長谷川貞子展

8/12[月・祝]―14[水]

vol.580

PHOTO(上): 無題 2016年 墨/紙 21.3×30.0cm

 長らく画家長谷川徹さんの裏方をつとめてきた長谷川貞子さんですが、数年前に大病をされ、同時期に自身も絵の制作を再開されました。ある日見舞うと、病室で描いた絵(図版)がありました。こういう絵を描くひとだったのか、と貞子さんの正体をはじめて見たような気がしました。退院後は、以前のように作品鑑賞に、徹さんのプロモーションの相談に、おしゃれを見せに、気づいたことを知らせに、たびたび顔を見せてくれました。そして、安田の牧場へ通い、ある馬の絵を描き溜め個展を実現し、2018年には徹さんとの二人展を果たします。
 今年4月「没後1年 長谷川徹展」を終了して2週間後に貞子さんはこの世を去られました。そして、貞子さんのことをもうすこし知りたいと思いました。どんな絵を描いたのか、どんな人生だったのか。(企画 大倉宏・井上美雪)

長谷川貞子(はせがわ ていこ)
1946年新潟市生まれ。長谷川徹が創設した絵画研究所アートノバ(1978-2001)で、子どもの指導にあたる。

長谷川貞子展

PHOTO: 長谷川貞子作品(部分)

長谷川貞子展

PHOTO: 無題 2016年 墨/紙 21.3×30.0cm