伊津野雄二 彫刻展

6月17日sun―30日sat

vol.555

  伊津野雄二の彫刻展は数えると6回目。

 伊津野の女性像は、私たちの時代の「母」の像ではないかと近年思い始めた。かつて、女が母になることは、少女であること、女であることを断念することを意味していた—少なくとも、そう要請する社会の無言の規範があった。伊津野の女性像は自らその枠を、殻を破り、少女であることと女であることを、そのたくましい腕で抱きしめながら母になった人という気がするのである。

 昨年の梅野記念絵画館(長野県)での回顧的展示では、そのイメージが早くから完成形に近い姿で彫刻家の鑿(のみ)の下に現れていたこと、それでも時代を追って微妙な変化を見せてきたことを教えてくれた。ことに2010年代以降になると、その母の表情、肢体に、えも言えぬ苦悩の影のようなものが掠めだす。時代の規範を脱ぎ捨てた人が、けれど時代の苦悩を、自らの感情の底で受け止め揺れているのだった。

 この母の像の美しさは、そんな感受性の深みから湧いてくるのだ。 (企画 大倉 宏)

伊津野雄二

伊津野雄二(いづの ゆうじ)
1948年兵庫県生まれ。69年愛知県立芸術大学美術学部彫刻科中退。75年知多工房設立。木彫、家具木工芸を手がける。名古屋画廊(名古屋)、ギャラリー椿(京橋)、ギャラリー島田(神戸)、新潟絵屋で個展開催。作品集に『伊津野雄二作品集 光の井戸』(2013年 芸術新聞社)がある。

伊津野雄二

伊津野雄二

PHOTO(上から):「風の砦 2017」 2016-17年 松 107×28×24cm
「春の書物」2017年 楠 50×12×15cm
「風の音に<オリーブ>」 2017年 ヒメコマツ 27×14×14cm
「木陰の人々 2」2017-18年 楠 24×15×14cm


関連イベント

伊津野雄二 彫刻展 巡回展

7/20[金]―8/12[日]
10:00―22:00(入館受付21:30まで)
ギャラリーみつけ 展示室1・2(1階)
見附市昭和町2-4-1 TEL.0258-84-7755
www.gallery-mitsuke.com

上原木呂展

1/17[木]―30[水]

◎1/26[木]14:00―パフォーマンス開催急遽決定!

niigata eya exhibition 566

エチゴビールをはじめた頃の上原木呂さんは、とてもスマートな、颯爽とした感じがあった。もっとも、そう感じたのはこちらの方で、木呂さん自身の中には、もっと土俗的で、すさぶる力が、当時からうごめいていたのだろう。社会的な役割を離れ、表現行為に没頭するようになった上原木呂が、近年生み出し続けるものは、チミー(魑魅)一族にせよ、rabbi一族にせよ、南無観世音にせよ、こんにゃく絵画や畳フロッタージュにせよ、やぶれかぶれの剛力ともいうべきものが炸裂する感がある。旧巻町に残る「のぞきからくり」のあるべき保存の形を語る熱い言葉を聞いたとき、その淵源は、きっとこの人の幼少年期にあるのではないかと思った。西洋のシュルレアリスムに触れ、新たな青年期の火を得、実業の世界を抜けて、いま人生のすべての時期が、ひとつに溶け、炎上している。 (企画・大倉宏)

上原木呂(うえはら きろ)
1948年巻町(現・新潟市西蒲区)生まれ。美術家、パフォーマー。69年東京芸大を中退。美学校博物細密画工房で立石鐵臣に師事。瀧口修造と知り合い強い影響を受ける。限定小冊子の制作、野外のハプニング等の活動の後、イタリアに渡り古典道化演技を学び、俳優、演出家として20ヶ国、300公演に関わる。88年帰国。作品制作は多産で多彩な展開。大きく分類して「水墨抽象」「色彩抽象」「キャンディ・ポップ」「シュルレアリスム」がある。https://uehara-kiro.jimdo.com

上原木呂

PHOTO(上): 「時の化石」
PHOTO(下): 「無題」「日課仏」「チミー一族」


関連イベント

上原木呂パフォーマンス
「音なひ」
紙による音と造形

26[土]14:00-

無料/予約不要 
パフォーマンス中も展示作品は見ていただけます。
◆会場:新潟絵屋展示室

Open eya 

会場の貸し出し利用をお受けいたします
個展・イベント等にご活用ください

openeya

個展の開催をサポートします

画廊での「個展」を「学ぶ」場に

新潟絵屋の空間で個展を行う美術家の方々のご希望に応じて、画廊での個展やグループ展開催のサポートを致します。
初めて個展をされる方、個展経験の少ない方に、画廊という場所の特性をお伝えするとともに、展示作品の選択、販売価格の設定、案内状の作成、会場構成、実際の展示作業などについて、経験ある担当者が全般的にサポートします。

すでに発表経験を積んだ美術家の方にも、ご希望に応じて、サポートをさせていただきます。
グループ展の場合も、同様のサポートが可能です。
サポートは無料です。
P5011794

Open eya

[基本会期]

展覧会:毎月2日〜10日(会期9日間 展示は1日)
イベント:毎月11〜15日

[個展・グループ展のご利用]

毎月1日〜10日
◯10日間単位でのご利用とし、
◯1日は展示作業日とさせていただきます。
◯開廊時間は11:00~18:00です。ただし展示最終日は展示は17:00までとし、当日中に撤収作業を行ってください。

[会場使用料]

10,000円+税/日
◯ご利用日前日までにご清算をお願いしております。
◯学生割引 展覧会開催時、学生である方、またはグループのメンバーの1名以上が学生である場合は9,000円+税/日とします。

[詳細]

◯会期中は新潟絵屋のスタッフが常駐し、会場準備(展示作業など)もスタッフがご協力します。
◯展示を希望される場合は作品を事前に見せていただき、担当者がご相談させていただきながら、展示のイメージ等を話し合います。
◯作品販売は、新潟絵屋のスタッフが担当します。販売手数料は美術作品の場合30%、関連する商品の場合20%です。
◯広報については、新潟絵屋の広報紙やホームページでご協力します。案内状DMなどを制作される場合、新潟絵屋のデザイン部門dododoにもご相談いただけます。
◯作品を送付で搬入・搬出する場合、搬入搬出共発表者でご負担いただいております。
◯案内状は毎月発送される絵屋便に同封します(送付数は約500)。
◯展覧会会期中の催しをお考えの場合、会期中は18:00以降、21:00まで延長ご利用も可能です。その場合は、1時間@2,000円(税込)をご負担いただいております。
◯ご利用の相談は常時承ります。
openeya

[イベント等の場合]

毎月11日〜15日の期間
◯ご利用時間は12:00〜18:00を原則とし、18:00まで延長可能
◯1時間@1,500円(税込) 3時間以上からご利用いただけます。(搬入搬出含)
◯18:00〜21:00は1時間2,000円(税込)となります。

[2019年]

◆ 1月 イベント可能11・12・13・14・15日空き 
◆ 2月 展覧会 20〜28日空き
◆ 3月 展覧会 2〜10日予約 イベント可能11・12・13・14・15日空き 
◆ 4月 展覧会 2〜10日空き イベント可能11・12・13・14・15日空き 
◆ 5月 展覧会 2〜10日空き イベント可能11・12・13・14・15日空き
◆ 6月 展覧会 2〜10日空き イベント可能11・12・13・14・15日空き 
◆ 7月 展覧会 2〜10日空き イベント可能11・12・13・14・15日空き
◆ 8月 展覧会 2〜10日空き イベント可能11・12・13・14・15日空き
◆ 9月 展覧会 2〜10日空き イベント可能11・12・13・14・15日空き 
◆10月 展覧会 2〜10日空き イベント可能11・12・13・14・15日空き 
◆11月 展覧会 2〜10日空き イベント可能11・12・13・14・15日空き
◆12月 展覧会 2〜10日空き イベント可能11・12・13・14・15日空き

担当:井上美雪
025-222-6888
info@niigata-eya.jp

P5011785
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

池田 早季恵 「陶と苔展」

5月22日sun―30日mon

作家在廊予定日:5/22~30

vol.494

陶と苔展、タイトルからしてコラボレーションの体が想像できる今回。フットワークの軽い池田さんはここのところ様々な場所様々な人に接し、そこで起こる化学反応を楽しんでいる。歴史的建造物に自らの作品をリンクさせたり、新潟のまちの魅力や歴史を作品として作り上げたり、テーマや表現方法に様々な要素を取り入れている。コラボレーションというと互いの個性が鎬を削り緊張高まる化学反応を想像する方も少なくはないだろうが、今回のコラボ作品はむしろ「ほっこり」。陶と苔、共に土が共通だから一緒に丸めると予定調和になりそうなところだが、そうはならないところが池田さんの持ち味。卓上に置いて眺めていると、こころがゆるんでくる、そんな作品と巡り会える今回の個展。ほっこりほっこりのコラボレーションをどうぞお楽しみに。
(企画 伊藤純一)

池田早季恵(いけだ さきえ)
1980年生まれ。2002年新潟大学工学部卒業後、陶芸家の父・池田脩二に師事。04年石膏型による作陶を始める。06年佐渡博物館「佐渡のやきもの展」出品。08年イカラカラ(新潟市)にて器展、新潟絵屋では10年「陶の動物展」・12年「陶の縁起物展」、13年蔵織(新潟市)「陶雛展」開催。
http://www.jyounangama.info

盆栽 角谷絵里子 (かどや えりこ)
1980年生まれ。2011年盆栽木木として活動を始める。12年阿賀野町の山荘にて「森の中のふたり展」(陶はナナカマド・後藤奈々)、15年「MASUMOSS」の盆栽デザイナーとしてプロジェクトに参加。
http://www.bonsai-kiki.com