からっぽの画廊の、星たちを縫う。

8月19日wed

松尾和夏(SKETCH NOTE)さんを案内人に、展示室壁面のピンの穴を写し取って、それを起点に、星座を作るように絵を描いてみようという試みでした。これまで穴を最も数多く作ってきた人物—大倉宏も参加し、「無心になれた」「夏休みを感じた」と話していました。翌日には、出品点数67点の「西村陽一郎展」展示作業で、さらに穴は増殖しました。いずれ再びこのドローイングワークをやってみたいです。(井上)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>