蓮池もも展

〈前期〉12/14[金]―24[振休・月]
〈後期〉2019 1/5[土]―14[祝・月]

niigata eya exhibition 565

 今年集中的に制作された蓮池もものマトリョーシカの連作と、それに並行し、また先立って制作された絵を展示する。
テーマは母子。近年の作同様に、画家の実人生が映る作品群だ。「母子」はひとつの幸福の形だが、物語における母子には、別れ、相克、離反などさまざまなドラマが描かれてきた。絵は、実人生の、現在の実感と、過去と未来の物語的時間軸の彼方に浮かぶ、波浪やうねりをも遠く響かせている。
 そのドラマの波を、シンプルな形式にたたみこんだようなマトリョーシカは、素朴で、愛らしい外観のうちに、昔話のような深みを、感じさせている。蓮池もものマトリョーシカ。新潟絵屋がいろいろな画家に依頼してきたシリーズの延長とはいえ、これもひとつの、思いがけないドラマだ。
 年末と新年にかけての展示の、半ばで、作品の入れ替えを行う予定です。ぜひ二度、ご来廊下さい。(企画・大倉宏)

蓮池もも(はすいけ もも)
1983年新潟市生まれ。2006年fullmoon upstairs、07・08・09・10・11年画廊Full Moon、12年砂丘館で個展。新潟絵屋では10・12~17年毎年個展、15・16年ギャラリー島田にて個展開催。12~14年『絵屋便』表紙絵を連載する。加茂の白茅俳句会が季刊発行する『白茅』で「森の奥 湖の底」(画とエッセイ)を連載中。十日町市在住。

これまでの個展
2017年
2016年
2015年
2012年砂丘館

蓮池もも

蓮池もも

PHOTO(上): 「マトリョーシカ」2018年 アクリルガッシュ/木 高さ(最大)10.8(中間)8.6(最小)5.6cm

蓮池もも

PHOTO: 2018年 アクリルガッシュ/シナベニヤパネル 24.1×41.0cm