< >

新潟絵屋(にいがたえや)「美術分野における市内組織基盤の形成と新たな可能性に関する調査研究」公開しました

華雪展 文学

展示
9/1土〜11火
墨と筆と身体と場所。それに加えて華雪の書を構成しているのはコトバへの猛烈な愛。途方もなくコトバを読み、感じ、自らの血の中をめぐらせる華雪の「文学」と切り結ぶ書を展示します。...もっと読む

後藤裕子展

展示9/17月〜30日
イベント9/21金 18:30ー(夜間営業21:00まで)
長岡に暮らして23年の画家。パリで学んだ構成への愛と、山や森にふれ、繊細に高揚する感情が、まぎれもない絵でありつつ、中越・魚沼の自然そのものでもある、美しい風景画を生みました。新潟市での初個展。...もっと読む

甲斐啓二郎、前田和也写真展 『いとなみと影法師』

展示10/17水―30火
写真には、記録して伝えるという根源的な力があるが、写真作家の視座は、ただこの特色の上に乗っているわけではない。写真表現の多様性は、この下支えの基盤に、どのような次元の表現を盛り付けるかという、作家の存在をかけた戦いから生まれている。それは、ある意味で人間存在の証明でもあるはずだ。...もっと読む

万年カレンダー 日暦

SHOP
華雪さんの書と篆刻が、毎日、美しい日付の風景をつくりだす「日暦」は、新潟の雪深い山から切り出されたブナ材「スノービーチ」スタンドに、月と日のカードをのせて使う、卓上日めくりカレンダーです。ただいま限定価格にて好評発売中! ..もっと読む

美術分野における市内組織基盤の形成と新たな可能性に関する調査研究

NEWS
本調査はアーツカウンシル新潟 (公益財団法人 新潟市芸術文化振興財団)「文化芸術基盤整備促進支援事業」の助成を得て、おこないました。目的は、新潟市域の美術をめぐる総合的で正確な現状把握であり、その先にその内容の公開が、美術活動に関わる人同士の情報の共有を図り、互いの理解、交流、連携の基盤となることを考え..もっと読む

Open eya

TOPIC
2018年より会場の貸し出し利用をお受け致します。個展・イベント等にご活用ください
新潟絵屋の空間で個展を行う美術家の方々のご希望に応じて、画廊での個展やグループ展開催のサポートを致します。[基本会期]展覧会:毎月2日〜10日(会期9日間 展示は1日)イベント:毎月11〜15日...もっと読む

ギャラリーミュージアムマップ

TOPIC
新潟絵屋が月刊で発行している「新潟島とその周辺ギャラリーミュージアムマップ」は2008年に創刊しました。地図とともに、さまざまな画廊や美術館の展覧会情報をカレンダー式一覧で表示しています。..もっと読む