横山蒼鳳の書

The Calligraphy of Soho Yokoyama

niigata eya exhibition 669

4/17[水]― 5/6[月祝]
砂丘館同時期開催!

 横山蒼鳳の書を見ていると書は声だなぁと思う。同じ言葉でも、言い方や口調や、声によって、印象のみならず意味まで変わることがある。 書の魅力を筆線の勢いや巧みさなどで説明することもあるが、それは言い方や口調の説明に似ている。一方声というものはなかなか説明ができない。そういう説明の難しい魅力が蒼鳳の一見分かりやすい言葉(書)にはある。 ときに強い口調で、大上段に語ることもある言葉が、そんな声の魔法で決してとげとげしくならない。共感する者には深い奥行きを感じさせ、反発する人にもおやっと耳を傾けさせる。書は、書の声はなんとも面白い。(企画者:大倉 宏)

More than 20 years ago, I worked with Mr. Soho Yokoyama on a series of newspaper articles, and we collaborated with each other in advocating for the preservation of several old buildings and on designs of planned buildings, albeit from different perspectives. Mr. Soho had once curated an exhibition at Niigata Eya. It is a curious coincidence that I am planning Mr. Soho’s solo exhibition 12 years after his death. I wrote about the background of the exhibition in the flyer for his other show, which is being held simultaneously at Sakyukan. I would like to add that I had a strong impression that Mr. Soho’s calligraphy was “words” spoken by an individual to another individual, rather than static work of art. I had believed that exhibitions are different from common rooms or council chambers, so probably I have changed. In this park-like room where nostalgic voices and words flit about like chirping birds, I would like to remember Mr. Soho, whose death anniversary falls during the exhibition period. (Exhibition Planner: Hiroshi Okura)

横山蒼鳳の書
PHOTO:「桃栗三年」墨/紙30.050.0㎝

横山蒼鳳(よこやま そうほう)
本名 横山 廣
1934年新潟県下田村(現三条市)生まれ。三条高校卒業。高校時代は江川蒼竹に師事し、青年期は會津八一の薫陶を受け、後年桑原翠邦に益を受ける。63年書壇院展内閣総理大臣賞受賞。 81年~専業書家。朝日新聞新潟版土曜コラム「書一輪」を10年、新潟日報連載「越佐の埋み火」13回執筆。著書に『書一輪』『医者の知事・君健男』『自由が宝生む 書の自由学校から』『篆刻僧 乙川大愚』『出杭人生』『私の書いた言葉たち』等。やすづか自由学園、新潟朝鮮初中級学校、書の自由学園講師を務める。2012年4月29日永眠。

Soho Yokoyama
Real name: Hiroshi Yokoyama
Born in Shimoda Village (currently Sanjo City), Niigata Prefecture in 1934. Graduated from Sanjo High School.
Worked at Niigata Prefectural Sanjo Tuberculosis Hospital and at Niigata Cancer Center in Niigata Hospital for 25 years.
Established Niigata Medical Co-op (Kido Hospital) and became its executive director.
Executive Director of Ashinuma-kai Social Welfare Corporation, founded Ashinuma-So, a special care home.
He had consistently practiced calligraphy and became a full-time calligrapher in 1981.
Studied under Sochiku Egawa in high school.
In his youth, he was trained by Yaishi Aizu, and in later years, he received the benefit of Suiho Kuwahara’s guidance.
In 1963, he received the Prime Minister’s (Hayato Ikeda) Prize at the Shodan-in Exhibition.
Wrote the Saturday column “Sho Ichirin” in the Niigata edition of the Asahi Shimbun newspaper for ten years.
Wrote “Essa no Uzumibi” for Niigata Nippo newspaper 13 times.
Author of “Sho Ichirin”, “Takeo Kimi, Governor of Doctors”, “Jiyu ga Takara Umu Syono Jiyu Gakko kara”, “Tenkoku So Daigu Otogawa”, “Shukkou Jinsei”, “Watashi no Kaita Kotoba tachi” and other works.
He was a curatorial advisor to the Aizu Yaichi Memorial Foundation, a director of the Shodan-in Foundation, and a guest member of the Shosokai.
Lecturer at Yasuzuka Jiyu Gakuen, Niigata Korean Elementary School, and Sho no Jiyu Gakuen.
He passed away on April 29, 2012.

横山蒼鳳の書
PHOTO:「春は冬のなかで」墨/紙55.045.0㎝

横山蒼鳳の書
PHOTO:「生命無限」制作年不詳 墨/紙 33.5×44.6cm

横山蒼鳳の書
PHOTO:「生れながらにしてひとはひとだが ひとのたからはひとなることもたしかなり」制作年不詳 墨/紙 61.5×31.6cm


同時開催

横山蒼鳳さんの書いたことば

4/10[水]― 5/6[月祝]
会場:砂丘館(新潟市中央区西大畑町5218-1)
〈観覧無料〉
開館時間:9:00 ― 21:00
休館日:4/15.22.30

横山蒼鳳さんの書いたことば

ギャラリートーク「父と語る」

4/21[日]14:00―15:30
横山 純(横山蒼鳳三女)・聞き手:大倉 宏
参加費500円/定員40名/申込受付3/20~
砂丘館へtel、fax、メールにてお申込ください。
砂丘館:新潟市中央区西大畑町5218-1
tel&fax.025-222-2676
申込専用メール: yoyaku@bz04.plala.or.jp

横山蒼鳳さんの書いたことば展

yokoyamasoho
yokoyamasoho
yokoyamasoho
砂丘館・横山蒼鳳展フライヤーpdf

後藤 充 展 色見本-階層

Mitsuru Goto exhibition “Color Sample – Layer”

4/2[火]―15[月]

niigata eya exhibition 668

作家在廊予定:会期中毎日午後(4/8不在)

 後藤充は長年、同時代の尖鋭な表現者たちの展示写真を撮ってきた。 そうしてなじんだ写真に、絵の具を塗り重ねた平面抽象を試み始めたのを目にして、思った。絵のように見えることがあるとしても、写真はやはり絵ではない。でも、絵という新しいペダルを踏むための補助輪として写真が役立つこともあるかも知れないと。 そんなときサドル上の人に多くの声掛けは不要である。 見ていると、やがて、彼は補助輪なしで絵をこぎ(描き)だしていた。ゆらついたり、倒れかけたりもするけれど、だんだん調子が出てきた。
 こんなときは個展という場に思いきってこぎ出て、いろんな目の、通りや路地を曲がり、交差点を越え、休む木陰を見つけたりするといい。(企画者:大倉 宏)

Mitsuru Goto has been taking exhibition photographs of the finest expressionists of his time for many years. I saw that he had begun experimenting with two-dimensional abstraction by applying layers of paint to the photographs he had become so accustomed to. I thought that even though it may look like a painting, a photograph is still not a painting. However, the photograph might be a useful auxiliary wheel for stepping onto a new vehicle called painting. In such a case, it is not necessary to call out much to the person in the saddle. As I watched, he soon began to pedal (paint) his picture without the aid of an auxiliary wheel. He was wobbling and almost falling over, but he was gradually getting into the swing of things.
At times like this, it is good to venture out into the place of a solo exhibition, and be viewed by various people’s eyes, to turn down various streets and alleys in them, cross intersections, and find the shade of a tree to rest. (Exhibition Planner: Hiroshi Okura)

後藤充(ごとう みつる)
1960年新潟市生まれ。84年ヨーゼフ・ボイスが来日した際、東京藝術大学で行った300人との公開対話集会で実行委員長をつとめる。田中一光デザイン室、武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科研究室、中西夏之アトリエに在籍。83年ギャラリー檜で初個展。以後、銀座スルガ台画廊、巷房、ぎゃらりー由芽、クラインブルー、ギャラリーなつか(東京)、パートナーズ PLAZA、游文舎(新潟)で個展。2005年トラーべ・アー卜・フェスティバル/郊外の元牛小屋(ドイツ)、09・12年フリー・アート展(彦坂尚嘉アトリエ/神奈川)等に出品。

Mitsuru Goto
Born in Niigata City in 1960. Goto was the chairman of the organizing committee for the public dialogue meeting with 300 people held at Tokyo University of the Arts during Joseph Beuys’ visit to Japan in 1984. He was a member of Ikko Tanaka Design Office, Visual Communication Design Laboratory of Musashino Art University, and NATSUYUKI NAKANISHI Atelier. First solo exhibition at Gallery Hinoki in 1983.Since then, he has had solo exhibitions at Ginza Surugadai Gallery, Gallery Kobo, Gallery Yume, Kurainbru, Gallery Natsuka (Tokyo), Partners Plaza, and Yubunsha (Niigata), etc. He participated in the Trave Art Festival in 2005/a former cow shed outside (Germany), and the Free Art Exhibition in 2009 and 2012 at the Naoyoshi Hikosaka Atelier (Kanagawa), and others.

PHOTO(上):「色見本-階層」2023年 アクリル・油彩/キャンバス 54×46cm

後藤充
PHOTO:「色見本-表面性」2023年 アクリル・油彩・研磨材/板 61×45cm

後藤充
PHOTO:「色見本-階層」2023年 アクリル・油彩/キャンバス 41.0 × 32.0cm


田中秀美 展 ~妖精(花)たちのささやき~

~妖精(花)たちのささやき~
5/16[木]― 29[水]
作家在廊日:5/16、18、25、26、29(予定)
niigata eya exhibition 670

 作品展のたびに力をつけている画家田中秀美。打ち合わせに伺った折、自宅裏の堤防の桜並木が目に留まった。きっと見事な桜が咲くのだろう。歴史ある静かな町長岡市与板の自然に恵まれ、植物を好きなように育てられる環境に日々感謝しながら描き続けているという。彼女が育てた花々が鉢植えされ、今年も季節ごとに「私を描いてちょうだい」と声を掛けてくることだろう。花に向き合う姿勢は丁寧で優しい。自然や植物に接する姿は作家自身の生き方だと思う。太神楽椿、イエローポンポンネット(チューリップ)、クリスマスローズなど約20点を展示する。〈企画者:横木裕子〉

田中秀美(たなか ひでみ)
長岡市生まれ。2000年頃から自己流に描きはじめる。新潟絵屋では2005年と07年に銅版画の個展を開催。その他、ギャラリー沙蔵、たびのそら屋(長岡市)、今井美術館(見附市)、ギャラリーやまぼうし、二代目アートサロン環(新潟市)などで個展。長岡市美術協会会員。市展入賞 4 回、芸展入賞。 植物を丹念に観察することにより、心の中に滲み出てくる何か、を表現できる楽しさを大切に創作を続ける。長岡市与板在住。ブログ「つるつるにんじんの豆絵画館」ameblo.jp/douganebuibui9

PHOTO(上): 作品「太神楽椿」2023年 岩絵具・水干絵具・アクリル/紙 28.0×40.0㎝

イエローポンポンネット
PHOTO: 作品「イエローポンポンネット」2021年 水干絵具/紙 38.0×26.2cm

田中秀美
PHOTO: 作品「ウィンターキャロル」2023年 26×38.2cm


▶ 2005年「田中秀美 銅版画展」
▶ 2007年「田中秀美 銅版画展」

ギャラリー&ミュージアムマップ 2024.3/20~4/25

展覧会を見に行こう!
2008年創刊、毎月無料配布の展覧会情報紙です。

新潟島とその周辺のギャラリー&ミュージアムマップ
Gallery & Museum Schedule 2024.03-04

2024年3月20日(水)- 4月25日(木)

ギャラリー&ミュージアムマップ 2024年3月-4月号

チラシのダウンロード(PDF)

ギャラリー&ミュージアムマップ 2024年3月-3月号


チラシのダウンロード(PDF)

本紙 配布場所のご案内

中央区 aigallery、ニカイギャラリー、STACK-BOARDアートギャラリー万代島ギャラリー長美堂、メディアシップ、hickory03travelers蔵織コンチェルト・西堀ゆきわ、にいがた銀花医学町ビル、医学町画廊、 新潟美術学園、あらきギャラリー、羊画廊、新潟絵屋、万代島美術館敦井美術館新潟市美術館砂丘館NSG美術館ゆいぽーと、篠田桃紅作品館、北方文化博物館新潟分館あさひまち展示館旧齋藤家別邸旧小澤家住宅みなとぴあ知足美術館、新潟駅観光案内所、なり、五徳屋十兵衛、クロスパル、シネ・ウインド、三宮商店、ナガイ画材、器、SWAN、パルム、涼蔵、竹野、ノ縞屋、新潟県民会館、新潟デザイン専門学校、市民活動支援センター、ホテル日航新潟、りゅーとぴあ、NHK文化センター、峰村醸造直売店、今代司酒造、新潟大学駅南キャンパスときめいと、絵画教室ウニアトリエ、新潟県立生涯学習推進センター、栄楽亭、エフスタイル、i media専門学校、アートホテル新潟、北書店

北区 楓画廊てんゆう花、nico、ビュー福島潟、ARTギャラリーHAFU
東区 She is、巻菱湖時代記念館、フォトスタジオHOX
南区 SHIRONE PRESSO
江南区 小さな美術館季、エムスタジオ、北方文化博物館
秋葉区 やまぼうし三方舎新潟市新津美術館
西区 雪梁舎美術館ギャラリー潟道
西蒲区 浜つばきギャラリー野衣、いわむろや

新発田市 清水園
胎内市 胎内市美術館
村上市 Toi陶房(瀬波温泉)
柏崎市 游文舎gallery tanne(谷根)グルグルハウス高柳
長岡市 たびのそら屋県立近代美術館、長岡造形大、栃尾美術館
見附市 ギャラリーみつけ
燕市 燕市産業史料館gallery SAI、ツバメコーヒー
三条市 D+5 ART、三条ものづくり学校
栃尾市 栃尾美術館
弥彦村 弥彦の丘美術館

沢村澄子展 この世の星

3/16[土]―31[日]
ギャラリーみつけ同時期開催!

作家在廊 3/30新潟絵屋(14:00頃到着予定-18:00)、3/30ギャラリーみつけ(10:00―16:00)

niigata eya exhibition 667

 歌人馬場あき子の日常を撮ったドキュメンタリーを観た。「良い短歌とは?」の問いかけに、「現前が感じられるもの」と答えたのが心に残る。沢村澄子の書にその現前を感じた。―現前―それは目の前にある事。起こったことの意だが、その瞬間を受け止め表現する者の経験や思いが込められてこそ、の現前である。沢村が奔らせた墨跡に、彼女の息使い、心の有り様が煌めく。宇宙(あめ)の星に比べれば、地の花も我々の生も儚いものでしかないが、その生の輝きが、儚くとも明日へと導く光が、墨の宇宙から降り注ぐ。(企画者:田代早苗)
 I watched a documentary on the daily life of the poet Akiko Baba. When she was asked, “What is a good tanka poem?,” she answered, “It is something that you can feel the Genzen of;” that left me with a deep impression. I felt this Genzen in Sumiko Sawamura’s calligraphy. Genzen is something that is right in front of you or that has just happened; but it only emerges when the one who accepts each occurrence then pours these experiences and thoughts into the work. In Sawamura’s ink that gushed from her, Sawamura’s breath and the state of mind sparkle. Compared to the stars of the universe, the flowers of the earth and our lives are fleeting; but the brightness of our lives, the light that leads us to tomorrow, even if transient, is pouring down from the universe of ink. (Exhibition Planner: Sanae Tashiro)

沢村澄子(さわむら すみこ)
1962年大阪市生まれ。新潟大学教育学部特設書道科在学中から作品発表を開始。最近の主な展覧会は、2021年「沢村澄子 時の花」(すみだ北斎美術館MARUGEN100)、22年「宮沢賢治ー沢村澄子 現象的書展」(宮沢賢治イーハトーブ館)、23年「書のよろこび 沢村澄子展」(石神の丘美術館)等。野外展、ワークショップやパフォーマンス、他ジャンルとのコラボレーション等精力的に活動する。2023年令和4年度芸術選奨美術部門文部科学大臣賞、2024年第14回手島右卿賞受賞。書を「書くこと(Writing)」と定義。「描かないこと(Not drawing)」で自作と絵画を分別する。www.sawamura-sumiko.work

Sumiko Sawamura
Born in Osaka in 1962. Began presenting her works while a student at Niigata University’s Faculty of Education, Department of Special Calligraphy. Recent major exhibitions include “Sumiko Sawamura: Flower of Time” at Sumida Hokusai Museum MARUGEN1008 (Tokyo) in 2021, “Kenji Miyazawa – Sumiko Sawamura Phenomenal Calligraphy Exhibition” at Kenji Miyazawa Ihatove Hall (Hanamaki, Iwate) in 2010, and “Joy of Calligraphy: Sumiko Sawamura Exhibition” at Ishigami Museum of Art (Hanamaki, Iwate) in 2011. She is active in outdoor exhibitions, workshops, performances, and collaborations with other genres. She received the 2022 Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology Award in the Fine Arts Division of the Art Encouragement Prize. She defines calligraphy as “Writing”; separates her own works from paintings by “Not drawing.” www.sawamura-sumiko.work

PHOTO(上):「山川草木」

「けふこずば  明日は散りなむ  梅の花(良寛)」 2023年  墨/紙(軸装)
PHOTO:「けふこずば 明日は散りなむ 梅の花(良寛)」2023年 墨/紙(軸装)

沢村澄子展 この世の星
PHOTO:「闇の夜も 又おもしろや 水の星(上島鬼貫)」墨/紙

「書く!みる!考える!書の楽しみ」
PHOTO:「山川草木」2024年 墨/紙 45.0 × 45.0㎝


新潟絵屋の展示風景をご覧いただけます。
動画提供:新潟県書道協会


沢村澄子展 関連企画

同時期開催 

沢村澄子展 宙(そら)と書と
3/15[金]-31[日]

会場:ギャラリーみつけ(見附市昭和町2-4-1/10:00〜21:00*入館受付20:30)
3/16[土]14:00-15:00 
作家によるギャラリートーク
@ギャラリーみつけ
ギャラリーみつけへお申し込みください。(無事終了しました)
tel.0258-84-7755 
沢村澄子
沢村澄子


ギャラリーみつけの会場の様子


ワークショップ「書く!みる!考える!書の楽しみ」
3/17[日]
18:30~20:00 講師:沢村澄子

書を書く、見る、考える。みんなで一緒に書を楽しむワークショップです。書きたい人も、見たいだけでも、書に興味があれば是非!

会場:ゆいぽーと(新潟市中央区二葉町2-5932-7)1F 
対象:年齢やキャリアは問いません。どなたでもどうぞ。
参加料:3,000円 定員:20名
要申込:新潟絵屋へメール等でお申し込みください。
(無事終了しました)
info@niigata-eya.jp
tel.025-222-6888



PHOTO:「12345678910」2023年 墨/紙 17.0 × 17.0㎝


▶ 書 沢村澄子 -うたう-

八木なぎさ展

3/1[金]― 14[木]

niigata eya exhibition 666
作家在廊日:3/1・2・3・13・14(予定)

 合わせ鏡的な構成の八木なぎさの以前の版画を、さまざまな力が互いに押し(引き)合い、はりつめて生まれた静止空間に見えると以前に書いた。水鳥を憩わせる冬の水面が、季節のうつろいとともにぬるみ、暖かい風に吹かれて揺れだしたような解放感を新しい作品群に感じ、おどろいた。 生き生きした手書き楽譜か、韻律の美しい詩集のページを開くような、部分ではなく全体のやわらかい胎動。春の候鳥や草や木々が、小声で歌い出したかのように、モノクロームの画面にほのかな色が浮かんできた。絵に訪れた春のきざしを、3月の絵屋で静かに体験したい。(企画者:大倉宏)

I have written in the past about Yagi Nagisa’s previous prints, which have a mirror-like composition, that look like a still space created by various strained forces pushing against (or pulling) each other. I was surprised to find in her new works a sense of freedom, as if the surface of winter water, where waterfowl rest, had become tepid with the changing of the seasons and began to ripple in the warm breeze. It was like opening the pages of a lively handwritten score or a beautifully rhymed book of poems, the soft movement of the whole, rather than its parts. It is if the birds, grass, and trees in the springtime began to sing in a whisper, a hint of color floated across the black-and-white screen. I would like to quietly experience the signs of spring that will come as the paintings at the gallery in March. (Exhibition Planner: Hiroshi Okura)


PHOTO:「fragment 2022-1」2022年 リトグラフ 53.0×41.0cm

八木なぎさ(やぎ なぎさ)
1961年横浜市生まれ。個展は94年シロタ画廊(銀座)、97・99年三木ギャラリー(銀座)、2000年木の葉画廊(神田)、08・13・16・18・22年 NICHE GALLERY(銀座)、12・14・16・19年新潟絵屋など。2015年現代日本版画展国立ドゥブロニック現代美術館(クロアチア)、2016年日中現代版画交流展2016‒深圳 深圳版画博物館(中国)、2019年「表象の冒険:抽象のミュトロギュア」[谷川渥プロジェクト]ギャラリー鴻(東京)、2022年コレクション展 「夢のつづき、物語のはじまり」黒部市美術館(富山)などに出品。

Nagisa Yagi
Born in Yokohama in 1961. Solo exhibitions included Shirota Gallery (Ginza/Tokyo) in 1994, Miki Gallery (Ginza/Tokyo) in 1997 and 1999, Galerie Konoha (Kanda/Tokyo) in 2000, NICHE GALLERY (Ginza/Tokyo) in 2008, 2013, 2016, 2018, and 2022, and Niigata Eya in 2012, 2014, 2016, and 2019. Her works were presented in the 2015 Contemporary Japanese Graphic Art Exhibition at the Museum of Modern Art Dubrovnik (Croatia), in the 2016 Japan-China Contemporary Printmaking Exchange Exhibition-Shenzhen at China Printmaking Museum, in 2019 at the “Adventures of Surface/Mythology of Abstraction” [Atsushi Tanigawa Project] at Gallery Kounotori (Tokyo), in 2022 at the Collection Exhibition “Continuation of Dream, Beginning of Story” Kurobe City Art Museum (Toyama), et al.

八木なぎさ展
PHOTO:「fragment 2020-12」 2020年 リトグラフ50.0×65.0cm


▶ DUO 熊谷宗一・八木なぎさ展
▶ 八木なぎさ展 2019

▶ 八木なぎさ展 2016

▶ 八木なぎさ展 2014

▶ 八木なぎさ展 2012