おかえり展

8月22日tue ― 30日wed

vol.534

 新潟絵屋の展示室は約6坪。
 けれど、そうした数字では計れない広さがあると、教えてくれたのは、並べられてきた絵や、各種の作品たちだった。
 作品という光に照らされ、その都度、同じ部屋が、違う場所に変容する。その度合いは、いつも劇的だった。
 和紙を貼った板壁、土壁、しっくい、格子戸。多様な壁面と自然光が一部差し込む室内は、ホワイトキューブとも、普通の家ともちがう空間。あいまいという豊かな襞が、照らされる光の質や角度で、新しい陰影をあらわすのだった。
 「おかえり展」は、ここに一度展示され、購入者の元へ巣立っていった作品たちに、古巣に帰ってきてもらい、晩夏の一時を過ごしてもらおうという企画。出品料は、展覧会の開催経費の一部となにとぞご了解いただき、もういちど作品を、新潟絵屋展示室でながめる時間を楽しんでいただければと思う。お申込は直前まで受け付けています。
 そして、展示作業という魅惑的な時間も、ぜひ一緒に体験してください。会期中には絵について、楽しく語り合い、考える催しも企画しています。
(大倉宏)

出品予定リスト(8月18日時点)
・栗田宏「而今」ほか
・中島佳秀「いばらと、おどろ」
・蓮池もも「光」、「島」
・八木なぎさ「Pilgrim」
・村井勇「ロオリング」
・広田郁世「商店街の空」
・片山健「春の皿」
・相田諒二「message」
・末松正樹「ぺルピニアンの素描」
・坂倉新平「楽しみが来る」

募集ページ

※出品お申し込みは新潟絵屋へ。
出品料3,000円/作品搬入受付期間: 8.2~13/先着30点
※ 展示作業: 8.20[日]
10:00~17:00/出品者は参加できます。見学はどなたも可。
※ 関連イベント 「おかえり展おでかけ篇」(8/23夜)もあります。

新潟絵屋 内観

PHOTO: 新潟絵屋 内観


関連イベント
絵をめぐるあれこれ
案内人:大倉宏/500円 (出品者無料)
8.22[火] 19:00〜20:30 その1. 絵について話しましょう
8.29[火] 19:00〜20:30 その2. 絵の裏側 一枚の絵を額装し飾るまで


おかえり展おでかけ篇
俳句講座 「みんな違って、みんなヘン」
8/23[水] 19:00~20:30
会場: 田代家 (上大川前通4番町)
参加料 2,000円/要申込 (新潟絵屋へ info@niigata-eya.jp)

田代草猫を案内人に俳句の魅力を聞き、時節の句を詠むひととき。絵屋から田代家へと旅立っていった作品でお部屋をしつらえます。
担当:井上美雪