鉄海 ー 福井祐介展

8/17[土]―30[金]

EVENT:8/17[土]オープニングパーティ
EVENT:8/18[日]ワークショップ「物質感を強調するモノタイプによる銅版画を応用した版表現」

vol.581

 ブダペスト在住の福井祐介を紹介するのは2度目。「鉄海」と名づけられた 錆粉や鉄紛でキャンバスに描かれた新作を目にした瞬間、溶岩の噴出を連想した。想像を絶する、高温でドロドロになった金属の海。そこへ巨大なハンマーが振り下ろされて生じる、しぶき。それをキャンバスという網でさっとすくいあげたような絵だ。
 前回、福井は会期中新潟に滞在し、精力的に町を歩き回った。訪問者から情報を得ると、すぐさま検索をしていた。まるで若いビジネスマンのような精力で、精神と物質界に通底するエネルギーの深奥へ下降し、絵画という魚を手づかみしてくる孤独な漁師。噴火も地震も洪水もおそろしいが、私たちの身体もまた、その壮大なエネルギーのマグマ(鉄海)に胚胎した元素=物質からできている。
(企画者:大倉宏)

福井祐介(ふくい ゆうすけ)
1971年富山市生まれ。91年よりハンガリー、ブダペストに滞在。98年ハンガリー国立ブダペスト美術大学絵画科修士課程修了。95~2006年ハンガリーヤングアーチスト協会会員。98年よりハンガリークリエイティブアーチスト協会会員。ハンガリー、オーストリア、日本などで個展、グループ展多数。パブリックコレクションーハンガリー国立ブダペスト美術大学、佐久市立近代美術館、Kiscell美術館(ハンガリー)など。
https://www.fukuiyusuke.com

福井祐介

PHOTO: 「鉄海」2018-2019年 錆粉・鉄粉・膠・アクリルメディウム/キャンバス 60x50cm


関連イベント

オープニングパーティ

8/17[土]18:30-20:00
●会場:展示室 ●ゲスト:福井祐介●参加料:500円
展覧会の初日、福井祐介さんを囲んで交流します。どなたでもお気軽にどうぞ!夜ならではの光の中で「鉄海」をおたのしみいただけます。

ワークショップ「物質感を強調するモノタイプによる銅版画を応用した版表現」

8/18[日]10:30―16:30
会場:新潟市美術館実習室
講師:福井祐介 個展に合わせ来日する作家を講師に、経験に応じた指導で、金属板 を「版」に物質感を強調するモノタイプに挑戦する。