カルメン・ラ・グリエガ展


私の指は、亡霊(ゴースト)たちのコーラス

8月2日wed ― 13日sun

vol.533 企画:大倉宏・堀川久子 作家在廊日:会期中来日予定

 日本の夜は昔はもっと暗かった。妖怪や幽霊や鬼はその闇を住処とする生物だったのだろう。
 スペイン人の画家カルメン・ラ・グリエガは、その妖怪の日本に惹かれている。その日本での初個展のテーマを 「亡霊」に定めたのも、妖怪へのリスペクトからであるらしい。スペインに妖怪はいない、と昨年、初めて新潟でお会いしたとき、語っていたのが印象的だった。
 これらの絵は毎日定時に、ギリシャの古い音楽を聴きながら、指で(絵筆は使わず)描かれたという。ここにも、豊かな闇の気配がある。その闇はクモの糸のようにねばつくものでできていて、指が差し込まれると、たちまち吸着し、引き込もうとする。その力と、画家の力の、一進一退の攻防のあいまにたちあらわれる、イメージや声が、これらの、妖怪に似て、怖しいが、ユーモラスで、哀愁ただよう、悲しげで、どこか愉しげでもある 「亡霊」たちなのだろう。
 怪談の季節である日本の夏に、遠いスペインからやってくるゴーストたちは、いまや希少生物となったヨーカイたちと、夜の闇ではたして出会えるだろうか。(大倉 宏)

表紙カルメン展A-kiss

Carmen La Griega(カルメン・ラ・グリエガ)
1971年マドリッド生まれ。1989~94年マドリッド・コンプルセント大学で美術を学ぶ(のち同大学で美術教育の研究に従事)。93~98年アテネの美術大学にてジョルジュ・ラパスの研究助手。スペイン、ドイツ、オーストリア、キューバなどで絵画、パフォーマンスの発表を行う。2017年ソフィア王妃賞美術部門、マドリッド・シティ・カウンシルのドローイング部門で表彰される。2000年より子供たちと大人のための美術ワークショップに携わる。

https://carmenlagriega.org/

PHOTO(上): 「KISS」2017年 油彩/紙 35.0×26.0cm
PHOTO(下): 「SAINT TERESA,MORADA 1」2017年 油彩/紙 35.0×26.0cm

後援 スペイン大使館
Embajada-JAPON+CE_ESPAÑOL-01


関連イベント
ギャラリートーク
8.3[木] 19:00〜20:30
聞き手: 高橋郁丸(新潟妖怪研究所所長)、大倉宏 通訳: 高橋景子
参加料: 500円/申込不要
3日のみ22時まで開廊
個展開催までの背景や妖怪、亡霊への興味など、様々な方面から作家の声を聞く。


関連イベント
堀川久子ダンス・見えない彼方へ
8.11[金・祝] 19:00〜
参加料:1,000円/要申込 info@niigata-eya.jp (お名前・人数・ご連絡先)
 
展覧会の空間で行なうパフォーマンス。作品に堀川久子がどのように反応し、どのような踊りが生まれるのか。