三瓶初美 展

 3月22日tue―30日wed

vol.488

 三瓶初美の絵を昨年見て、画面の質感に独特のものを感じた。しっとりとした気配も感じた。しばらくたって、夜ふけに、「柔らかな扉」という絵を見ていたら、池に小雨が落ちるような音が聞こえ、 絵具が濡れて見えた。
 ところが絵に目を近づけると表面はカサカサしていて、かわいている。近づいた分だけ、しめりけや音が遠ざかる。目を閉じるとそれは甦り、開けると、薄日に照らされたような色の地層がかきまぜられて、かすれたり、おぼろになったりして広がっている。こちらが動くと、絵のなかで見えない何かが動く。とらえがたい、生きものが棲んでいるかのようだ。
 絵屋の空間にそれが放たれて、どうなるか、楽しみだ。 (企画 大倉 宏)

三瓶初美(さんべ はつみ)
東京都生まれ。上野の森美術館大賞展、川の絵画大賞展(加古川)、風の芸術展(枕崎)、熊谷守一大賞展、上海アートフェアに出品。2013・15年ギャラリー島田deux(神戸)で個展。

▶みるものとよいところ 会場のようす

PHOTO: 「風を歩く」2015年 アクリル・キャンバス 22.7×16.0cm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>