厚地富美子展

9月22日fri―30日sat

vol.537

 厚地さんの個展は絵屋で3回目。最初は木版画、2回目はガラス絵、そして今回はその両方の新作を展示することにした。彫る力や工程の長さが壁となりガラス絵に移行し、絵の具で描くことに熱中していた近年だったが、最近、木版画を再開された。
「なんだかおかしいでしょう」
 厚地さんは笑う。新作の木版画は、ブランクが一層の壁となっているそうだが、相変わらず魅力的だ。独特なおかしさはなんだろう。絵は、作者を通過して、思いがけない色や形となってあらわれてくる。そのズレの面白さ、どうにも愛らしい。肩の力が抜けるような、ほぐしの効能がある。
 めずらしく、絵屋のショップに暮らす人形たちが、厚地さん宅で夏の日を過ごした。ひょんなことから絵のモデルを果たすことに。さて、どんな絵ができてくるだろう。それもおたのしみに!(企画 井上美雪)

厚地富美子_1709

厚地富美子 (あつじ ふみこ)
1936年島根県松江市生まれ。47年より新潟市に住む。75年新潟市中央公民館の年賀状講座に参加し、木版画を始め、鈴木力氏の指導を受ける。新潟市市展市長賞、新潟県展県展賞(2003年)、奨励賞(86・96・00年)を受賞。2008年たけうち画廊(新潟市)、10年ギャラリー十三代目長兵衛(柏崎市)、11・15年新潟絵屋で個展開催。グループ展「遊」出品。

PHOTO(上): 
PHOTO(下): 「貝」2017年 木版画/和紙 21.0×28.0cm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>