山下誠一 写真展

3/2[土]―10[日]

vol.565

 山下さんの言葉。
〈ヨセミテの風景を見ながら何かが足りないと感じていました。それは「湿度」です。アメリカに居ながら、日本の風景のイメージが湧く浮かびました。湿度を表現する、水をテーマにするとそれは必要不可欠だと思いました。大型の台風が来ると旅行し、大雪が降ったら出掛ける。〉
 妙義山、東尋坊、各地の滝など、山下さんのこれらの「湿度写真」は、浮世絵の名所絵をちょっと思わせるところがある。また暗部に目を近づけると、墨で描いたとしか思えない斑点があったりする。どうして、これが水墨画でないのか。あるいは水墨画家こそ、写真の目を先取りした人々だったのか。絵と写真の境界が湿度に溶け、にじみ、消えていく不思議に、呆然となる。
砂丘館の特別展示(2/1-17)の一部出品作と未展示作品を紹介する。
(企画 大倉 宏)

山下誠一(やました せいいち)
1951年生まれ。81年から業界紙の写真部に在籍し、99年フリーカメラマンとして独立。2005頃年からデジタル写真に興味を持ち、08年「水の呼吸」を「ギャラリーバウハウス」(東京・お茶の水)、11年「Water Breath」を「エプソンイメージングギャラリーエプサイト」(東京・新宿)、19年2月砂丘館(新潟)で開催。

PHOTO(上): 「妙義山」2009年 全てインクジェット 出雲民藝三椏和紙

山下誠一_能登半島

「石川県・能登半島」2008

山下誠一_茨城県_袋田の滝

「茨城県・袋田の滝」2011

山下誠一_群馬県_妙義山

「群馬県・妙義山」2007

山下誠一_山梨県_昇仙峡

「山梨県・昇仙峡」2007


関連イベント

特別展示 山下誠一写真展「水の呼吸」

砂丘館(旧日本銀行新潟支店長役宅)
2/1[金]―17[日] 9:00―21:00(ただし2/13-17は18:00閉館)
休館日:月曜日(祝日の場合翌日)
新潟市中央区西大畑町5218-1 025-222-2676

新潟絵屋とふたつの指定管理施設

新潟絵屋は大正時代の日本家屋を改装し2000年6月にオープンしました。
 それ以外に、2005年から新潟市の古いお屋敷を活用した芸術文化施設「砂丘館」の指定管理者となり、自主事業の企画運営を担当しています。主に芸術や生活文化を紹介し、絵屋では開催できない規模の大きな展示やコンサート、ダンス、朗読、演劇、伝統芸能の上演、講座なども行っています。
 2016年には、新潟県見附市にある旧法務局の2階建て建築物を活用した「ギャラリーみつけ」の指定管理もはじめました。1階は絵屋の展示室と同じくらいの展示室が2つあり、2階フロアは壁面最大約100mの大空間です。複数のスクリーンがあるシネコンのように多様な作品展と出会え、創作体験の機会も盛んに企画しています。
 砂丘館やギャラリーみつけへも、ぜひ足をお運びください。
どちらの施設も、貸室をご利用いただくこともできますので、詳しくはお問い合わせください。
*ともに株式会社新潟ビルサービスとの共同企業体で運営

しんぞう展 「呪いと笑いの日々」
3/14[木]―30[土] 会場:ギャラリーみつけ

しんぞう展 「呪いと笑いの日々」@ギャラリーみつけ

3/14[木]―31[日] 10:00―22:00

会場:ギャラリーみつけ(最終入館21:30)
休館日:月曜日(祝日の場合翌日)
見附市昭和町2-4-1 TEL. 0258-84-7755

新潟を拠点に活動する画家・しんぞうの最新作と、大作を含むこれまでの作品を一堂にご紹介します。これに合わせ、しんぞうの絵を小型化したシールコレクションも発売しました。おたのしみに!

しんぞう
1974年横浜市生まれ。武蔵野美術大学油絵科卒業。個展は、新宿眼科画廊(東京)、DAMギャラリー(韓国)、福住画廊(大阪)、ギャラリーsfera(京都)、2012年砂丘館 「あなたの心の裏の河」(新潟市)、13~16年新潟絵屋など。そのほか09年 「大地の芸術祭」に出品。芸術道場GP(グランプリ)銀賞、第29回損保ジャパン美術財団選抜奨励展入選、第44回神奈川美術展入選など受賞。装画に 「臨床の詩学」(春日武彦・著/医学書院)がある。新潟市在住。www.sinzow.com

PHOTO:「いつの間にか」 2018年 アクリル/キャンバス 72.7×60.6cm


関連イベント

ギャラリートーク

3/21[木・祝]15:00―16:00
しんぞう+大倉 宏 参加費500円 申込不要


「しんぞう展 呪いと笑いの日々」フライヤー表面

「しんぞう展 呪いと笑いの日々」フライヤー裏面

関連記事:前回の「しんぞう展」

水彩4人展 信田俊郎・田村あや・ 中島世津子・吉田淳治

3/17[日]―30[土]

vol.570

 セロファンのような色の重なり。流動する水との瞬時の対話。透明水彩という画材の特質を生かしつつ、それぞれの世界を拡張、飛翔する4人の画家を紹介。
水は変幻自在な物質だ。あふれ、しずみ、揺れ、すすみ、もどり、屈曲し、最後は空気中へ消えていく。水彩画は、そんな水の記憶を容れるうつわ。絵の具の微細な粒子たちが、随伴し、まざり、にじみ、折り重なって、水の軌跡を記す。水彩画の水彩画らしさ、魅力は、筆を持つ人の目が、手が、体が、どれほどその水とともに、動いたのか、跳ね、回転し、踊り、歌ったのかということとひとつなのである。紹介する4人は、4人とも、そんな水の奥深さを知り、水を、生きてきた画家たちだ。(企画 大倉 宏)

 

PHOTO(上)作品:吉田淳治 「WⅡ-202」 2018年 30.5×30.8cm

信田俊郎 「作品1」

作品:信田俊郎 「作品1」

田村あや「ナニワイバラと勿忘草」
田村あや「クリスマス ローズ」

作品:田村あや「ナニワイバラと勿忘草」2018年
田村あや「クリスマス ローズ」

中島世津子「アトリエの静物」

作品:中島世津子「アトリエの静物」

田村あや(たむら あや)
長岡市生まれ。文化服装学院デザイン科修了後、本や新聞広告等のイラストレーションの仕事を行う。94年から個展で発表する。画廊ランプ屋、銀座ギャラリー(東京)、ギャラリー沙衣、新潟三越、相澤美術館、新潟大和、長岡大和、画廊Full Moon、2004年新潟絵屋(新潟)などで個展。
2004年の記事より
2005年の記事より


信田俊郎(しだ としろう)
1953年佐渡市赤泊生まれ。78年新潟大学教育学部美術科卒業。85年には画家末松正樹と初めて会う。88年ニューヨーク近代美術館で見た絵画、特にバーネット・ニューマンの作品の印象が以後の制作の出発点となる。2011年「新潟の画家たち 色と形を紡いで~そして、希望へ~」(万代島美術館)に出品。新潟絵屋では2006・08・12年に個展、砂丘館で18年「グリッドから 近藤あき子・信田俊郎展」が開催される。
www.shida-artstudio.com
2013年の記事より


中島世津子(なかしま せつこ)
1978年パリ エコール・デ・ボザール デッサン科卒業、80年同絵画科卒業。88年帰国後は、現代日本美術展、三重県立美術館「太陽のプロヴァンスにて日本展」、岡田文化財団パラミタミュージアム、亀山トリエンナーレなどに出品し、2000~03年・15年アスクエア神田ギャラリー、新潟絵屋で16年9月に個展。12年作品集『中島世津子 素描』(用美社)刊行。
www.setsukonakashimadameme.com
2016年の記事より


吉田淳治(よしだ じゅんじ)
1951年愛媛県宇和島市生まれ。1970~76年東京、以後は宇和島で制作。81年パリに1カ月滞在、イタリアに旅行。宇和島市立伊達博物館、べにばら画廊(宇和島)、松山三越、田都画廊(松山)、マエダ画廊、Gallery芽楽(名古屋)、現代画廊、紀伊國屋画廊、始弘画廊、ギャラリー収納(東京)、ギャラリー小蕪亭(長野)、画廊Full Moon、2001・17年新潟絵屋(新潟)などで個展。2011年「絵画のwaltz-吉田淳治展」(町立久万美術館)、12年「絵画風景 吉田淳治展」(砂丘館)が開催される。
 
www.junji-yoshida.webhop.info/
2017年の記事より


蓮池もも展〈後期〉 

2019 1/5[土]―14[祝・月]

niigata eya exhibition 565

 後半に追加展示するアクリルガッシュの絵は、すりガラスに映った影像のような、半透明感が印象的だ。
 新しい描き方を画家は試みようとしている。現れた世界は、2014年の、色鉛筆による光る人のシリーズに似るが、細い、線のようで「引かれた感」のない輪郭で区切られた人や生き物と、周囲の空気の存在密度の差が縮まり、かすかに揺れ動く低音のノイズ音楽のような、どこか不安げで、それでいて心を鎮める独特の響きを奏でている。今は消えた遊牧民の暮らしの蜃気楼のような気配が、美しい。
 技法的な、新しい挑戦もはらむ、この(蓮池ももの連作としては)短いシリーズの最後に、群像があらわれ、画家はすでにはじめられていたマトリョーシカの制作へ全面移行した。(企画・大倉宏)

蓮池もも(はすいけ もも)
1983年新潟市生まれ。2006年fullmoon upstairs、07・08・09・10・11年画廊Full Moon、12年砂丘館で個展。新潟絵屋では10・12〜16年毎年個展、15・16年ギャラリー島田にて個展開催。12~14年『絵屋便』表紙絵を連載する。俳誌『白茅』13号から「森の奥 湖の底」(画とエッセイ)連載。十日町市在住。


蓮池もも展︿後期﹀

PHOTO(上)
「母と子」24.4×16.3cm 2018年 アクリルガッシュ/紙

>PHOTO(下)
「はじまりの日」15.3×24.3cm 2018年アクリルガッシュ/紙
「母と子」24.3×15.9cm 2018年アクリルガッシュ/紙
「女たち」17.0×24.3cm 2018年アクリルガッシュ/紙


関連イベント

ギャラリートーク

12[土]18:00-19:00

ゲスト:蓮池もも/聞き手:大倉宏 ◆参加料:500円
予約不要 ◆会場:新潟絵屋展示室


蓮池もも展〈前期〉

2018 12/14[金]―24[月]