梅野 亮 展

11/17[土]―30[金]

niigata eya exhibition vol.563
11:00―18:00(最終日―17:00)

作家在廊予定日◆11/17・18・23・24・30

 人の華やかさは持って生まれたもの(性格)と生い立ち(環境)の化合物かもしれない。
 梅野亮の父隆はコレクターで、長野県東御市にある梅野記念絵画館はそのコレクションを礎に生まれた。美術の世間で忘れられかけた物故者の絵の輝きを見出し「発掘」するのを喜びとした人でもあった。若い長男が絵を描き、注目された頃、「早世していれば高く評価された(のに)」と言ったという話を、新潟に来た亮さんから直に聞いたとき、彼の育った環境の一端を感じたものだ。
 亮はその後長く絵を離れるが、60を越えてふたたび描きはじめる。そうして生まれた絵を紹介する。線に、色に、どうあってもにじんでくる華やかさは、たぶん天性のものであって、画家はその光を、自らの食として生きようとしている。
 華やかさと遠い私たちの画廊と通じ合うものが、この人の絵に、生き方に、芽生えようとしている。 (企画・大倉宏)

梅野亮 (うめの まこと)
1952年福岡県八女市生まれ。10歳より油絵を始める。73年美術留学のため渡仏。その後、会社経 営などのため絵画活動を休止していた時期がある。9 8 年梅野記念絵画館設立。近年は、ギャラリー上田、ギャラリーゴトウ(銀座)などでの個展のほか、フランス、ドイツ、香港など国外での発表もし、精力的に制作している。


関連イベント

ギャラリートーク 11/24[土] 18:00-19:00

ゲスト:梅野亮/聞き手:大倉宏
参加料500円/予約不要/会場:新潟絵屋展示室

梅野亮2016
梅野亮2016_
梅野亮2018

PHOTO(上から): 「 街 」 2011年 水彩/ダンボール 7×7cm
「街を歩く-月」 2016年 鉛筆・パステル・定着液・熱処理 /紙 56×40cm
「街を歩く-月」 2016年 鉛筆・パステル・定着液・熱処理/紙 40×29cm
「円の記憶と線の法則」 2017年 鉛筆・定着液・熱処理/紙 40×56cm

加藤啓 作品展 “人形—漂着物”

10/12[金]―15[月] 11:00—18:00

 『白茅』は、中田剛・坂内文應両氏が率いる白茅俳句会の季刊誌で、大倉宏(新潟絵屋代表)や蓮池ももさんのエッセイも連載中です。このたびは、その表紙に作品を連載中の加藤啓さんの個展です。最新号やバックナンバーの展示販売もあります。

加藤 啓 (かとう・けい)
1949年愛知県瀬戸市生まれ。大野一雄舞踏塾、美学立石鐵臣細密画教場に学ぶ。細密画描法による幻想絵画から出発し、インスタレーション、海辺で採集したモノたちで作られた人形オブジェへと変遷。91年よりオブジェ—人形を操る移動式劇場を始める。


関連イベント パフォーマンス&句会

人形操りパフォーマンス
‘シルクミニアチュール,ミームイルミネット’
10/14[日]14:00— ご自由に観劇いただけます
出演:加藤啓
●会場:信濃川左岸柳都大橋上手場の光、風、音のうつろいに遊ぶ操り人形劇場。
投銭歓迎・1,000円以上で手製オリジナルリーフレット進呈

特別俳句会
投句数両日各8句・兼題、席題は設けません
10/13[土]13:00— ・10/14[日]9:00—
●会場:砂丘館(中央区西大畑町5218-1)
●参加料:2,000円(両日参加の場合3,000円)
要予約・お申込:白茅俳句会 tel.0256-52-0637(定員になり次第締切)

主催・お問合せ:白茅俳句会 新潟県加茂市若宮町1-9-1 tel.0256-52-0637

フライヤーおもて
フライヤーうら

吉冨ひろみ展 ― 時の波打ちぎわで Ⅹ―

10/2[火]―10[水]

11:00―18:00(最終日―17:00)

Open Eya vol.5

出品作品
F100号 ~ 4号 約20点
綿布にソフトパステル他。

作家在廊予定日:10/2.5.6.10終日

吉冨ひろみ(よしとみ ひろみ)
新潟県生まれ。東京都府中市在住。
横浜で日本初の現代美術の学習システムとして発足したBゼミスクール修了。
1986年より個展などで作品を発表する。活動拠点である府中市がウィーン市と友好都市であることから、NPO法人アートプロジェクトTAMAが主催する展示やワークショップに参加。2014年ウイーン美術学校で石版画を学ぶ。
作家ホームページ
吉冨ひろみ
「季節は巡る 冬、春、夏、秋……夏」
2016年 パステル・鉛筆/綿布 162.1×130.3cm

吉冨ひろみ2012
「季節は巡る 冬、春、夏、秋……冬」
2012年 パステル・鉛筆/綿布 116.7×116.7cm

西野一男 展

7月2日mon―10日tue

vol.556

 埼玉県の画家・西野一男さんの個展は10年ぶり。その大らかな味がますます大らかになって、ほんわりとした空気の漂う風景や人物に、南を感じます。(企画 伊藤純一・大倉宏)

西野一男(にしの かずお)
版画家。画家。1939年埼玉県入間市生まれ。高橋絵画研究所で油彩を学ぶ。現代画廊、画廊宮坂などで個展。

PHOTO: 「青花壺のダリア」ガラス絵 14.5×14.5cm


伊津野雄二展

〈新潟絵屋 6月の企画展〉niigata eya exhibition 555
6/17[日]―30[土]

伊津野雄二展

愛知県岡崎市の山中で制作を続ける彫刻家・伊津野雄二の刻む女性像は、現代に神話をよみがえらせます。大地から、海原から、風や花から生まれてきた清冽な人間像を紹介します。小品も展示予定。ギャラリーみつけにも巡回します。

伊津野雄二 彫刻展

6月17日sun―30日sat

vol.555

  伊津野雄二の彫刻展は数えると6回目。

 伊津野の女性像は、私たちの時代の「母」の像ではないかと近年思い始めた。かつて、女が母になることは、少女であること、女であることを断念することを意味していた—少なくとも、そう要請する社会の無言の規範があった。伊津野の女性像は自らその枠を、殻を破り、少女であることと女であることを、そのたくましい腕で抱きしめながら母になった人という気がするのである。

 昨年の梅野記念絵画館(長野県)での回顧的展示では、そのイメージが早くから完成形に近い姿で彫刻家の鑿(のみ)の下に現れていたこと、それでも時代を追って微妙な変化を見せてきたことを教えてくれた。ことに2010年代以降になると、その母の表情、肢体に、えも言えぬ苦悩の影のようなものが掠めだす。時代の規範を脱ぎ捨てた人が、けれど時代の苦悩を、自らの感情の底で受け止め揺れているのだった。

 この母の像の美しさは、そんな感受性の深みから湧いてくるのだ。 (企画 大倉 宏)

伊津野雄二

伊津野雄二(いづの ゆうじ)
1948年兵庫県生まれ。69年愛知県立芸術大学美術学部彫刻科中退。75年知多工房設立。木彫、家具木工芸を手がける。名古屋画廊(名古屋)、ギャラリー椿(京橋)、ギャラリー島田(神戸)、新潟絵屋で個展開催。作品集に『伊津野雄二作品集 光の井戸』(2013年 芸術新聞社)がある。

伊津野雄二

伊津野雄二

PHOTO(上から):「風の砦 2017」 2016-17年 松 107×28×24cm
「春の書物」2017年 楠 50×12×15cm
「風の音に<オリーブ>」 2017年 ヒメコマツ 27×14×14cm
「木陰の人々 2」2017-18年 楠 24×15×14cm


関連イベント

伊津野雄二 彫刻展 巡回展

7/20[金]―8/12[日]
10:00―22:00(入館受付21:30まで)
ギャラリーみつけ 展示室1・2(1階)
見附市昭和町2-4-1 TEL.0258-84-7755
www.gallery-mitsuke.com