< >

新潟絵屋(にいがたえや)新潟絵屋の活動は会員の方のご支援に支えられています

書 沢村澄子 -うたう-

展示 4/17[水]―30[火]
EVENT 4/21[日]18:00―パフォーマンス+トーク
白と黒。紙と墨。この上なく単純でなりながら書は深く豊かだ。それは人の声にも似て激しく叫び、優しくつぶやく。...もっと読む

若槻菊枝蔵の「峰村リツ子の裸婦」展

展示5/2[木]―10[金]
若槻菊枝さんの新潟絵屋での個展は2007年6月。上大川前通りでのリニューアルオープン2つ目の企画展だった。真っ赤な服を来て車椅子で画廊にこられた菊枝さんの姿を今も思い出す。菊枝さんは3年後に94歳で亡くなった。夫の登美雄さんから、菊枝さんが持っていた峰村リツ子さんの絵を、以前「峰村リツ子展」を開いていた(2013年 砂丘館同時期開催)絵屋に寄贈したいとお申し出いただいた。...もっと読む

暮らしに生きる書 熊木英仁展

展示 5/12[日]―15[水]
EVENT 5/11[土]18:00― パフォーマンス+トーク 営所通の忘時庵さんは、美味しく、店内を飾る書がすてきだと思っていました。書は店主の作品だと後から知りました。このたび忘時庵の熊木さんの、4日間限定の個展を開催します。...もっと読む

Tango写真展『4718/R』

展示5/17[金]―30[木]
Tangoさんが撮るのは一見、ごくごく当たり前の『日常』にある風景です。そこには劇的なものはなく、見慣れたものが写っているはずなのになぜか観るものの印象に深く残り、心の中に留まります。なんの変哲も無い日常の中には、確かにその時にしかない特別なものが含まれていて、作家はそれを見出し鋭敏な感覚で切り取ります。...もっと読む

長岡市無形文化財「寺泊山田の曲物」足立茂久商店

SHOP5/12[日]― 6/13[木]新潟絵屋 ショップスペース
5/11[土]― 6/13[木]地酒防衛軍 吉川酒店(こんぴら通り)
新潟市中央区西厩島町2346
9:00~20:00(土曜10:00~19:00) 定休日:日曜定休、5/6休

日本海に面した寺泊山田集落で、江戸時代から続く県内唯一の篩屋(ふるいや)として、裏ごし、蒸籠など曲物を製造する足立茂久商店。このたび、新潟絵屋のショップスペースでは11代目足立照久さんが創作した曲物製品を、また近隣の地酒防衛軍・吉川酒店さんでは、匠の技が結集した「ウルトラ警備隊エンブレム オブジェ」を展示・受注販売いたします。2会場で足立さんの新しい曲物世界をお楽しみください。...もっと読む

TOLEDO 特別展示

NEWS開催中―5/30[木]
八木なぎささんのリトグラフ版画と山下誠一さんの和紙にプリントした写真を、インテリアショップTOLEDO(トレド)さんの店内に展示させていただいております。画廊で出会う作品とは違って、背景みたいに溶け込んでいますが、共感する作品を手元に置いて暮らす、絵のある日常の一例を体感していただけます。...もっと読む

華雪による書と篆刻の講座〈全6期〉 受講生募集

第1期 「字がうまれたとき・書がうまれたとき」
NEWS4/12[金]19:00-21:30 〈書〉
4/13[土]15:30-18:00 〈篆刻〉
第1期 「字がうまれたとき・書がうまれたとき」 古代中国で漢字がつくられたときの様子を入口に、書がどのように人びとの間で発展してきたのかを紐解いていきます。第1期では、古代の書体を取り上げます。...もっと読む

若槻菊枝蔵の 『峰村リツ子裸婦』展の関連書籍 特別販売

SHOP
「若槻菊枝蔵の『峰村リツ子の裸婦』展」(5/2~10)に関連して、若槻菊枝さんの伝記と峰村リツ子さんの作品集をご紹介します。新宿のバー・ノアノアのママで画家、水俣病患者や支援者を応援していた新潟(旧大形村)出身の若槻菊枝さん。2007年に新潟絵屋で開催した「太陽がいっぱい 若槻菊枝展」のエピソードも後半に登場します。
...もっと読む

Open eya

2020年のご利用募集中
展覧会:毎月2〜10日(会期9日間/1日は展示作業)・イベント:毎月11〜15日
新潟絵屋の空間で個展やグループ展を開催するサポートを致します。中旬には、教室、講座などのイベントにもご利用いただけます。...もっと読む

新潟の画家たち

展示前期 6/1[土]―13[木]齋藤鉄臣・応志展
後期 6/17[月]―30[日]熊谷喜代治展
新潟絵屋では今後、新潟市で活動し、すでに故人となられた美術家たちの紹介にも取り組んでいきたいと思います。今回は明治・大正の生まれの画家齋藤応志・鉄臣兄弟と熊谷喜代治を紹介します。...もっと読む

『まちの日々180』vol.5 発売

SHOP
冊子『まちの日々180』が8年ぶりに復刊しました。復刊号のテーマは「かえる。」。 新潟、東京、大阪、名古屋の執筆者によるまちの日々が、ゆるやかに記されています。絵屋代表大倉宏氏も執筆者のひとりです。...もっと読む

柿ピーアス

SHOP
美術家藤井芳則が新たにアクセサリーブランドCHAPOTICを立ち上げました。オンラインショップLETTERで発売されるのに合わせ、展示室に隣接する絵屋のショップスペースで、展示&お取り扱いいたします。...もっと読む

しんぞうオリジナルシール・ステッカー発売

SHOP
見附市・ギャラリーみつけでの「しんぞう展 呪いと笑いの日々」(3/14~31)開催に合わせ、しんぞうさんの絵をプリントしたシールを作りました。ミニチュアのしんぞう作品を、身近なところに飾っておたのしみいただけます。...もっと読む

美術分野における市内組織基盤の形成と新たな可能性に関する調査研究

2019年のご利用募集中
この調査は、認定NPO法人新潟絵屋の「美術分野における市内組織基盤の形成と新たな可能性に関する調査研究」の一環として、2018年の1月から3月にかけて行いました。この調査研究の目的は、新潟市域の美術をめぐる総合的な現状把握です。もちろん、それは一回の調査で実現できることではありませんので、さらに追加の調査を、今後重ねて行きたいと考えています。...もっと読む