菅野 くに子 展

5月12日Thu―20日fri

vol. 493

 菅野くに子3年ぶりの新潟絵屋。
 昨年の東京での個展での出品作(近作)に新作を加えての内容になる。近作に色彩が強く深いものがあるのが目を引く。
 今回初めて制作の様子も実見させてもらったが、ゲル状の和紙に、色の粉を溶かし、そのゲル状のものを枠どられた中にすくっておいていく。七宝の技法に近い。濡れているときが一番美しく、乾くとがっかりしてしまうと菅野は言うのだが、その濡れ色の深みを、近作は見事に生み出している。新作では「はさ木」というモチーフが登場した。蒲原平野の空や大地の色は、はさ木という点景が加わることで深くなる。この色彩画家の現在が呼び寄せた、モチーフだと思う。
(企画 大倉 宏)

菅野 くに子 (かんの くにこ)
東京都生まれ。武蔵野美術大学油画科卒業後、リトグラフ、エッチングの制作を続ける。1998年より手漉き和紙による制作を始める。2001年ガレリアグラフィカ(東京)、05・07年ギャラリー舫(東京)、09年アートスペースエリコーナ(いわき)、11年新発田市市民ギャラリー(第1回アート・ナウしばた)、mu-an(長岡)、12年ギャラリーゴトウ(銀座)、15年ギャラリーアビアント、02・04・06・08・10・13年新潟絵屋で個展。

▶みるものとよいところ 会場のようす

■作家在廊予定日:5/12(木)〜15(日)、18(水)

PHOTO: 「聖」2015年 ミクストメディア・和紙 72.3×60.5cm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>