中島 佳秀 展

4月2日sat―10日sun

vol.489

作家在廊予定日:4/2・3・9・10

 中島佳秀が突然絵を描き始めたのが、7年前。動物のイメージの生命感が忘れ難い。2010年から3年続けて絵屋で展示をして、5年、間があいた。
 久しぶりに見た新作は動物の像から、遠のいていた。鉛筆の削りかすを、紙の上から飛散させ、定着したという。紙に顔を近づけ、動かすと、目が指先になって、毎朝カミソリを当てる前に触るひげの「ぞりぞり感」が降ってきた。毛の感触である。遠のいたのではなくて、逆に至近距離に、毛肌にまで近づいたのだ。ぞりぞり感が目で見るひげではないひげだとすると、中島のこれらの絵は見える動物ではない動物――動くものとの接触である。(企画 大倉 宏)

中島佳秀(なかじま よしひで)
1975年京都市生まれ。都市計画・建築を学んだ後、独学で平面の制作を始める。2008年より個展を中心に平面作品の発表を行う。現在東京都在住。 http://www.yshdnkjm.com

▶みるものとよいところ 会場のようす

PHOTO: 「何かいた場所」2015年 ミクストメディア・紙 60.0×60.0cm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>