華雪による書と篆刻の講座『字がうまれたとき・書がうまれたとき』第5期

7/12[日]

13:00-15:30 <篆刻>
『漢代の私印』

17:00-19:30 <書>
『漢代の学童の識字書を書く』

会場 :砂丘館 座敷にて

ゆったりとしたお席をお作りするため、会場を変更させていただきました。
要申込:新潟絵屋へ電話 TEL 025-222-6888、メールにて

 漢代には今に繋がる書体がすべて出揃った時代でした。また、楷書体が整えられ、漢字辞典がつくられ、識字に対する意識にも変化が見られます。今回は、漢代初期の書のあり様を当時の資料を通じて学びます。

華雪による書と篆刻の講座 201910-11

<これまで>

 第1期では、古代中国で漢字がつくられたときの様子を入口に、書がどのように人びとの間で発展してきたのかを紐解きながら、字と書の起源を想像し、書くための技術がどのように育まれてきたのかを学びました。
 第2期では、祈りのなかで必要とされ、かたちづくられていった書、その展開について学びました。
 第3期・4期は、ひとびとの間へ、実用に際してダイナミックに変化を続けた書体の展開を追い、「篆書体」「隷書体」を取り上げ、技術の発展を観察しながら、現代に繋がる書体の変遷を実際に書いて体験しました。

華雪 講座

講師プロフィール

華雪(かせつ)
1975年京都府生まれ。立命館大学文学部哲学科心理学専攻修了、東京都在住。幼い頃に漢文学者・白川静の漢字字典に触れたことで漢字のなりたちや意味に興味を持ち、以来、文字の表現の可能性を探求することを主題に、国内外で展示やワークショップを行っている。刊行物に『石の遊び』(平凡社、2003)、『書の棲処』(赤々舎、2006)、『ATO 跡』(between the books、2009)、作品集『ながれる』(2019)など。作家活動の他に、『コレクション 戦争×文学』(集英社)など書籍の題字なども手がける。
instagram kasetsu_sho

  • 受講料:各回5,000円(テキスト・材料費込/篆刻と書を通しの方は500円割引)
  • 定員:各回8名(先着順/要申込)
  • 持ち物:メモする程度の筆記用具。筆や篆刻のお道具はご用意します。
  • 毎回、実技と座学をセットにした内容。全6期ですが単発での受講が可能です。

  • 華雪による書と篆刻の講座

    華雪による書と篆刻の講座

    〈次回予告〉

    第6期(最終回)
    日時は後日更新いたします。
    「書の展開・ひとびとの間を生きる書」のつづき。毎回取り上げる書体が異なります。

    お問い合わせ

    Tel. 025-222-6888(担当:井上)
    info@niigata-eya.jp

    華雪 講座


    関連記事
    過去の個展 
    2004年
    2007年
    2008年
    2009年
    2011年
    2014年
    2015年
    2016年
    2017年
    2018年
    ワークショップ「木」を書いて「森」をつくる
    華雪による書と篆刻の講座『字がうまれたとき・書がうまれたとき』第3期

    コロナショック 藤井芳則展

    7/22[水]―30[木]

    vol.594

     藤井芳則の創作にはいつも人をあっと言わせる意外性と、ほんのちょっと毒も含んだユーモア(笑い)がある。もうひとつの側面は、徹頭徹尾「手作り」する人間であること。その意味でこの「現代アーティスト」は職人でもある。「新型コロナウイルス騒動」の真っただ中に私たちはいて、気温が上がりマスクの下が鬱陶しくなってきた今、そんな彼が差し出すのは、鼻や口の周りをマスクをしたままで掻ける小型「孫の手」。黒檀製のそれらは、まるで自然とともに生きる人々が刻む生命力にあふれるプリミティブな呪具のようで、この魔術を使うためだけに、酷暑の日中にマスクをしていたくなりそうだ。(企画者:大倉 宏)

    藤井芳則(ふじい よしのり)
    1962年新潟市生まれ。美術家。個展、グループ展多数。2009年以降は弥彦野外アート、ふれ美(ふれて楽しむ美術館)、大地の芸術祭 雪アートプロジェクト、NIIGATA オフィスアートストリートなど、そのときどきで作家の個人的関心と場に応じた発想力で作品を制作する。近年は台湾での芸術祭「桃園地景藝術節」にも出品し活動の場を広げている。ワークショップに、影絵あそび「清五郎にすむ不思議な生物を作ろう」、(新潟市こども創造センター)、地域の文化を復活させた「白根子行進曲マスク作り」(白根学習館)、鬼の面作りとSPACE豆まき(ゆいぽーと)、環境問題をテーマにした「一條河」(桃園地景藝術節)など。

    photo: Murai Isamu


    ▶ 藤井芳則ワークショップ
    ▶ 光る雪の中で ファッションショーを やってみよう!
    ▶ ちゃぽ柿ピー 藤井芳則
    ▶ 藤井芳則「カミモッコ」展

    井田英夫 遺作展——音戸の素描を中心に

    7/1[水]―20[月]

    vol.593

     1年前の最後の個展では、画家の希望で会場に簡易なベッドをつくった。14日で500人もの人が来て、ほとんどの人が彼と話していった。井田さんは絵を描くのが好きだったが、絵を見る人と会うのも好きだった。生まれて初めて絵を買ったのが井田さんの絵だったという人も多い。画廊が描く人と見る人がこんなに対等で親密に関わる場所になったこと、これこそ新潟絵屋の無意識に求めてきたことだったと今にして気づく。
     井田さんがいない初めての個展では、彼が最後の5年を過ごした音戸の素描を紹介する。井田さんの絵の魅力は色彩だが、その色彩を輝かせる線の力を、彼はたくさんの素描で磨いていた。早すぎた晩年のこれらの素描には美しく、不器用ながら繊細だった彼の絵の底力が宿っている。(企画者:大倉 宏)

    井田英夫遺作展
    「2019.1/3」2020年 鉛筆/紙

    井田英夫(いだ ひでお)
    1975年旧新津市生まれ。97年新潟デザイン専門学校卒。99年モンセラート美術大学(アメリカ)卒業。ミンゴーギャラリー(マサチューセッツ州)で二人展。2002年より新潟絵屋、05年ギャラリーEMU-st(新潟)、11年久留米市一番街多目的ギャラリー、12年三方舎書斎ギャラリー(新潟)、15年天仁庵(広島)で個展開催。15年8月以降、広島県呉市音戸町に滞在。2017年は新潟絵屋で新作展を、砂丘館でこれまでを振り返る「ふだんを見つめる 井田英夫展」を開催。その後、新作はギャラリーみつけ(新潟)に巡回。2018年4月、三方舎書斎ギャラリーと新潟絵屋で有志の企画による「井田英夫支援展」が開催された。2020年4月27日逝去。facebook

    井田英夫

    上: 題不詳(滞在先の家にあった洗濯機)制作年明 木炭、コンテ、パステル/紙

    上: 「2015-2016」2016年 木炭、コンテ/紙

    井田英夫

    上:「音戸の夜」2016年 木炭、コンテ/紙

    井田英夫

    上:「土間の上の窓から」2016年 コンテ/紙


    本展はインターネットでも同時開催いたします。

    井田英夫
    作品のお求めは、お申込み制とさせていただきます。

    〈受付期間〉
    新潟絵屋店頭・・7/1[水]—20[月]
    インターネット・7/1[水]11:00—31[金]24:00

    〈受付方法〉
    1.新潟絵屋店頭にて
    2.インターネット専用フォーム

    〈販売〉
    お申込み制とさせていただき、受付期間終了後に、ご購入者が決定します。ひとつの作品に対し、複数の方が同じ作品をご希望された場合は、厳正な抽選によりおひとりの方を決めさせていただきます。

    〈抽選について〉
    インターネット受付期間終了後に行います。結果のお問い合わせはご遠慮ください。
    ご購入が確定した方には、8/11までにご連絡いたします。(残念ながらご購入いただけなかった場合はご連絡いたしません。ご了承ください。)

    〈作品のお引き渡し〉
    すべて9/1〜とさせていただきます。
    新潟絵屋でお渡し、または発送となります。

    〈通信販売〉
    会期中にお申し込みがなかった作品は、8/15[土]から新潟絵屋の通信販売サイト「eyashop」にてお取り扱いがはじまり、先着順でお求めいただけます。(お渡しは9/1〜)


    同時期開催 井田英夫遺作展
    井田英夫遺作展 砂丘館

    7/15[水]―8/23[日]
    開館時間:9:00-21:00
    会場:砂丘館
    新潟市中央区西大畑町5218-1 tel.025-222-2676
    休館日:月曜日(ただし8/10開館)、7/28、8/11
    新潟の個人蔵作品を中心に代表作「音戸の夜」「布団」など約40点を展示。


    画集刊行計画のお知らせ


    7/1~新潟絵屋にて受付開始
    7/9〜インターネットにて受付開始


    関連記事

    2017年:井田英夫展、砂丘館 ギャラリートークの動画
    2018年:井田英夫 巡回支援展
    2019年:井田英夫展

    DUO 熊谷宗一・八木なぎさ

    8/2[日]―10[祝・月]

    Open eya

     幻想世界が広がりそう。はじめての二人展。

    熊谷宗一(くまがい むねかず)
    1962年神奈川県生まれ。86年東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業。88年東京芸術大学大学院修士課程修了。97年ウィーン応用美術大学ィーン卒業、Magister取得。個展は2007・09・11年GalleryARK、13年アトリエスズキ、18年光画廊などで発表。2000年以降、GalleryARKを中心に毎年企画展への参加多数。

    熊谷宗一「しののめの空 瑠璃の街」2020年 油彩・テンペラ 97.0×162.0cm

    八木なぎさ(やぎ なぎさ)
    1961年横浜市生まれ。個展は94年シロタ画廊(銀座)、97・99年三木ギャラリー(銀座)、2000年木の葉画廊(神田)、08・13・16・18年 NICHE GALLERY(銀座)、12・14年新潟絵屋など。97年トリエンナーレ97’(ポーランド)、04年 「日本の版画展」(グラバド国際美術館/アルゼンチン)、「現代版画 技術と表現」(黒部市美術館/富山)、06年 「ART Shanghai2006」(上海)、07年 「15th International Triennial of Graphic Arts, Sofia」(ブルガリア)、10年 「今日の版画・10」(南魚沼市立今泉博物館/新潟)などに出品。

    八木なぎさ「scene2019-4」2019年 リトグラフ 34.5×102.0cm

    ▶ 八木なぎさ展 2019
    ▶ 八木なぎさ展 2016


    熊谷宗一
    熊谷宗一「子供のための社 I」鉛筆・水性絵具 44.0×33.3cm
    熊谷宗一
    熊谷宗一「子供のための社 II」鉛筆・水性絵具 44.0×33.3cm

    ギャラリー&ミュージアムマップ 2020.6/20~7/25

    展覧会を見に行こう!
    2008年創刊、毎月無料配布の展覧会情報紙です。

    新潟島とその周辺のギャラリー&ミュージアムマップ
    gallery & Museum Schedule 2020.06-07

    2020年6月20日(土)- 7月25日(土)

    ギャラリー&ミュージアムマップ 2020年6-7月号

    チラシのダウンロード(PDF)

    ギャラリー&ミュージアムマップ 2020年06-07月号

    チラシのダウンロード(PDF)

    本紙 配布場所のご案内

    中央区 aigallery、ニカイギャラリー、BOOKS f3STACK-BOARDアートギャラリー万代島ギャラリー長美堂、メディアシップ、Kaede Gallery/gallery 827・gallery827hickory03travelers蔵織コンチェルト・西堀ゆきわ、にいがた銀花医学町ビル新潟美術学園、あらきギャラリー、花きりん羊画廊、新潟絵屋、万代島美術館敦井美術館新潟市美術館砂丘館NSG美術館安吾風の館、篠田桃紅作品館、北方文化博物館新潟分館新津記念館あさひまち展示館旧齋藤家別邸旧小澤家住宅みなとぴあ知足美術館、新潟駅観光案内所、きさらぎギャラリー、なり、五徳屋十兵衛、クロスパル、シネ・ウインド、三宮商店、ナガイ画材、北書店、器、SWAN、パルム、涼蔵、ぽるとカーブドッチ、竹野、ノ縞屋、新潟県民会館、吉川酒店、新潟デザイン専門学校、市民活動支援センター、ホテル日航新潟、りゅーとぴあ、NHK文化センター、峰村醸造直売店、今代司酒造、新潟大学駅南キャンパスときめいと、絵画教室ウニアトリエ、新潟県立生涯学習推進センター、新潟NPO協会、栄楽亭、エフスタイル、日和山五合目、i media専門学校、アートホテル新潟

    北区 楓画廊てんゆう花、nico、ビュー福島潟、ARTギャラリーHAFU
    東区 巻菱湖時代記念館
    南区 SHIRONE PRESSO
    江南区 小さな美術館季、エムスタジオ、北方文化博物館
    秋葉区 やまぼうし三方舎VUCA新潟市新津美術館
    西区 雪梁舎美術館ギャラリー潟道、こんぺいとう
    西蒲区 浜つばきギャラリー野衣、いわむろや

    新発田市 清水園草舟(菅谷)  
    村上市 Toi陶房(瀬波温泉)
    柏崎市 游文舎gallery tanne(谷根)
    長岡市 たびのそら屋県立近代美術館、長岡造形大
    見附市 ギャラリーみつけ
    燕市 燕市産業史料館、ツバメコーヒー  
    三条市 D+5 ART、三条ものづくり学校
    栃尾市 栃尾美術館
    弥彦村 弥彦の丘美術館