松本健宏展 「花火」

9月2日sat―10日sun

vol.535 作家在廊日:会期中毎日予定

 前回の絵屋での個展から3年が経つ。長いようなあっという間のような3年、それぞれの人生の中でも3年という年月は、環境に変化があった者変わらぬ日々を積み重ねる者、千差万別時の経過を持つ事だろう。松本さんもこの3年環境変化があった。安定した創作環境を確保するため福祉関係の職に就き、創作に対して理解者であった義父を見送った。延命治療を選択しなかった義父や施設で向かい合う人々に接し、松本さんの創作の根底にある「人間は何者で、何のために生きているのか」を感じずにはいられない日々であった。そんな環境下で創る今回の個展テーマは「花火」。人間の人生は長いようで短い、しかしながら火花の様な激しい輝きを放ちながら、感謝し祈りながら、人生を送る。そんな事を表現した作品を今回は展示したい、と松本さんは語る。染めだけにとらわれず、蝋絵や造形物といった多彩な手法で表現する今回の作品から、新しい年輪が刻まれた松本さんを感じていただきたい。(企画 伊藤純一)

松本健宏 作品

松本健宏 (まつもと たけひろ)
1967年京都府生まれ。京都精華大学テキスタイル科卒業後インテリアデザイナー経験を経て、6年間丹後伊根の舟屋へ通い染色作品の連作を続ける。京展工芸部門京都市長賞など受賞。新潟絵屋では2007・11・14年個展開催。京都工芸美術作家協会会員。

▶みるものとよいところ 会場のようす

ワークショップ「ろうけつ染めで手拭いをつくる」講師:松本健宏
9/2(土)19:00/定員8人
9/3(日)10:00/定員4人
9/6(水)19:00 /定員8人
会場:新潟絵屋/参加費1,500円/所要時間およそ30分〜(個人差があります)
制作後は一度作品をお預かりし、松本さんが京都のアトリエで処理をして、後日新潟絵屋でお渡し致します。
▶ワークショップのようす

PHOTO(上): 「花火#2」2017年 蜜臘クレヨン・水彩顔料/和紙
PHOTO(下): 「花火#1」2017年 蜜臘クレヨン・水彩顔料/和紙 39.0×26.0cm