Erika’s Room yamatani hideaki

12月12日tue―20日wed

vol.545 作家在廊予定日:12/12.15〜17.20

 絵屋の一角に、銅製のシェードランプがある。ごつい金具の下に細いコイルが巻かれ、渦は部分的にハンダづけされ少々危うい感じでひと塊りを維持している。「処理をしない方針」と聞いた。溶接やハンダづけの工程で、肉が盛り上がったようになる溶加材が美しいのだと。日が暮れると、ささやき声のような明かりが灯る。2014年のheya展でBOTTEGA GIRASOLE_山谷秀昭が発表した作品のひとつだ。
 今回の個展では、山谷が同居している架空の女性Erikaのある日の部屋を形にし、そこへみなさまをお迎えする。Erikaは1960年代にヘルシンキに生まれたフィンランド系イタリア人。5歳から12歳まで祖母の郷里青森で育つ。両親離婚。母の故郷イタリア、ミラノに移住。19歳で結婚。女の子を出産。23歳で離婚。仕事はキャバレーダンサー、秘書、演劇役者、トラック運転手、ファッション誌エディター、ウエイトレス、レストラン経営、会計士などの経験がある。現在、パリ郊外に暮らしている。もっといろいろ聞きたい気はするが、作品を見て、Erika像をおもいたい。作品は明かりの形態が主。「FRAGILE」と書かれたテープも材料のひとつだ。
(企画 井上美雪)

山谷秀昭

山谷秀昭(やまたに ひであき)
1954年三条市(旧下田村)生まれ。東京デザインスクール卒業。95年「BOTTEGA GIRASOLE(ボッテーガ・ジラソーレ)」ブランド設立。鉄とガラスの可能性をコンセプトに照明を主体とするデザインアートの制作を始める。ミラノフォーリサローネ出展、東京国際家具見本市出展、ミラノと新潟を拠点に作品を発表。新潟での個展は2003・12年新潟絵屋、06・08年画廊Full Moonなど。新潟絵屋でのグループ展、02年「あかり展」、13年 「ナイトエヤ」、14年 「heya展」出品。新潟デザイン専門学校非常勤講師。プロダクトデザイナー。2016年3月には食のブランド 「轍」を立ち上げた。

PHOTO(上): Height: 385cm/B:94cm・W:63cm・H:120cm
PHOTO(下): 2014年 鉄・布帛・ボタン H87cm