で3点の作品が入選し、「選外特選」の「船」は市長賞を受賞。第4回で特選。白日会(大正13年創立)へ出品していた時代がある。戦後は中学校美術教師をしながら、新潟の風景や静物画を描き、数多くの個展を開催した。81年没。2019年新潟絵屋で弟との二人展「斎藤応志・鉄臣展」を、2020年個展開催。


PHOTO:「すすけた土蔵」 1959年 油彩/板 22.9×15.4cm


PHOTO:「雪の西堀(七番町)」 1959年 油彩/板 15.4×22.9cm


PHOTO:「二月の阿賀」 1959年 油彩/板 15.4×22.9cm


関連記事

▶ 斎藤応志展 2
▶ 新潟の画家たち[前期] 斎藤応志・鉄臣展

蓮池もも 一筆箋

12/19[土]発売開始

SHOP INFORMATION

3種類の絵柄をセットにした一筆箋です。
通信販売サイト「eya shop」同時発売!

縦バージョン/横バージョン
各21枚綴(それぞれ3つの絵柄×7枚)
各税込880

縦バージョン
蓮池もも 一筆箋
横バージョン
蓮池もも 一筆箋

絵は、2020年3月の個展で発表した作品のモチーフ「灯台」「女たち」「白鳥」。
縦バージョンと横バージョンがあり、ふたつはゆるやかにつながっています。

蓮池もも 一筆箋

一筆箋のために描き下ろした「木」のモチーフは、2021年に発表する「生命の樹」のシリーズへと広がりました。

蓮池もも 一筆箋

原画:アクリルガッシュ/紙(2020年)

絵:

蓮池もも(はすいけ もも)
1983年新潟市生まれ。2006年fullmoon upstairs、07・08・09・10・11年画廊Full Moon、12年砂丘館で個展。新潟絵屋では10・12~19年毎年個展、15・16年ギャラリー島田(神戸)、16年ギャラリー枝香庵(銀座)にて個展開催。俳誌『白茅』13号から「森の奥 湖の底」(画とエッセイ)連載。十日町市在住。


関連記事

2021年の個展は2会場で開催いたします
会場1:新潟絵屋▶ 蓮池もも展 2021年
会場2:ギャラリーみつけ▶ 蓮池もも 新作展 @ギャラリーみつけ


これまで

▶ 蓮池もも展 2020年
▶ 蓮池もも展〈前期〉2018年
▶ 蓮池もも展〈後期〉2019年
▶ 蓮池もも展 2017年


蓮池ももグッズ
マトリョーシカ
ノート

通信販売しております

蓮池さんと作るオリジナルブランド「momonote(ももの手)」、今後もご期待ください。

カテゴリー: SHOP

松本健宏 干支もの

Shop Information

京都の松本健宏さんの干支もの12/16[水]発売開始

PHOTO(上):「赤うし」「金うし」
各税込 7,700

毎年人気の松本さんの干支もの。「赤うし」「金うし」の背中には、頭に梅結びのお飾りをつけた薬師さまが乗っています。2020年に松本さんの個展を開催したギャラリーみつけでもお取り扱いいたします。

松本健宏

干支手ぬぐい
2,000円(税込)

プロフィール:松本健宏(まつもと たけひろ)
1967年京都市生まれ、在住。京都精華大学テキスタイル科卒業後インテリアデザイナー経験を経て、染色と人形制作を続ける。染色で1999年京展工芸部門京都市長賞、99・2000・06年日本新工芸展NHK会長賞・日本新工芸賞受賞。京都工芸美術作家協会、日本新工芸家連盟等所属。京都市在住。

通信販売サイト<eyashop>同時発売

お支払い方法:クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、Pay-easy
4万円以上送料無料
新潟絵屋の実店舗のように、いつでもふらりとお立ち寄りください。


関連記事

▶ 松本健宏展「ヒビノクラシ」@ギャラリーみつけ
▶ 松本健宏 手拭い&干支人形 2020
▶ 前回のろうけつ染めワークショップ(こども創造センターにて)レポート
▶ 前回の個展のようす
▶ 松本健宏展 「花火」
▶ dododo/名入れ手ぬぐい
▶ 松本健宏さんの干支もの「子」
▶ 松本健宏さんの干支もの「亥」
▶ 松本健宏さんの干支もの「酉」

カテゴリー: SHOP

絵の具であそぼう! 講師:しんぞう

ワークショップ
水と土の文化創造都市 こどもプロジェクト2020
絵の具であそぼう!

2/20[土]14:00-15:30 講師:しんぞう

  • 会場:いくとぴあ食花 こども創造センター 光と音のホール新潟市中央区清五郎375-2/025-281-3715
  • 内容:デカルコマニーなど
  • 対象:4歳~小学3年生(小学2年生以下は保護者同伴)
  • 参加料:500円
  • 定員:10名(要申込・応募多数の場合抽選)
  • 申込方法:以下のどちらかの方法でお申し込みください
    〈TEL〉 025-226-2624(新潟市文化創造推進課)
    〈WEB〉新潟市かんたん申込み(新潟市HP内で検索)
  • 申込期間:1/18[月]8:30~2/5[金]17:30(抽選結果は郵送)
  • 主催:新潟市・こども創造センター
  • 協力:新潟絵屋
  • お問い合わせ:025-226-2624(新潟市文化創造推進課)
    ※8:30~17:30/土・日・祝日を除く

しんぞう_絵の具であそぼう!

しんぞう
1974年横浜市生まれ。武蔵野美術大学油絵科卒業。個展は、新宿眼科画廊(東京)、DAMギャラリー(韓国)、福住画廊(大阪)、ギャラリーsfera(京都)、2012年砂丘館 「あなたの心の裏の河」(新潟市)、13~16年新潟絵屋など。そのほか09年 「大地の芸術祭」に出品。芸術道場GP(グランプリ)銀賞、第29回損保ジャパン美術財団選抜奨励展入選、第44回神奈川美術展入選など受賞。装画に 「臨床の詩学」(春日武彦・著/医学書院)がある。新潟市在住。www.sinzow.com

しんぞう
しんぞう


しんぞう展
2021年3月開催予定(於新潟絵屋)

しんぞう

過去の関連記事


2019年3月▶ しんぞう展 呪いと笑いの日々(於ギャラリーみつけ)