藤井芳則ワークショップ

水と土の文化創造都市 こどもプロジェクト2019

12/14[土]14:00-16:00
会場:いくとぴあ食花・こども創造センター

藤井芳則 (ふじい よしのり)
1962年新潟市生まれ。美術家。個展、グループ展多数。2009年以降は弥彦野外アート、ふれ美(ふれて楽しむ美術館)、大地の芸術祭 雪アートプロジェクト、NIIGATA オフィスアートスト リートなど、そのときどきで作家の個人的関心と場に応じた発想力で作品を制作する。近年は台湾での芸術祭「桃園地景藝術節」にも出品し活動の場を広げている。近年のワークショップに、影絵あそび、「清五郎にすむ不思議な生物を作ろう」(新潟市こども創造センター)、地域の文化を復活させた「白根子行進曲マスク作り」 (白根学習館)、 鬼の面作りとSpece 豆 まき(ゆいぽーと)、環境問題をテーマにした「一條河」(桃園地景藝術節)など。


「普段の生活で街の中や自然の中に面白いものや楽しいそうなものを探したり、見つけたりしています。その中でいい発想が浮かんだら、それをどんなもので作ったらいいか考え、作ってみます。」(藤井芳則)

主催:新潟市・こども創造センター 
協力:新潟絵屋


関連記事
▶ちゃぽ柿ピー
▶藤井芳則 「カミモッコ」展
▶みるものとよいところ 会場のようす①2016年の個展
▶みるものとよいところ 会場のようす②2016年の個展

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です