Report 蓮池もも展ギャラリートークを開催

6月17日夜、蓮池もも展ギャラリートークを開催。お話のテーマは「動物」に。このひとときだけ、旧作の「けもの」をイーゼルに立てました。中盤では作詞・谷川雁、作曲・新実徳英の「卒業」を流しました。二番の歌詞に「なぜけもののわかさはつらいのか」とあります。若さや変化についての話題へと展開しました。国際映像メディア専門学校で演技を学ぶ学生グループや様々な年代の方にご参加いただいたギャラリートークでした。

トレド+吉田淳治

8月1日tue ― 31日sun

会場:オーダーカーテンと家具の専門店 トレド

 洗練されたデザインのトレドショールームに、吉田淳治の美しく深みのある水彩画をプラスしたら・・・どんなに素敵なことやら!

吉田淳治 (よしだ じゅんじ)
1951年愛媛県宇和島市生まれ。1970~76年東京、以後は宇和島で制作。
http://junji-yoshida.webhop.info/
*2017年6月2日~10日 「吉田淳治 水彩展 WII」(会場:新潟絵屋)出品作品の一部が巡回します。

PHOTO: 「WII-147」2017年 水彩/紙

photo_shop_appearance_01オーダーカーテンと家具の専門店 トレド
新潟市中央区万代3丁目5-36
tel. 025-255-5502
Open 10:30~19:00
Close 水曜日、8.13~16

トレド ホームページ

おかえり展

8月22日tue ― 30日wed

vol.534

 新潟絵屋の展示室は約6坪。
 けれど、そうした数字では計れない広さがあると、教えてくれたのは、並べられてきた絵や、各種の作品たちだった。
 作品という光に照らされ、その都度、同じ部屋が、違う場所に変容する。その度合いは、いつも劇的だった。
 和紙を貼った板壁、土壁、しっくい、格子戸。多様な壁面と自然光が一部差し込む室内は、ホワイトキューブとも、普通の家ともちがう空間。あいまいという豊かな襞が、照らされる光の質や角度で、新しい陰影をあらわすのだった。
 「おかえり展」は、ここに一度展示され、購入者の元へ巣立っていった作品たちに、古巣に帰ってきてもらい、晩夏の一時を過ごしてもらおうという企画。出品料は、展覧会の開催経費の一部となにとぞご了解いただき、もういちど作品を、新潟絵屋展示室でながめる時間を楽しんでいただければと思う。お申込は直前まで受け付けています。
 そして、展示作業という魅惑的な時間も、ぜひ一緒に体験してください。会期中には絵について、楽しく語り合い、考える催しも企画しています。
(大倉宏)

※出品お申し込みは新潟絵屋へ。
出品料3,000円/作品搬入受付期間: 8.2~13/先着30点
募集ページ
※ 展示作業: 8.20[日]  10:00~17:00
出品者は参加できます。見学はどなたも可。
※ 関連イベント 「おかえり展おでかけ篇」(8/23夜)もあります。

新潟絵屋 内観

PHOTO: 新潟絵屋 内観


関連イベント
絵をめぐるあれこれ
案内人:大倉宏/500円 (出品者無料)
8.22[火] 19:00〜20:30 その1. 絵について話しましょう
8.29[火] 19:00〜20:30 その2. 絵の裏側 一枚の絵を額装し飾るまで


おかえり展おでかけ篇
俳句講座 「みんな違って、みんなヘン」
8/23[水] 19:00~20:30
会場: 田代家 (上大川前通4番町)
参加料 2,000円/要申込 (新潟絵屋へ info@niigata-eya.jp)

田代草猫を案内人に俳句の魅力を聞き、時節の句を詠むひととき。絵屋から田代家へと旅立っていった作品でお部屋をしつらえます。
担当:井上美雪

カルメン・ラ・グリエガ展

私の指は、亡霊(ゴースト)たちのコーラス

8月2日wed ― 13日sun

vol.533 作家在廊日:会期中来日予定

 日本の夜は昔はもっと暗かった。妖怪や幽霊や鬼はその闇を住処とする生物だったのだろう。
 スペイン人の画家カルメン・ラ・グリエガは、その妖怪の日本に惹かれている。その日本での初個展のテーマを 「亡霊」に定めたのも、妖怪へのリスペクトからであるらしい。スペインに妖怪はいない、と昨年、初めて新潟でお会いしたとき、語っていたのが印象的だった。
 これらの絵は毎日定時に、ギリシャの古い音楽を聴きながら、指で(絵筆は使わず)描かれたという。ここにも、豊かな闇の気配がある。その闇はクモの糸のようにねばつくものでできていて、指が差し込まれると、たちまち吸着し、引き込もうとする。その力と、画家の力の、一進一退の攻防のあいまにたちあらわれる、イメージや声が、これらの、妖怪に似て、怖しいが、ユーモラスで、哀愁ただよう、悲しげで、どこか愉しげでもある 「亡霊」たちなのだろう。
 怪談の季節である日本の夏に、遠いスペインからやってくるゴーストたちは、いまや希少生物となったヨーカイたちと、夜の闇ではたして出会えるだろうか。(大倉 宏)
(企画 大倉 宏 堀川久子)

表紙カルメン展A-kiss

Carmen La Griega(カルメン・ラ・グリエガ)
1971年マドリッド生まれ。1989~94年マドリッド・コンプルセント大学で美術を学ぶ(のち同大学で美術教育の研究に従事)。93~98年アテネの美術大学にてジョルジュ・ラパスの研究助手。スペイン、ドイツ、オーストリア、キューバなどで絵画、パフォーマンスの発表を行う。2017年ソフィア王妃賞美術部門、マドリッド・シティ・カウンシルのドローイング部門で表彰される。2000年より子供たちと大人のための美術ワークショップに携わる。

https://carmenlagriega.org/

PHOTO(上): 「KISS」2017年 油彩/紙 35.0×26.0cm
PHOTO(下): 「SAINT TERESA,MORADA 1」2017年 油彩/紙 35.0×26.0cm

後援 スペイン大使館
Embajada-JAPON+CE_ESPAÑOL-01


関連イベント
ギャラリートーク
8.3[木] 19:00〜20:30
聞き手: 高橋郁丸(新潟妖怪研究所所長)、大倉宏 通訳: 高橋景子
参加料: 500円/3日のみ22時まで開廊
個展開催までの背景や妖怪、亡霊への興味など、様々な方面から作家の声を聞く。


関連イベント
堀川久子ダンス・見えない彼方へ
8.11[金・祝] 19:00〜
参加料:1,000円/要申込
 
展覧会の空間で行なうパフォーマンス。作品に堀川久子がどのように反応し、どのような踊りが生まれるのか。


井田英夫 新作展

7月22日sat―30日sun

企画vol.532 作家在廊予定日:会期中毎日 ★夜間営業:7/22は21時まで営業

 

 去年7月の個展で新潟に戻った井田英夫は、個展後も、しばらく新潟にいて、また広島の呉の音戸に帰っていった。どちらに戻って、どちらに帰るのか。人の姿をしたわたり鳥は、今年も夏の新潟に来て、砂丘館と絵屋とギャラリーみつけの3カ所で個展をする。
 寝起きする布団と畳を描いた新作がいい。彼の傑作「走る粗大ゴミⅢ号」同様に、写真像からのゆがみが観察できる。井田はときに写真を参考にするらしいが、写真で描くのでなく、あくまで目で、ガラスではない肉の目で、見て描いている。人間の目が人間の生きる環境を見る。そのとてもシンプルなことが、美しい色の輝きを持つ絵の姿で、ここにある。
(企画 大倉 宏)

井田英夫(いだ ひでお)
1975年旧新津市生まれ。97年新潟デザイン専門学校卒。2000年モンセラート美術大学(アメリカ、マサチューセッツ州)卒業。ミンゴーギャラリー(マサチューセッツ州)で二人展。02・04・06・07・09・10・12・13・14・16年新潟絵屋、05年ギャラリーEMU-st(新潟)、11年久留米市一番街多目的ギャラリー、12年三方舎書斎ギャラリー(新潟)、15年天仁庵(広島)で個展開催。15年8月以降、広島県呉市音戸町に滞在。

同時期開催「ふだんを見つめる 井田英夫展」
2017年7月14日(金)〜8月27日(日)
会場 :砂丘館(新潟市中央区西大畑町5218-1)
9:00〜21:00/入場無料/月休
◆井田英夫ギャラリ―トーク
2017年7月22日(土)15:00~16:30
会場:砂丘館/聞き手:大倉宏/参加料:500円 

◆「井田英夫新作展」は巡回します!
2017年8月10日(木)〜23日(水)
会場 :ギャラリーみつけ(見附市昭和町2-4-1)
10:00〜22:00/入場無料/月休
◆井田英夫ギャラリ―トーク
2017年8月19日(土)14:00~15:00
会場:ギャラリ―みつけ 

井田英夫 新作展「布団」

PHOTO(下): 「布団」2016~17年 油彩/キャンバス 60.6×80.3cm

◆井田さんの絵が掲載された本が、7月2日に発売されます
田代草猫 句集「猫」発売

フジタヨウコ展

7月12日wed―20日thu

vol.531 作家在廊予定日: 7/12・16・17・20

 フジタヨウコは去年、村上の海に近い自宅の一角に穴窯(あながま)を築いた。10月の初の窯焚きを、見に行った。焚き口を開け薪を足すときに見える火に血がざわめいた。窯を囲む人々も、一様に気分が浮き立っていた。燃え盛る火にはふしぎな力がある。それは人が原始から受け継ぐ心中のなにかに働きかける。
開かれた厚い本に銀色の枯れ木の立つ作品は、その窯で焼かれた。表面は、薪の灰が融けた自然釉。火中に降る灰に濡れた平原のなだらかな起伏が美しい。
 見に行った時はまだ素焼き状態だったが、まるまる肥えた鳥が、猫や犬や渦の上に乗る、フジタらしい作品群も準備されていた。この人の造形は、幻想的なイメージに、どこか原始(初)の気配がある。
 その秘密は火にあるのかも知れない。(企画 大倉 宏)

フジタヨウコ (藤田 陽子)
1995年女子美術短期大学卒業。96年同専攻科修了。同年坂爪勝幸氏に師事。2000年新潟現代美術リレー展、08年越後の花鳥画展(農舞台/十日町市)、11年女子美術大学アートミュージアム「予期せざる出発」、16年アートスタジオDungeon「地下光学」(東京)出品。個展は、03・04年ギャルリー炎舎(新潟市)、05~10年(毎年)11・13・15年新潟絵屋、09年ギャラリーいなば(東京)、10年ギャラリーさやけ(新潟市)、12・14・16年ギャラリー彩(新発田市)など。09年長三賞、13年日本陶芸展入選。16年地元の村上市瀬波温泉にアトリエと教室、ショップを兼ねた「Toi 陶房」設立。

「失われた言葉と風景」2017年 陶 55.0×34.0×H25.0cm

PHOTO(下): 「失われた言葉と風景」2017年 陶 55.0×34.0×H25.0cm

木下 晋 展

7月2日sun―10日mon

vol.530 作家在廊予定日: 7/2・3・10 予定が変更になりました

 昨年の砂丘館での木下晋展では、パンダの絵本の原画を展示した。動物の母子の別れに、木下自身の体験が重なり、絵と絵本のリアリティとなっているのではないかと感じた。人を描くときも、有名無名にかかわらず、自分に興味のある人しか描かないという話が、ギャラリートークであった。
 皺のひだまで精密、細密に描く木下の鉛筆画の客観への偏執は、その対象が画家の主観の世界に巻き起こす感情のはげしさを、絵の底に放って、絵を破壊しない、保つための強固な壁としてあるのではないだろうか。
 絵本原画とともに展示された合掌図や、目をつぶる若い女性を描いた「風」などの大作の前に立つと、画家の個人的な感情が、リアリズムの船に乗って、他者である私の感情の浜にひそかに着岸し、動かされるのだった。 (企画 大倉 宏)

木下 晋 (きのした すすむ)
1947年富山県生まれ。70年新潟に転居。81年瞽女小林ハルに出会い、83年モデルに制作を開始。2005年桜井哲夫をモデルに制作開始。名古屋芸術大学特別客員教授、武蔵野美術大学客員教授、金沢美術工芸大学客員教授。紺綬褒章受章。ギャラリー、美術館での展覧会多数。著書に『ペンシルワーク 生の深い淵から』(里文出版)、『木下晋画文集 祈りの心』(求龍堂)、絵本に『熊猫的故事』(文・唐亚明/二十一世紀出版社)、『はじめての旅』(福音館書店)など。2017年横浜トリエンナーレに日本作家の一人として参加。

木下晋展「光へ」

PHOTO(上): 「美しき遵奉」2008年 
PHOTO(下): 「光へ」(モデル 桜井哲夫)2015年 鉛筆/紙 52.5×77.0cm

蓮池もも展

6月12日mon―20日tue

vol.528 作家在廊予定日: 毎日 午後数時間

 蓮池ももの絵は、ある時期から、年々、劇的な変化をとげてきた。
 今年の絵には乳を飲む動物の子など、画家の実人生につながるイメージも登場したが、同時のこれまでの甦りや、回想とも見えるモチーフもあらわれ、「変化すること」からの変化が感じられる。とはいえ、私たちに親しいそれらのイメージを描いた以前の絵を思い返し、実感されるのは、殻のほどけということだ。
 ある時期まで蓮池の絵にあった、独立したての独立国のような、瑞々しい緊張感の解体が始まっているような気がする。具体的には絵筆の微細な仕草、絵具を溶かす水のやわらかさに、より開かれた色の表情など。
人生でいう「性徴期」を過ぎて、ゆるやかな推移の時代が始まったのかも知れない。人がそうであるように、絵も生きものであることを、改めて感じる。
(企画 大倉 宏)

蓮池もも(はすいけ もも)
1983年新潟市生まれ。2006年fullmoon upstairs、07・08・09・10・11年画廊Full Moon、12年砂丘館で個展。新潟絵屋では10・12〜16年毎年個展、15・16年ギャラリー島田にて個展開催。12~14年『絵屋便』表紙絵を連載する。俳誌『白茅』13号から「森の奥 湖の底」(画とエッセイ)連載。十日町市在住。

◆ギャラリ―トーク
2017年6月17日(土)19:00~20:00
会場 :新潟絵屋 展示室
蓮池もも × 大倉宏
参加料:500円 

蓮池もも 乳

PHOTO(上): 「山の水」2016年 アクリルガッシュ/紙 24.3×33.0cm
PHOTO(下): 「乳」2017年 アクリルガッシュ/紙 24.3×33.5cm

吉田淳治 水彩展 W II

6月2日fri―10日sat

vol.527 作家在廊予定日: 6/3・4

 吉田淳治の水彩画展を、新潟絵屋がオープンしてまもない2001年に開いた。2月。大雪の年で会期中画廊の周りは白と灰色の世界だった。そのなかで、あたたかな水の気配を吸い込んだ絵の、色の鮮やかさが目にしみた。
 その後、吉田は油彩に戻って、水彩を描かなくなり、年月が過ぎた。また水彩を始めた、発表していきたいと連絡を受けたのが去年。
「水という物質の不思議な作用。形がないのに他のモノを吸い、走らせ、裂き、衝突させ、まぜあわす。吉田さんの画面のあらゆる場所が、今は蒸発して消えた水の痕跡で、きらめいている」と16年前に私が書いた「きらめき」は、新シリーズでも健在だ。同時にその水の表情が、より深くなった気がする。音楽で言うなら低音部が豊かになった。そのせいか色が目を抜け、腹や体にまでしみてくる。(企画 大倉 宏)

吉田淳治「W II - 174」

吉田淳治(よしだ じゅんじ)
1951年愛媛県宇和島市生まれ。1970~76年東京、以後は宇和島で制作。81年パリに1カ月滞在、イタリアに旅行。宇和島市立伊達博物館、べにばら画廊(宇和島)、松山三越、田都画廊(松山)、マエダ画廊、Gallery芽楽(名古屋)、現代画廊、紀伊國屋画廊、始弘画廊、ギャラリー収納(東京)、ギャラリー小蕪亭(長野)、新潟絵屋、画廊Full Moon(新潟)などで個展。グループ展多数。2011年「絵画のwaltz-吉田淳治展」(町立久万美術館)、12年「絵画風景 吉田淳治展」(砂丘館)が開催される。 http://junji-yoshida.webhop.info/

◆ギャラリ―トーク「水彩画について」
2017年6月3日(土)18:00~19:00
会場 :新潟絵屋 展示室
吉田淳治×大倉宏
参加料:500円 

◆吉田淳治さんを囲む日本酒の会
2017年6月3日(土)19:30~21:00
会場 :新潟絵屋 展示室
こんぴら通りの吉川酒店さんが、今回の展覧会に合わせて銘柄をセレクト。
日本酒を発見し、たのしみ、吉田淳治さんと交流する機会に。
参加料:3,000円 
定員15名/要申込→新潟絵屋へ info@niigata-eya.jp

PHOTO(上): 「W II – 33」2016年 水彩/紙
PHOTO(下): 「W II – 174」2017年 水彩/紙 31.6×23.9cm

渡邉和也展

6月22日thu―30日fri

vol.529 作家在廊予定日:6/23(夕方〜*夜間営業日)、25(終日)、30(終日*夜間営業日)

 渡邉和也さんのアトリエ鍛工舎では、鎚起銅器が日々制作されている。道具は、つくるものにより使い分けられ、たくさんある金槌や鉄棒は、似たようでもひとつずつ形状が異なり、多くは所定の場所に収まり出番を待っている。仕事の中断でそれとなく置かれることとなった道具の佇まいに、ふと目が留まった。それに似た無造作の美を、渡邉さんの作品に見る。
 前回の個展では、緑青を帯びた銅の造形に、道に落ちているはぐれものの部品のような、ガラクタ的魅力を感じた。技巧を駆使し、丁寧にぎこちなくかっこいい。作品は床に並べただけの簡素な展示が似合った。それから2年。変化はたのしみだが、変わらないものにも期待がある。銅はやわらかく手強い、だからすきだと渡邉さんは話していた。(企画 井上美雪)

◆夜間営業
2017年6月23日(金)と 30(金)
会期中の金曜日は★20:00までオープン★
お仕事帰りにぜひどうぞ。

*会期中は 「鎚起銅器」関連書籍をショップでご紹介します。

渡邉和也展2017

渡邉和也 (わたなべ かずや)
1978年新潟県三条市生まれ。2001年長岡造形大学工芸デザインコース卒業後、追起銅器の老舗・玉川堂にて修行。05年アトリエ鍛工舎設立。04年第43回日本現代工芸美術展新人賞、第59回新潟県展新潟日報美術振興賞、06年第61回新潟県展奨励賞、08年第47回日本現代工芸美術展現代工芸賞受賞。09・13年燕市産業史料館、11・12・13年ギャルリー炎舎、15年新潟絵屋にて個展。燕市在住。

PHOTO: 無題 2017年 銅 直径30.0cm