久保舎己展 1980-1999

1/26[水]―2/11[金・祝]

niigata eya exhibition 624

 今回見附と新潟で展示するために久保舎己が送ってくれた1980年代から今年までの絵を通観する機会を得て、うまく言葉にできない何かに揺すられ、体が釘付けされるような感覚におちいった。
 久保は一貫して白と黒の木版画を続けてきた。たとえば写真はかつてモノクロだけだった。カラー写真が普及し、デジタルの時代になり、インスタグラムではさまざまなトーンまで用意されている。多様な選択肢に恵まれたように見えて、失ってしまった何かを20世紀初期の写真に気づかされることがある。久保の版画のフラットな黒が語る声、トーン、内容の深さと豊かさにそのことを思い出した。表現は表に現すと書く。与えられたものから選ぶことではない。「はきだす」という印象的な自画像のように、これらのすべては久保の体を通過して、世界に出てきたものなのだ。(企画 大倉 宏)

久保舎己(くぼ すてみ)
1948年三重県津市生まれ。66年東京寛永寺美術研究所に学ぶ。75年木版画を独学ではじめる。三重を中心に、愛知、東京、新潟などで発表。2018年ドイツ・ブッフハイム美術館で企画展。刊行物に『久保舎己 版画集 1977-2012』(ドイツ語/英訳・日本語訳あり)、『ホシヒト ある“個”の軌跡―久保舎己木版画集』(言水制作室)などがある。

PHOTO(上): 「はきだす」 1980年 木版画

久保舎己展 1980-1999
PHOTO:「ふるえる三角」 2021年

久保舎己展 1980-1999

PHOTO:「4人の人とヒコーキとトリ」 2020年

久保舎己展 1980-1999
PHOTO: 「あくび」 1980年


同時開催企画
梅田恭子 久保舎己

久保舎己展 2000 ― 2021
1/8[土]―30[日]

みつけ市民ギャラリー ギャラリーみつけ
新潟県見附市昭和町2-4-1
tel.0258-84-7755

10:00-22:00(入館受付21:30迄・最終日16:00迄)
月曜休館 ※1/10(月・祝)開館、1/11(火)休館
ギャラリートーク
1/23[日]15:00-16:30
出演:梅田恭子・久保舎己
聞き手:大倉 宏
会場:ギャラリーみつけ 展示室2
参加無料(定員30名)
※トーク中は作品観覧のみの入室はできません
※事前にギャラリーみつけに電話または直接お申込ください


▶ 久保舎己 木版画展

梅田恭子展「足許と景色」

2022年 1/8[土]― 23[日]

niigata eya exhibition 623

 梅田恭子の絵をときどき身近にかけて見ている。絵は空気を作り出す。一点かけると部屋中にその空気が広がっていくことがある。ふしぎなことに、梅田の空気はそういう広がり方をしない。絵の周囲にある濃密な気圏ができ、その一角にうずくまっている感じなのだ。だから逆に気になって、見つめてしまう。支持体である板に鉛筆、色鉛筆の粒子が摩り込まれるように描かれているのだが、板と絵もまた距離を保っている。
 梅田の手から生まれるものはどれも、環境、支持体、すべてから自立して、純粋な絵であろうとしている。拒否しているのではなく、それらと関係を結ぶために、純粋を欲し、願っている。今回の新作が染み込まない支持体であるOHPフィルムに描かれているのを見てその希望の強さに胸をつかれた。純粋な絵の小惑星たちが、新潟絵屋に浮かび、光り、めぐりだす。(企画 大倉 宏)

梅田恭子(うめだ きょうこ)
1971年東京都生まれ。多摩美術大学美術学部デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業、96年同大学大学院美術研究科デザイン専攻修了。94年から個展を中心に、東京、新潟、名古屋、大阪、神戸、宇部などで作品展を開催。刊行物に銅版画集 『ツブノヒトツヒトツ』(言水制作室)、がある。umedakyoko.com

PHOTO(上):「一歩」 2021年

梅田恭子展
PHOTO:「二歩」 2021年

梅田恭子展
PHOTO:「三歩」 2021年


同時開催企画 1

梅田恭子展「足許と景色、それから、空」(銅版画)

みつけ市民ギャラリー ギャラリーみつけ
新潟県見附市昭和町2-4-1
tel.0258-84-7755
1/8[土]―30[日]〈入館無料〉
10:00-22:00(入館受付21:30迄・最終日16:00迄)
月曜休館※1/10(月・祝)は開館、1/11(火)休館
ギャラリートーク
1/23[日]15:00-16:30
出演:梅田恭子・久保舎己
聞き手:大倉 宏
会場:ギャラリーみつけ 展示室2
参加無料(定員30名)
※トーク中は作品観覧のみの入室はできません
※事前にギャラリーみつけに電話または直接お申込ください

同時開催「久保舎己展 2000-2021」(木版画)

梅田恭子 久保舎己


同時開催企画 2

梅田恭子銅版画 「ツブノヒトツヒトツ」特別展示

2021.12/21[火]―2022.1/23[日]
会場:砂丘館

関連イベント

ライブパフォーマンス
「それから、空」

1/15[土]16:30-
出演:堀川久子(舞)・梅田恭子(絵と投影)
2,000円(定員15名)
※事前に砂丘館へお申込ください
yoyaku@bz04.plala.pr.jp

梅田恭子


▶ 梅田恭子展 –かごのなかから–
▶ 北書店画廊 梅田恭子展「ツブノヒトツ」

ギャラリー&ミュージアムマップ 2021.12/20~2022.01/25

展覧会を見に行こう!
2008年創刊、毎月無料配布の展覧会情報紙です。

新潟島とその周辺のギャラリー&ミュージアムマップ
Gallery & Museum Schedule 2021.12-2022.1

2021年12月20日(月)- 1月25日(火)

ギャラリー&ミュージアムマップ 2021年12-2022年1月号

チラシのダウンロード(PDF)

ギャラリー&ミュージアムマップ 2021年12-2022年1月号

チラシのダウンロード(PDF)

本紙 配布場所のご案内

中央区 aigallery、ニカイギャラリー、STACK-BOARDアートギャラリー万代島ギャラリー長美堂、メディアシップ、hickory03travelers蔵織コンチェルト・西堀ゆきわ、にいがた銀花医学町ビル、医学町画廊、 新潟美術学園、あらきギャラリー、羊画廊、新潟絵屋、万代島美術館敦井美術館新潟市美術館砂丘館NSG美術館安吾風の館、篠田桃紅作品館、北方文化博物館新潟分館新津記念館あさひまち展示館(休館中)旧齋藤家別邸旧小澤家住宅みなとぴあ知足美術館、新潟駅観光案内所、きさらぎギャラリー、なり、五徳屋十兵衛、クロスパル、シネ・ウインド、三宮商店、ナガイ画材、北書店、器、SWAN、パルム、涼蔵、ぽるとカーブドッチ、竹野、ノ縞屋、新潟県民会館、吉川酒店、新潟デザイン専門学校、市民活動支援センター、ホテル日航新潟、りゅーとぴあ、NHK文化センター、峰村醸造直売店、今代司酒造、新潟大学駅南キャンパスときめいと、絵画教室ウニアトリエ、新潟県立生涯学習推進センター、新潟NPO協会、栄楽亭、エフスタイル、日和山五合目、i media専門学校、アートホテル新潟

北区 楓画廊てんゆう花、nico、ビュー福島潟、ARTギャラリーHAFU
東区 巻菱湖時代記念館
南区 SHIRONE PRESSO
江南区 小さな美術館季、エムスタジオ、北方文化博物館
秋葉区 やまぼうし三方舎新潟市新津美術館
西区 雪梁舎美術館ギャラリー潟道、こんぺいとう
西蒲区 浜つばきギャラリー野衣、いわむろや

新発田市 清水園草舟(菅谷)  
村上市 Toi陶房(瀬波温泉)
柏崎市 游文舎gallery tanne(谷根)
長岡市 たびのそら屋県立近代美術館、長岡造形大
見附市 ギャラリーみつけ
燕市 燕市産業史料館、ツバメコーヒー  
三条市 D+5 ART、三条ものづくり学校
栃尾市 栃尾美術館
弥彦村 弥彦の丘美術館

蔵六面工房の十二支と招き猫

SHOP
10/30[土]―12/15[水]

会期中のお休み:11/8―12、29、30

和紙づくりがさかんだった山形県上山(かみのやま)で生まれ、現在は二代目木村蔵六さんがこつこつ制作している手仕事の和紙面、和紙人形をご紹介します。たくさんのアイテムがありますが、今回は干支ものと招き猫に絞りました。即売につき、お早めに!

蔵六面工房(ぞうろくめんこうぼう)
www.zorokuharico.com

PHOTO(上): 張り子かわらけ面「竹犬」
約11.3×13.0×5.0cm
税込1,400円

蔵六面工房

蔵六面工房

蔵六面工房
蔵六面工房


蔵六面工房


西野一男展「旅」

9/1[水]―12[日]

niigata eya exhibition 617

 昨秋、西野さんからご案内頂いた葉書の絵に惹かれ、思い切って車を走らせ、ドアtoドアで入間市の個展会場に出向いた。当時、先が見えない時勢の中、絵を見て元気を頂いた。そんな風に、新潟の人達に独特の西野カラーで元気を届けたい気持ちが湧いて、このたびの企画を思い立った。
 今回は、これまでに西野さんが旅した町、記憶に留めて作りためた木版画、ガラス絵を集めた。特に橋が絵を彩る作品が多く、それだけでも十七点になった。橋という工作物は、風景の中、記憶の中に、圧倒的な存在感を持つ。作品を並べて見てみたら、鮮やかな色が目に飛び込み、それだけで元気になった。もう少し、もう少しだけ我慢が必要な今、西野カラーで皆さんに元気をお分けしたい。(企画 伊藤純一)

西野一男(にしの かずお)
1939年埼玉県入間市生まれ。66年高橋絵画研究所に入り油彩を学ぶ。現代画廊、画廊宮坂などで個展。新潟絵屋では00・01・08・18年個展開催。元日本板画院同人。入間市在住。

PHOTO(上):「新大橋」 1995年 木版画 20.5×24.0cm

西野一男 ロマンティック街道 フユッセン
PHOTO:「ロマンティック街道 フユッセン」1989年 木版画 33.5×24.5cm

西野一男 雲のある萬代橋
PHOTO:「雲のある萬代橋」2018年ガラス絵F3号


2018年▶ 西野一男 展
2018年▶ 西野一男 展

関連ニュース

西野一男ポストカード

西野一男ポストカード

「染付壺の椿」 原画:油彩「新潟萬代橋」 原画:ガラス絵
各税込 150円

dododoの作家コラボグッズ、新作を準備中です!

光をとる

会場:砂丘館 新潟市中央区西大畑町5218-1
9:00 ― 21:00・月曜休館・観覧無料
tel.025-222-2676

ミーヨン

〈光をとる1〉 Truth is One ミーヨン写真展

8/5[木]― 9/5[日]

ギャラリートーク

〈戻らなければならない場所がある気がする〉
8/21[土]14:00―15:30 →終了しました
・聞き手:大倉宏(砂丘館館長)
・参加費:500円


中里和人 「Night in Earth」

〈光をとる2〉 Night in Earth 中里和人写真展

10/1[金]― 31[日]

ギャラリートーク

〈URASHIMA-夜、海、気配〉
10/2[土]14:00―15:30
・聞き手:大倉宏(砂丘館館長)
・参加費:500円
・定員:20名
・砂丘館へ要申込・受付 9/4~


関連情報

「光をとる ミーヨン 中里和人 写真展」

会場:新潟絵屋
9/16[木]―29[水]
砂丘館で8月、10月に連続開催する二人の写真家の二人展。明るい光とかすかな光、光のはてしない奥行きを写真という目で感受する。 (企画者:大倉宏)


▶ Mi-Yeon 写真展 Alone Together