WAKKUN展 「王様の舟出」

5月2日mon―10日tue

作家在廊予定日:5/2・3・6・7(午後のみ)・8~10

vol. 492

 WAKKUNが涌嶋克己だと言うことは意外と知られていない。旗野秀人がホントはHAKKUNだなんて誰も知らない。このふたり1950年生まれだが一卵性ソーセージではない。WAKKUNのほうがチョッと兄ちゃん。かたや絵描き、かたや恥かき、いいえホントは大工さん。でも、本人もよくわかっていない。どうであれ、ふたりは気が合う。10年前のふたりの仕事、絵本『阿賀のお地蔵さん』はモンゴル語や中国語に訳され、今年は韓国語に挑戦と羽ばたく。が、しかし、先回の「還暦少年+1」展から五年経った今回は 「王様の舟出」展とのこと。さすが万年青年はステキだ! 昨年、神戸の展覧会場で貰った絵本『てがみ』には思わず涙。その原画展は絵屋終了後の翌日から、市内北区「てんゆう花」で開催。(企画 旗野 秀人)

WAKKUN(涌嶋克己)
1950年神戸市生まれ。86年TAO(神戸)、87年PICTURE(大阪)にて個展、以降毎年、神戸、大阪、京都、東京等で個展開催。95年阪神大震災で被災した障害者を援助するボランティアTシャツ・ガッツ君の絵を描く。主な著書に絵本『ほっ』(90年星雲社)、『いただきます!』(97年佼成出版社・共著)、『あっ』(2000年解放出版社)『阿賀のお地蔵さん』(06年考古堂書店)、『てがみ』(15年maillet books)、画集『友達がいてよかった』(98年遊タイム出版社)、イラストエッセイ集 『54才の絵日記』(05年友月書房)などがある。

■ WAKKUN×旗野秀人トークイベント 5/6(金)19:00~20:00
 会場:新潟絵屋

■ ワークショップ 5/7[土]10:00~11:30
 会場:新潟市こども創造センター

■ 同時期開催 5/11[水]~17[火] 絵本てがみ原画展 WAKKUN
 会場:てんゆう花 (新潟市北区木崎2)

PHOTO: 「王様の舟出」2015年 墨・水彩/紙 15.0×10.2cm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>