佐佐木實展「イ充つ」

4月22日thu―30日thu

vol.459

 佐佐木實の「書」に感じるのは――ある言葉を口にする。書く。そのとき、脳の神経細胞に瞬時にともるであろう無数の電球が一瞬、照射することばの震源地、混沌と、揺れる膨大なひだの光景だ。混沌から切り離され、ことばが一個の冷えた語になるとき、内部に、まだ燃えているマグマの湧出と言ってもいい。
 昨年末の盛岡の個展の「言論統制を受けて<ヒ>の一文字を象ることだけしか許されなくなったら」との想定のもと、展示された100以上の「ヒ」は、冷えた言葉がたったひとつの鋳型に押し込められてさえ、マグマの熱、内奥の混沌は残り、持続され得ると語るように思えた。
 佐佐木がなぜ、このように言葉の根に、源に、注意と意志と、創作の全精力を注ぐのかは、分からないけれど、こうして言葉の底にうごめくもの、その熱や渦は、私たち一人一人の生きることの熱に、息に、底でつながっている。(企画 大倉 宏)

PROFILE
佐佐木實(ささき みのる) 盛岡市生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科修士課程藝術学専攻修了(美学)。フランス国立社会科学高等研究院博士課程言語学専攻修了。博士(言語学)。二十代半ばに渡欧。パリでは言語学を学び、制作と学問の双方から言葉/文字を記す行為に向かいあった。2006年帰国。11年岩手県美術選奨受賞。近年の個展は11年盛久ギャラリー(盛岡)、新潟絵屋、北書店画廊、12年Cyg art gallery「書書葉葉」(盛岡)、13年OGU MAG「佐佐木實の書 -型ハメ 型モレ-」(東京)、14年新潟絵屋など。14年Gallery 彩園子(盛岡)での「明日の仕事、12人」のひとりに選ばれ『ヒ象る』で参加。

佐佐木實
PHOTO:「イ」2015年 鉛筆・インク/紙 29.7 x 21.0 cm

■作家在廊予定日:4月22日~24・29・30日
※24日17時迄、29日午後~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>