斎藤應志展

6/2[木]― 13[月]

niigata eya exhibition 630

 第45回全国町並みゼミ新潟市大会 が予定されており(6/11・12)、砂丘館では斎藤應志の昭和30年代の新潟の町(町並み)を描いた約400点の油絵を展示し(6/2―7/3)、新潟絵屋ではキャンバスの作品を紹介する。
 斎藤應志の自宅兼アトリエは、海辺の高台(砂丘上)の、松林のそばにあり、市営住宅の一部を改装した家で、今も建設当初の名残をとどめている。大正期に建てられたその市営住宅は、洋風瓦の乗るモダンなデザインで、旧市街の市民の目には立地とあいまってまぶしく映ったに違いない。「洋画(油絵)」そのものも、まだ日本人にはまばゆかった時代である。
 斎藤應志の絵の、ことに色の明るさは、そんな時代の「洋」の輝きを宿しているようだ。洋服も洋食も洋楽も、あまりにふつうとなりくすんでしまった今、一時代の前のその光が、逆に新鮮に、なぜか若々しく私たちの目に映じてくるのがおもしろい。(企画者:大倉 宏)

斎藤応志(さいとう おうし)
1903年中条町(現胎内市)生まれ。24年新潟師範学校卒業。戦前の民間主催の洋画公募展「新潟県展」(旧県展)の企画・運営に参画し、自らも同展に出品した。旧県展第1回で3点の作品が入選し、「選外特選」の「船」は市長賞を受賞。第4回で特選。白日会(大正13年創立)へ出品していた時代がある。戦後は中学校美術教師をしながら、新潟の風景や静物画を描き、数多くの個展を開催した。81年没。2019年新潟絵屋で弟との二人展「斎藤應志・鉄臣展」を、2020・21年個展開催。2021年に胎内市美術館で開催された「斎藤應志・鐡臣二人展」の圖録がこのほど刊行された。


斎藤應志展
PHOTO:「さざん花」制作年不明 油彩、キャンバス 27.3×22.0cm

 斎藤應志展
PHOTO:「アマリリス」 制作年不明 油彩、キャンバス 22.0×27.3cm


PHOTO:「たそがれの西堀」 制作年不明 油彩、キャンバス 41.0×31.8cm

斎藤應志展「造船」
PHOTO:「造船」制作年不明 油彩、キャンバス 31.8×41.0cm


同時期開催

6/2[木]― 7/3[日]
「新潟の肖像 1955―70 斎藤應志展」

昭和30年代の新潟市を描いた作品群を一挙に展示します。

9:00―21:00/月曜休館/観覧無料
会場:砂丘館 新潟市中央区西大畑町5218-1 
tel.025-222-2676

斎藤應志展
斎藤應志展
斎藤應志展
斎藤應志展
PHOTO(上から):「市役所の見える西堀」、「街の花賣り」、「紅い雲」、「焼け土蔵」


▶ 2021年 斎藤応志展 3
▶ 2020年 斎藤応志展 2
▶ 2019年 新潟の画家たち[前期] 斎藤応志・鉄臣展

▶ まちの日々180 vol.9『特集 新潟島』
斎藤應志さんの新潟の風景画をめぐる特集記事のほか、多彩な執筆陣が描き出す「新潟島」の記事が満載です。

中村 脩 写真展「レトロパースペクティブ」

6/15[水]― 28[火]

niigata eya exhibition 631

 角田浜の岩壁に、七面大天女岩屋と呼ばれる修験道の聖地がある。そこを撮した中村さんの写真に驚かされた。岩屋には独特の湿度と暗さがあるのだが、人の思念や思い込みなど安々と剥ぎ取った原初の自然。オーストラリアかアフリカの野生の大地を感じさせる明るさと力強さ。時間の尺度も空間の尺度も無辺際なはずだったこの天地はいつしか新潟とか越後とか名付けられてしまった。しかし写真は語る。時に荒々しく激しく、豊かなエネルギー溢れる世界。こんな表情の新潟もあったんだ、と新たな視点を投げ与えてくれる写真展だ。(企画者:田代早苗)

中村 脩(なかむら おさむ)
魚沼市出身。広告写真撮影のかたわらライフワークとして30年以上にわたり新潟県内の風景撮影。「水と土の芸術祭2009・15・18」「瀬戸内国際芸術祭2010」「大地の芸術祭2012・15・18・22」「房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2014・21」など公式記録担当。 新潟市景観審議委員・新潟広告賞審査員を歴任。日本広告写真家協会正会員。近年の個展は2014年「新潟原風景」(旧齋藤家別邸)、16年「プランツワークス」、20年「祈りの形あるいは形象」(SHIRONE PRESSO)ほか個展多数。他に地域イベントやコンサート企画、公募展主催など種々企画開催。
https://jphoto.jp

中村脩 写真展「レトロパースペクティブ」

中村脩 写真展「レトロパースペクティブ」


SHOP 蓮池もも作品 期間限定販売

Shop Information

4/20[水]11:00―6/30[木]24:00

 4月に開催した「蓮池もも展」では、個展終了後に通信販売サイトeyashopで作品をお求めいただける仕組みをご用意しました。
 実際に作品をご覧になられたい場合は、個別にご対応させていただきます。そのほかご不明な点などありましたら、お気軽にご連絡くださいませ。(担当:井上美雪)

蓮池もも(はすいけ もも)
1983年新潟市生まれ。2006年fullmoon upstairs、07・08・09・10・11年画廊Full Moon、12年砂丘館、15・16年ギャラリー島田(神戸)、16年ギャラリー枝香庵(銀座)、21年ギャラリーみつけで個展。新潟絵屋では10・12~21年毎年個展開催。俳誌『白茅』に画とエッセイの連載「森の奥 湖の底」を発表。近年は「momonote」や「コーヒーとタープ」などオリジナルグッズの絵を手がける。大地の芸術祭2022に参加予定。十日町市在住。

蓮池もも

PHOTO:「涙のプール 4」
2021年 額装外寸409×524×奥行25mm 税込50,160円 アクリルガッシュ/和紙

蓮池もも「マグカップ 3」
PHOTO:「マグカップ 3」
2022年 額装外寸268×218×奥行25mm 税込19,800円

蓮池もも


▶ ギャラリートーク 2022.6.30まで公開中

蓮池ももさんと大倉宏(本展企画者・美術評論家)のギャラリートークをYouTubeにてご覧いただけます。(31分間/公開期間2022.6.30まで限定)

蔵六面工房の十二支と招き猫

SHOP
10/30[土]―12/15[水]

会期中のお休み:11/8―12、29、30

和紙づくりがさかんだった山形県上山(かみのやま)で生まれ、現在は二代目木村蔵六さんがこつこつ制作している手仕事の和紙面、和紙人形をご紹介します。たくさんのアイテムがありますが、今回は干支ものと招き猫に絞りました。即売につき、お早めに!

蔵六面工房(ぞうろくめんこうぼう)
www.zorokuharico.com

PHOTO(上): 張り子かわらけ面「竹犬」
約11.3×13.0×5.0cm
税込1,400円

蔵六面工房

蔵六面工房

蔵六面工房
蔵六面工房


蔵六面工房


西野一男展「旅」

9/1[水]―12[日]

niigata eya exhibition 617

 昨秋、西野さんからご案内頂いた葉書の絵に惹かれ、思い切って車を走らせ、ドアtoドアで入間市の個展会場に出向いた。当時、先が見えない時勢の中、絵を見て元気を頂いた。そんな風に、新潟の人達に独特の西野カラーで元気を届けたい気持ちが湧いて、このたびの企画を思い立った。
 今回は、これまでに西野さんが旅した町、記憶に留めて作りためた木版画、ガラス絵を集めた。特に橋が絵を彩る作品が多く、それだけでも十七点になった。橋という工作物は、風景の中、記憶の中に、圧倒的な存在感を持つ。作品を並べて見てみたら、鮮やかな色が目に飛び込み、それだけで元気になった。もう少し、もう少しだけ我慢が必要な今、西野カラーで皆さんに元気をお分けしたい。(企画 伊藤純一)

西野一男(にしの かずお)
1939年埼玉県入間市生まれ。66年高橋絵画研究所に入り油彩を学ぶ。現代画廊、画廊宮坂などで個展。新潟絵屋では00・01・08・18年個展開催。元日本板画院同人。入間市在住。

PHOTO(上):「新大橋」 1995年 木版画 20.5×24.0cm

西野一男 ロマンティック街道 フユッセン
PHOTO:「ロマンティック街道 フユッセン」1989年 木版画 33.5×24.5cm

西野一男 雲のある萬代橋
PHOTO:「雲のある萬代橋」2018年ガラス絵F3号


2018年▶ 西野一男 展
2018年▶ 西野一男 展

関連ニュース

西野一男ポストカード

西野一男ポストカード

「染付壺の椿」 原画:油彩「新潟萬代橋」 原画:ガラス絵
各税込 150円

dododoの作家コラボグッズ、新作を準備中です!

光をとる

会場:砂丘館 新潟市中央区西大畑町5218-1
9:00 ― 21:00・月曜休館・観覧無料
tel.025-222-2676

ミーヨン

〈光をとる1〉 Truth is One ミーヨン写真展

8/5[木]― 9/5[日]

ギャラリートーク

〈戻らなければならない場所がある気がする〉
8/21[土]14:00―15:30 →終了しました
・聞き手:大倉宏(砂丘館館長)
・参加費:500円


中里和人 「Night in Earth」

〈光をとる2〉 Night in Earth 中里和人写真展

10/1[金]― 31[日]

ギャラリートーク

〈URASHIMA-夜、海、気配〉
10/2[土]14:00―15:30
・聞き手:大倉宏(砂丘館館長)
・参加費:500円
・定員:20名
・砂丘館へ要申込・受付 9/4~


関連情報

「光をとる ミーヨン 中里和人 写真展」

会場:新潟絵屋
9/16[木]―29[水]
砂丘館で8月、10月に連続開催する二人の写真家の二人展。明るい光とかすかな光、光のはてしない奥行きを写真という目で感受する。 (企画者:大倉宏)


▶ Mi-Yeon 写真展 Alone Together