小木曽瑞枝展「山々/こちら側とあちら側」

9/17[火]―30[月]

vol.583

作家在廊予定日 9/17・28

 小木曽瑞枝さんは、遠回り上手だ。制作に時間がかかる。テーマに向かいながら長い回り道に近くや遠くのものをよく観察して、広く思考をめぐらせた末に作品を完成させる。
 新作には2面がある。「鏡を境にあちらとこちらの背景はさかさまになってしまう」「いつでもどこでも、見えている側と見えていない側」――こんな考えごとをしながらできたのが今回の作品。
 前回の個展「前上下左右後」では、それまで壁に固定してきた作品が置きもの化した。新作では、それと共通する点もあるけれど、似て非なる。絵屋の展示室に出現する山々をおたのしみに。(企画 井上美雪)

小木曽瑞枝(おぎそ みずえ)
1971年東京都生まれ。96年東京芸術大学大学院修了。平成19年度ポーラ美術振興財団在外研修員としてスウェーデンに滞在。風景の観察を通じ、未知と既知の狭間にある世界観を平面や立体、インスタレーション作品として発表。2010年「祝祭」(ポーラミュージアムアネックス)、12年「虹の彼方」(府中市美術館)、15年「前上下左右後」(新潟絵屋)、16年「何処でそれを失くしたのかこころあたりはありませんか?」(ギャラリーみつけ)、18年は金沢・ガレリアポンテにて個展。東京、神奈川、群馬、長野、愛知、広島、兵庫、熊本の病院などにパブリックアートがある。

PHOTO(上左): 「Mountain/11.6.2019(仮)」2019年 アクリル絵具/シナ合板 17.0×11.0×1.5cm
PHOTO(上右): 「Mountain/7.6.2019(仮)」2019年 アクリル絵具/シナ合板 18.5×12.0×1.5cm

小木曽瑞枝展
ogiso mizue
ogiso mizue


関連情報 
SHOP

小木曽瑞枝 × 青松ワークス「Round-scape 03」

青松ワークスの木工製品に、小木曽瑞枝さんが制作したパーツを組み合わせました。パーツは凧紐に吊られた円盤ごと回転します。

小木曽瑞枝青松ワークス

2015年
パーツ:アクリル絵具/シナ合板
土台:ニレ  
円盤:アルダー 
支柱:ラミン 
木球:ブナ
16.0×16.0×27.0cm
24,000円+税

榎本千賀子 写真展 「影を繰る」

9/2[月]―10[火]

vol.582

作家在廊予定日 9/2・3・7~10

 1940年代から今まで、生まれ育った福島県金山町の人々を撮り続けた角田勝之助への関心から、金山に移り住み、3年を暮らした榎本千賀子が、金山で撮った写真を展示する。 榎本の展示は3回目。初回は東京、2回目は新潟の写真だった。彼女が暮らしてきた土地の軌跡でもある。一見何を撮ったかわからない榎本の写真には、しかし一見してそれとわかる「声」がある。福原路草の写真のように。
 声は「階調」と言ってもいい。金山の写真の類まれな美しさに私は打たれるが、それはやや明部よりの階調の独特の豊かさ、奥行きからことに来ているように感じる。写真家はカメラを耳にして、世界を聞く。これらの写真をのぞくとき、角田が暮らす金山の光を、自然を、生活を、榎本の耳が聞いた現実と感性の十字路に私は立っている。(企画:大倉宏)

榎本千賀子(えのもと ちかこ)
1981年生まれ、東京出身。写真家。2016年より金山町に暮らし、金山町臨時職員(2016‐19年)として町の映像遺産の編纂事業に取り組むとともに、町の現在を撮影する。金山町における活動は、2017年「村のひろがり・私の奥行き<新潟編>2017「村の肖像」展IV ふたつのかねやま—角田勝之助と榎本千賀子(砂丘館)、18年「Tsuka」(Centre for Contemporary Photography・メルボルン)をはじめとする展覧会や、19年の写真集『山のさざめき 川のとどろき:かねやま「村の肖像」プロジェクト』(金山町教育委員会)などを通じて発表している。

榎本千賀子 写真展

PHOTO: 2018年 金山町水沼

PHOTO: 2018年 金山町大志