小林春規 木版画展

10/17[土]―30[金]

niigata eya exhibition 598

 小林春規の「打水」は2000年の個展「新潟下町界隈」後、絵屋に寄贈していただいた版画で、夏になると掛けている。格子の大輪の朝顔が往時の並木町を思い出させる。
 絵屋での個展は3年ぶり6回目。版画家の命の右手首を最近痛めた姿に、今回ばかりは新作は難しいかも知れないと、久々に家を訪ねて思った。それではと、この30年に制作された版画から新潟を描いたものを紹介しようと提案し、選ばせてもらった。
北蒲原に生まれ、京都で表具の技を学んだ小林が、古都から持ち帰ったのは、季節の変化を細やかに愛でる美意識だった。その目が見続けた新潟の幾十の四季は、私たちの目をも染めてきた。
 夕暮れ時、小林の家を辞し蒲原平野に走り出ると、まるで小林の版画に入り込んだような錯覚に襲われる。フェーン現象の酷暑の翌日。風に掃かれた雲には秋の気配があった。移動し、時間がうつろうごとに、これもあれもと記憶の絵があらわれ、日没までそれが続いた。下町シリーズからは「打水」と同時期の小品「茂作小路」を並べる。この界隈が新しい変化を見せ始めた今、新潟の路地にしみじみした風情をいち早く感受した目をもう一度、思い出したい。(企画者:大倉宏)

小林春規(こばやし はるき)
1953年新潟県水原町生まれ。幼年時より木版画を始める。18才で初の個展後、京都の表具師の内弟子となり、表具の仕事を続けながら版画制作を続ける。90年新潟県笹神村(現阿賀野市)に転居。70年より日本アンデパンダン展、平和美術展に出品。個展多数。挿絵は、残熊てるよの詩集 『不安と未来と』、個人伝記 『暗闇の燈火』など。

小林春規「秋空」
「秋空」 2006年 26.5×36.0cm

小林春規「麦秋」
「麦秋」 1993年 20.5×27.2cm


「余寒」 2001年 26.5×36.0cm

小林春規「地蔵様まつり」
「地蔵様まつり」 1999年 20.5×27.2cm


▶ 小林春規展ー京都散見ー
▶ 小林春規展

田村憲一展

10月3日[土]―11日[日]

田村憲一(たむら けんいち)
1982年愛知県生まれ。新潟に移り住み、美術教育に携わりながら、日本画の画材を用いた絵で表現を模索。
今回は、シクラメンを描いた連作など、前回の個展以降の新作を発表。

PHOTO(上):「虚実」

田村憲一

PHOTO(上): 「混」

田村憲一

PHOTO(上): 「送り火」

田村憲一

PHOTO(上): 「いとおしい」

田村憲一

PHOTO(上): 「待ち」

田村憲一

PHOTO(上): 「はざま」


展示風景

会期中の会場の様子をご覧いただけます



前回の記事
▶ 田村憲一展

TOLEDO×中島世津子

絵のある空間コーディネートeto

9/1[火]―10/31[土]

NEWS

会場 オーダーカーテンと家具・インテリア TOLEDO
新潟市中央区万代3丁目5-36
TEL.025-255-5502
営業時間/10:30~18:00 
定休日/水曜日・駐車場有

 家具とインテリアのショールームで、季節ごとに絵のある空間をコーディネートさせていただいております。Porter’s Paintsの美しい色合いのショールームに、中島世津子さんの水彩とパステル画を組み合わせました。凛とした佇まいの、絵のある空間をおたのしみください。出品作品と展示風景は、新潟絵屋の通信販売サイト「eyashop」にてご覧いただけます。

中島世津子(なかしま せつこ)
1978年パリ エコール・デ・ボザール デッサン科卒業、80年同絵画科卒業。88年帰国後は、現代日本美術展、三重県立美術館「太陽のプロヴァンスにて日本展」、岡田文化財団パラミタミュージアム、亀山トリエンナーレなどに出品し、2000~03年・15年アスクエア神田ギャラリー、新潟絵屋で16年9月に個展。12年作品集『中島世津子 素描』(用美社)刊行。 www.setsukonakashimadameme.com

PHOTO(上): 「ポ・フロリ」2020年 水彩/紙

中島世津子
「」

中島世津子

中島世津子
「ネムイ」2020年 水彩/紙

中島世津子
「春」2020年 パステル/紙


新潟絵屋の通信販売サイト eya shop

中島世津子作品

9/5[土]から発売開始
期間中にTOLEDOさんで展示する中島世津子さんの作品を通信販売いたします。中島世津子さんの絵は作家自身の何気ない日常がうつし出されています。美しいものを見つける目が絵になって、日常を心地よいものに変える、そんな力のある作品です。

中島世津子
「ビードロ瓶」2020年 水彩/紙


eto」は、美術を身近にする活動のひとつです。病院の待合室やオフィスなど、人々がときを過ごす場所に美術品を出前することで、日常生活にくつろぎや安らぎをもたらすお手伝いになればと考えています。


関連記事
▶ 水彩4人展 信田俊郎・田村あや・ 中島世津子・吉田淳治
▶ 中島世津子 展

松本健宏展「ヒビノクラシ」@ギャラリーみつけ

2/22[土]―3/13[金]

TOPICS
10:00-22:00(最終入館21:30)
〈入館無料〉 2/25、3/2、3/9休館
ギャラリーみつけ 展示室1・2
見附市昭和町2-4-1 tel. 0258-84-7755
www.gallery-mitsuke.com
指定管理者:新潟絵屋・新潟ビルサービス共同企業体

松本健宏(まつもと たけひろ)
1967年京都市生まれ、在住。京都精華大学 テキスタイル科卒業後インテリアデザイナー経験を経て、染色と人形制作を続ける。染色で1999年京展工芸部門京都市長賞、99・2000・06年日本新工芸展NHK会長賞・日本新工芸賞受賞。京都工芸美術作家協会、日本新工芸家連盟等所属。京都市在住。

PHOTO(上): 「ヒビノクラシ」(部分)2009~19年 200×1456cm(16面屏風)
写真は2014年12月新潟絵屋「松本健宏展 心の素」の展示風景。当時は2面でした。


関連イベント 1 ろうけつ染めで手拭いを染める

2/23[日]14:00〜16:00
・講師:松本健宏
・会場:ギャラリーみつけ・ぶらっとルーム
・参加費:2,000円
・定員15人・小学生以上~(小学1、2年生は保護者同伴)
・要申込:ギャラリーみつけへ TEL. 0258-84-7755
*制作後は作品を預かり、講師が定着処理をして、後日ギャラリーみつけでお渡しします。
*年齢に応じて、常温の着色防染剤ダックを使用することがあります

関連イベント 2 ヒビノクラシ・日々ニ踊ル

2/23[日]18:00〜
・踊り:堀川久子
会場:ギャラリーみつけ展示室1 「ヒビノクラシ」前
参加無料/申し込みは不要です。直接ご来場ください。

堀川久子(ほりかわ ひさこ)
即興舞踊家。新潟市生まれ。20年間の舞踊家・田中泯との活動ののち、1998年より新潟市に活動拠点を移す。独舞を中心に、音楽家、美術家との共同作業、ワークショップなどをヨーロッパでも展開。

松本健宏
松本健宏チラシ表
松本健宏
松本健宏チラシ裏


▶ 2020.02.24魂が喜ぶ絵を描く ワークショップ
▶ SHOP 松本健宏 手拭い&干支人形
▶ SHOP 松本健宏さんの干支もの
▶ 松本健宏展 「花火」2017年

関連イベント 3 松本健宏ろうけつ染めワークショップ

3/15[日]10:00-
講師:松本健宏
会場:新潟絵屋展示室
参加料:2,000円
定員:8名(要予約/新潟絵屋へ)
*所要時間およそ30分~(個人差があります)。
*制作後は一旦作品をお預かりし、松本さんが定着処理をして後日お渡し致します。

絵のある空間コーディネートeto

NEWS

インテリアショップのショールームで展開させていただいている、絵のある空間コーディネート。2月25日までの展示は「清々しさ」をテーマに作品を構成しました。
現在、ご覧いただける作品の作者名:石田佳子・佐佐木實・清水伸・津田真帆・中矢澄子・野中光正ほか

会場: オーダーカーテンと家具・インテリア TOLEDO
新潟市中央区万代3丁目5-36 TEL.025-255-5502
10:30~18:00 水曜定休・駐車場有


絵のある空間コーディネート eto(えと)
佐佐木實展「イ充つ」
清水 伸 展 「夜」