相田諒二写真展 ―コダクロームの時間―

12/16[水]―27[日]

niigata eya exhibition 601

 2012年に製造中止になったコダック社のリバーサルフィルム、コダクローム。今もその深い色合い、鮮やかな発色は今も多くの写真家、写真コレクターたちから愛されている。相田諒二がコダクロームで撮影した様々な街の表情。(企画者 田代早苗)

相田諒二(あいだ りょうじ)
写真家。1947年新潟市生まれ。75年フリーで写真活動を始める。95年北陸ガス・ガスホールで「見慣れた街の光景より」、2006・09・13年新潟絵屋で「A SCENE OF NIIGATA―message 20」個展開催。03年新潟日報文化欄連載「街はうたう」、04年同日曜企画連載「万代橋と私」写真掲載など。


関連記事
過去の個展 
2006年
2009年
2013年