片桐 翠 展

7月22日fri―30日sat

vol. 500

作家在廊予定日: 作家在廊予定日: 7/22~24・30
ギャラリートーク 7/22[金] 19:00~20:00

 片桐翠の絵を網膜に入れる瞬間に感じる違和感と興味は、なんだろう。
 サイケという言葉が口の端に浮かびかけて、とどまる。その感じ。サイケな色は意識の箍がゆるんだ場所から、あふれ出す刺激の洪水だけれど、絵を描く片桐の意識のガードは、存外にゆるくなさそうだ。
 しかし、変、ではある。ピンクのごま塩のマリア像に、なぜリンゴ? 「パリのお母さん」のうしろにオニギリみたいな緑がごろんとしている、そのへんてこさに、当のお母さんがまるで無頓着なのがおもしろい。絵の「変さ」値が高いが、過剰に高すぎず、普通そうな表情をしているあたり。微妙かつきわどい路線を、今回も堅持してきて、うならせられる。(企画 大倉 宏)

片桐 翠(かたぎり みどり)
1978年新潟市生まれ。99年青山学院女子短期大学英文科卒業。渡英。ウェストミンスター大学(ロンドン)で映画とイラストレーションを学ぶ。2006年創形美術学校造形科卒業。第1回パリ賞受賞。副賞でシテ・インターナショナル・デ・ザール(パリ)に8か月滞在。個展は07年知足美術館、08・10・12・14年新潟絵屋、11・13年アートスペース88国立、14年新潟県立植物園など。13年マレーシアArt Expo、14・15年枝香庵のクリスマス(ギャラリー枝香庵)出品。

PHOTO: 「マリア像と林檎」2015年 油彩/キャンバス 35.0×35.0cm


Event 夜間営業 7/8[金]・15[金]・22[金] 21:00まで開廊!

作家ギャラリートーク
7/22[金]19:00~20:00 聞き手・大倉 宏 参加料500円 予約不要