華雪による書と篆刻の講座『字がうまれたとき・書がうまれたとき』第5期

新型コロナウイルス感染拡大を受け、本講座・第5期は開催を延期することにいたしました。
時期をあらためて開催いたします。
2020年4月4日 新潟絵屋

4/12[日]

13:00-15:30 <篆刻>『漢代の私印』

17:00-19:30 <書>『漢代の学童の識字書を書く』

 漢代には今に繋がる書体がすべて出揃った時代でした。また、楷書体が整えられ、漢字辞典がつくられ、識字に対する意識にも変化が見られます。今回は、漢代初期の書のあり様を当時の資料を通じて学びます。

華雪 講座

講師プロフィール

華雪(かせつ)
1975年京都府生まれ。立命館大学文学部哲学科心理学専攻修了、東京都在住。幼い頃に漢文学者・白川静の漢字字典に触れたことで漢字のなりたちや意味に興味を持ち、以来、文字の表現の可能性を探求することを主題に、国内外で展示やワークショップを行っている。刊行物に『石の遊び』(平凡社、2003)、『書の棲処』(赤々舎、2006)、『ATO 跡』(between the books、2009)、作品集『ながれる』(2019)など。作家活動の他に、『コレクション 戦争×文学』(集英社)など書籍の題字なども手がける。
instagram kasetsu_sho

華雪による書と篆刻の講座

会場:新潟絵屋

  • 受講料:各回5,000円(テキスト・材料費込/篆刻と書を通しの方は500円割引)
  • 定員:各回8名(先着順/要申込)
  • 持ち物:メモする程度の筆記用具。筆や篆刻のお道具はご用意します。
  • 毎回、実技と座学をセットにした内容。全6期ですが単発での受講が可能です。

  • 華雪による書と篆刻の講座

    〈次回予告〉

    第6期 ◆7/12[日]13:00-15:30〈篆刻〉 17:00-19:30〈書〉 (最終回)
    「書の展開・ひとびとの間を生きる書」のつづき。毎回取り上げる書体が異なります。

    お問い合わせ

    Tel. 025-222-6888(担当:井上)
    info@niigata-eya.jp

    華雪 講座


    関連記事
    過去の個展 
    2004年
    2007年
    2008年
    2009年
    2011年
    2014年
    2015年
    2016年
    2017年
    2018年
    ワークショップ「木」を書いて「森」をつくる
    華雪による書と篆刻の講座『字がうまれたとき・書がうまれたとき』第3期

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です