井田英夫遺作展 @砂丘館

7/15[水]―8/23[日]

9:00-21:00 
休館日:月曜日(8/10開館)7/28、8/11
観覧無料
会場:砂丘館(旧日本銀行支店長役宅)新潟市中央区西大畑町5218-1 tel.025-222-2676

 7月1日から20日まで新潟絵屋で開催された「井田英夫 遺作展——音戸の素描を中心に」に続き、砂丘館では、個人蔵の作品で構成する遺作展がはじまりました。これまで井田さんの作品をコレクションしていただいた方々からお借りして実現しました。さまざまな年代の井田さんの絵をご覧いただけます。

井田英夫(いだ ひでお)
1975年旧新津市生まれ。97年新潟デザイン専門学校卒。99年モンセラート美術大学(アメリカ)卒業。ミンゴーギャラリー(マサチューセッツ州)で二人展。2002年より新潟絵屋、05年ギャラリーEMU-st(新潟)、11年久留米市一番街多目的ギャラリー、12年三方舎書斎ギャラリー(新潟)、15年天仁庵(広島)で個展開催。15年8月以降、広島県呉市音戸町に滞在。2017年は新潟絵屋で新作展を、砂丘館でこれまでを振り返る「ふだんを見つめる 井田英夫展」を開催。その後、新作はギャラリーみつけ(新潟)に巡回。2018年4月、三方舎書斎ギャラリーと新潟絵屋で有志の企画による「井田英夫支援展」が開催された。2020年4月27日逝去。facebook

PHOTO(上): 「音戸の夜」2016年 木炭、コンテ/紙


関連イベント

井田英夫の思い出と絵を語る

8/8[土]18:30-20:00
今井正人(井田英夫友人)・大倉宏(砂丘館館長)
会場:砂丘館 居間・座敷・茶の間
定員:15名/参加料500円/砂丘館へお申込みください
トークは動画配信します。
井田英夫の貴重な生前の様子を撮った映像も紹介される予定です。

動画配信アドレス
こちらをクリック


『井田英夫画集』制作支援のお願い

新潟絵屋で、2002年以来発表してきた新潟出身の画家井田英夫(1975-2020)さんの画集制作のため、同郷の今井正人さんを代表に刊行委員会が発足しました。2022年完成を目標に、今年7月から制作資金を募っています。普段を見つめ続けた井田さんの絵の全体像を、充実した一冊にまとめるため、みなさまからのご支援をお願いいたします。

制作支援金 1万円/2万円/3万円/5万円/10万円

画集を一緒に作ってくださる協力者として画集1冊を進呈し、巻末にお名前を掲載させていただきます

画集予約+支援金 5,000 円

画集のご予約+ご支援として早期受領し、制作資金に活用させていただきます

寄付方法

1.新潟絵屋で直接受付中
2.郵便払込(専用伝票は新潟絵屋にございます)
3.インターネットでのご入金 https://idahideo.official.ec/

井田英夫画集刊行委員会
今井正人(代表)、井上美雪、大倉宏、大橋保隆、高橋徹
協力:認定NPO法人新潟絵屋、天仁庵、LIT


関連記事

▶ 2017年:井田英夫展、砂丘館
▶ ギャラリートークの動画
▶ 2018年:井田英夫 巡回支援展
▶ 2019年:井田英夫展
▶ 井田英夫 遺作展