Shop Information 7月-8月

井田英夫遺作展 関連グッズ

井田英夫画集
井田英夫画集
A4サイズ/208頁/限定700部発行
収録作品:彩色画/スケッチ、素描
/小さい絵/新にいがた市紀行映像作品「井田英夫展」(2010より)
寄稿:荒井直美・近藤達雄・大倉宏
発行者:井田英夫画集刊行委員会
事務局:新潟絵屋
3,300円〈税込〉

句集「猫」
句集「猫」
田代草猫 著
文庫本サイズ/102頁
第二刷・増補版(2023年発行)
編集・装丁デザイン:dododo
表紙・イラストレーション:井田英夫
発行者:新潟絵屋
1,100円円〈税込〉

戸ちりめんせんべい
〈天仁庵〉音戸ちりめんせんべい
塩味 950円 /一味 982円 /山椒 982円〈各税込〉
〈天仁庵〉音戸ちりめんとかつおぶしのふりかけ
プレーン 1,155円 /青山椒 1,350円〈各税込〉
パッケージイラスト:井田英夫
〈HATSUME〉
村上市産 ナチュラルアロマスプレー 黒文字
30ml 1,320円 /100ml 3,300円〈各税込〉
パッケージイラスト:井田英夫


しんぞうさんのバッグとTシャツ

8/16[金]まで〈期間限定販売〉

しんぞうさんによる近年の絵や陶芸作品をプリントした個性的なグッズをご紹介します。展示室に隣接したショップスペースにもぜひお立ち寄りください。

しんぞう:1974年神奈川県生まれ、新潟市在住。武蔵野美術大学造形学部油絵科卒業。アクリル絵画の平面作品を中心に、近年は陶芸も制作。自分自身の内面を見つめることをテーマに、家族や日常を作品にしています。 www.sinzow.com

しんぞうさんのバッグ
バッグ
綿100% 32×25cm・マチ付
5,500円〈税込〉

しんぞうさんのTシャツ
Tシャツ
綿100% 男女兼用S・M・L・XL
5,500円〈税込〉

eyashop


「吉田淳治油彩展 生まれ出るもの」関連グッズ

エッセイ集『ゆらぐハコ/Trembling Box』

2019年10月から2020年9月まで愛媛新聞文化欄に連載した52編のコラムを一部加筆修正し書籍化。宇和島を拠点に作家活動を続けてきたこれまでや暮らしの中で見えてきたものなど。散歩の道すがら撮影したというモノクロ写真22点が彩りを添える。

吉田淳治

2022年/Gmagazine出版社/196頁

1,650円〈税込〉

吉田淳治 水彩画ポストカード

水彩画ポストカード12枚セット
2018年/発行:JY絵club

1,200円〈税込〉

eyashop


カテゴリー: SHOP

後藤裕子展

8/19[月]―9/1[日]

niigata eya exhibition 676

 後藤裕子の絵は、基礎トレーニングの礎あってのことかと思うけれど、平面的に見えながら、その実、立体的である。旧居の長岡はちょうど山地と平野の境目に位置して、そこから海や野や山に行って会う風景が生まれていた。長野に移ってからの近作では、以前はやや奥に隠れていた立体的性格が、ぐっと前面に出てきた。遠方の山はシルエットだが、近くの山は光のうつろいとともにゴツゴツした立体感を刻々とあらわす。画家の目がその生きた「立体」を深呼吸し、我が意を得たというように光りだしている。(企画者:大倉宏)

後藤裕子(ごとう ひろこ)
1951年東京都生まれ。父に画集を祖母に油絵具箱を贈られる環境で育つ。美大を経て油彩画を組成と技法から学び直そうと仏留学し、帰国後は子育てや介護等家庭の中で過ごす。夫の赴任地新潟県長岡市で病院や施設に風景画を飾る機会があり、スケッチと構成画制作を始めた。2019年~長野県に移り住む。

PHOTO(上):「五百歳の桜」2024年 油彩/紙 25×45.5cm

後藤裕子
PHOTO:「採石場」2024年 油彩/紙 32.5×45cm

後藤裕子


▶ 後藤裕子展 2020
▶ 後藤裕子展 2018

井田英夫遺作展 5

8/3[土]―16[金]

niigata eya exhibition 675

 展覧会のたびに、井田さんが温めていたものを発見する。最初は2018年の支援展のとき。作家に代わり絵を選び、写真で、出品していいもの、手元に置きたいものを確認した。出品しないことにした絵の1つに、ぞうきんの素描があった。その後、それがパステルや絵の具で描かれることはなかったが、どんな絵を温めていたのだろう。
 さて、今回は新潟にまつわる絵で構成することにした。「Iさんの背中」は絵屋で働く私が登場する絵だ。椅子の背もたれと背中との空間を描きたかったと、当時聞いた。(企画者:井上美雪・大倉宏)

井田英夫(いだ ひでお)
1975年旧新津市生まれ。97年新潟デザイン専門学校卒業。99年モンセラート美術大学卒業(米国)。2002年より新潟絵屋、05年ギャラリーEMU-st(新潟)、11年久留米市一番街多目的ギャラリー、12年三方舎書斎ギャラリー(新潟)、15年天仁庵(広島)で個展開催。 15年8月~20年4月広島県呉市音戸町に滞在。17年は新潟絵屋とギャラリーみつけ(新潟)で新作展、砂丘館で回顧展を開催。18年4月、新潟市の2会場で有志の企画による「井田英夫支援展」が開催される。19年新潟絵屋で個展開催。20年4月27日逝去。23年4月『井田英夫画集』発行(井田英夫画集刊行委員会)。

PHOTO(上):「小口神社」油彩/キャンバス 91×73cm

井田英夫
PHOTO:「Iさんの背中」2012年 パステル・オイルバー/キャンバス 74.0×56.2cm

井田英夫遺作展5


井田英夫画集
井田英夫画集
旧新津市(現新潟市秋葉区)出身の画家、井田英夫さん(1975-2020)の1999年~2020年までの約440点を掲載した画集です。

収録作品:彩色画/スケッチ、素描/小さい絵
新にいがた市紀行映像作品「井田英夫展」(2010より)
寄稿:荒井直美・近藤達雄・大倉宏
発行者:井田英夫画集刊行委員会/事務局:新潟絵屋
3,300円〈税込〉

取扱店
:新潟市 新潟絵屋/砂丘館北書店シネ・ウインド三方舎書斎ギャラリー
新潟県内 燕市・ツバメコーヒー/見附市ギャラリーみつけ/長岡市・たびのそら屋
広島県呉市音戸 天仁庵

句集『猫』 田代草猫 著
井田さんの作品を表紙・中頁に使った句集。第二刷・増補版を発行します。

句集『猫』

文庫本サイズ/102頁/初版2017年発行
発行者:認定特定非営利活動法人 新潟絵屋
編集・装丁デザイン:dododo
表紙・イラストレーション:井田英夫
1,100円〈税込〉

++++

HATSUME


HATSUME

村上市産 ナチュラルアロマスプレー 黒文字
新潟県関川村の黒文字の枝から蒸留して作ったエッセンシャルオイルと水のみで作ったアルコール不使用のスプレー。衣類に、空気のリフレッシュに。パッケージの絵を井田さんが描いています。
30ml 1,320円 / 100ml 3,300円 〈各税込〉

++++


関連記事
2023年:▶ 井田英夫 遺作展 4
2022年:▶ 井田英夫 遺作展 3
2021年:▶ 井田英夫 遺作展 2
2020年:▶ 井田英夫 遺作展——音戸の素描を中心に井田英夫遺作展@砂丘館
2019年:▶ 井田英夫展
2018年:▶ 井田英夫 巡回支援展
2017年:▶ 井田英夫展、砂丘館 ギャラリートークの動画
2016年:▶ 井田英夫展
2014年:▶ 井田英夫展
2012年:▶ 井田英夫展
2010年:▶ 井田英夫展
2009年:▶ 井田英夫展
2007年:▶ 井田英夫展
2006年:▶ 井田英夫展
2004年:▶ 井田英夫展
2002年:▶ 井田英夫展