華雪展 「生活」

10月2日sun―10日mon/holiday
vol. 506
作家在廊予定日: 10/2 ※10/9・10は二宮家米蔵に在廊予定

 日本人ということを、最近考える。日本とは、日本人とは何か、という問いではなく、逆にこの問いが仕掛けるしばりに、どうヒトが、抗えうるかということを。
 漢字は中国から伝わり、日本人のものになったと教えられる。この秋、新潟市の3カ所で展示をする華雪は、「鳥」(二宮家)と「豚」(砂丘館、安吾生誕110年祭展示)の字を選び、新潟絵屋では直前の山形での展示で書いた「女」にするか、どうか、迷っていると聞いた。中国と日本というクニをつらぬいてやって来たものと、ここ、2010年代の日本で向き合い、漢字を、字を、書くことが、ヒトとして立つこと、立ちうることである可能性を考えている。
 その書に惹かれて始まった12年の縁。いま、私はそのような意志の姿としての華雪の書に共感している。(企画 大倉 宏)

華 雪(かせつ)
1975年京都府生まれ。書家。92年より個展を中心にした活動を続ける。〈文字を使った表現の可能性を探る〉ことを主題に、国内外でワークショップを開催。舞踏家や華道家など、他分野の作家との共同制作も多数。刊行物に『石の遊び』(2003年平凡社)、『書の棲処』(06年赤々舎)、『ATO 跡』(09年between the books)ほか。『コレクション 戦争×文学』(集英社)、『木の戦い』(エクリ)をはじめ書籍の題字なども手がけている。「水と土の芸術祭2012」(新潟市)、「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」に参加。新潟では新潟絵屋、砂丘館、二宮家米蔵、エフスタイル、室礼などで展示を行ってきた。http://www.kasetsu.info

PHOTO: 「土」2016年 墨/和紙 50.0×80.0cm

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

華雪展 「鳥」

■ 同時期開催 展覧会情報

10/6 thu ~10 mon/holiday
華雪書展 「鳥」
会場: 二宮家住宅 一号米蔵
(新潟県北蒲原郡聖籠町蓮野1087・県道204号線沿)
主催・イベント申込・お問合せ: 認定NPO法人新潟絵屋

10/6 thu ~10 mon/holiday
坂口安吾生誕110関連イベント 華雪展
「ある女―坂口安吾『白痴』より」
会場: 砂丘館 (旧日本銀行新潟支店長役宅)の一室
主催: 坂口安吾生誕祭実行委員会、砂丘館