大関博史 展 「銀色の肖像」 ~Mirror Reflections~

11月22日wed―30日thu

vol.543 作家在廊日:会期中新潟滞在予定

 「モザイクの制作は、石やガラス、タイルなどの素材を一つ一つ様々な形に割るところからはじまる。それらを組み合わせ、並べ方を工夫しながらテクスチャーを生みだし、その表情の変化を利用しながらテーマやモチーフを描いていく技法です。
 大関さんは、割り出された一つ一つを 「粒々(ツブツブ)」と呼んでいる。粒々は、生命を生み出す細胞、宇宙を構成する物質の一つ一つと同等の意味があるらしいのです。一粒のミクロからはじまり、マクロへと向う、そんなイメージが思い浮かんだ。
 今回の作品は、タイトルにあるように鏡が多く使われていて、鏡とガラスの粒々が織り成すテクスチャーがキラキラと美しい。
 そして、粒と粒をつなぐ接着素材は、アクリル絵具を改良して作られた大関さんのオリジナルで、独特な発色が作品を引き立てている。カラフルなグラデーションが効果的だ。
 また、SHOPスペースでは、季節のものとしてクリスマスをイメージした小品の出展も予定しています。
(企画 伊藤 信行)

大関博史

大関博史 (おおぜき ひろし)
東京都生まれ。造形作家。公共建築の環境美術にモザイク、ステンドグラス等の制作で数多く携わる。2001年よりステンドグラスとモザイクの工房・教室「グラスワーク未来」主宰。1994年「第6回あかりのオブジェ展」(岐阜)、同年「第一回国際モザイク展」(鎌倉芸術館)、97年「第一回モザイク展 MOSAICO・ESPOSIZIONE」(東京芸術劇場)、2000年「未来工房ステンドグラス&モザイク展」(立川髙島屋)出品。新潟絵屋では、02年「あかり展」、03・07年「二人展」以来で、今回が初めての個展。東京都在住。

PHOTO(上): 「Heart Break Radio」82.3×67.2×4cm
PHOTO(下): 「銀色の肖像/花火とO氏の沈黙」2017年 ダイクロガラス・鏡・半田・ステンレス・アクリル絵具 82.3×67.2×4.0cm


Rain ―福井祐介 展

11月12日sun―20日mon

vol.542 作家在廊日:11/12~20

 「落雷は〈放電〉という現象で、放電は〈絶縁破壊〉によって生じる。福井祐介の線もまた、紙の峻拒を破壊し、貫通するすさまじいエネルギーの 疾走だ。つらぬくものと、つらぬかれるものがこすれ、しぶきを、噴煙を、発するように、集中豪雨の雨粒が空気に発熱し、水蒸気をまき散らすように、空間そのものが大きな帯電体となって私の目を襲い、撃つ。
 福井は富山に生まれ、二十歳からハンガリーに住み、生活を続けてきた。小さな素描にさえ壮大なスケールをひそませる、素晴らしい画家を、新潟で紹介できることを喜びたい。
初の試みとして、会期の始まる前日の夕べにオープニングを行い、福井の仕事を長く見続けてきた塩田純一氏(新潟市美術館館長)にお話をうかがう。会期中の16日の夜には福井氏から「ハンガリーの美術」の現況ついてもお話を聞かせていただく予定だ。
(企画 大倉 宏)

福井祐介

福井祐介 (ふくい ゆうすけ)
1971年富山市生まれ。91年よりハンガリー、ブダペストに滞在。98年ハンガリー国立ブダペスト美術大学絵画科修士課程修了。95~2006年ハンガリーヤングアーチスト協会会員。98年よりハンガリークリエイティブアーチスト協会会員。ハンガリー、オーストリア、日本などで個展、グループ展多数。パブリックコレクションーハンガリー国立ブダペスト美術大学、佐久市立近代美術館、Kiscell美術館(ハンガリー)など。
▶ホームページ

PHOTO(上): 「Rain. 2013-84」2013年 墨/紙 62.5×48cm
PHOTO(下): 「Rain. 2012-61」2012年 墨/紙 62.5×48cm


関連イベント

◆ 塩田純一 (新潟市美術館館長)のトークとオープニングパーティ 11.11[土] 17:00〜

◆「ハンガリーの美術のいま」 お話 福井祐介 11.16[木] 18:30〜

いずれも申し込み不要 参加費500円

渡辺隆次 展

11月2日Thu―10日fri

vol.541 作家在廊日:11/2~5(予定)

 「宮廷画家」という言葉が、渡辺隆次の新作を見て、浮かんで、びっくり。
 絵に漂う不思議なエレガンス(優雅さ)に反応してのことらしい。部分的には、おなじみの胞子紋(置かれたきのこが紙にこぼす胞子の紋様)や、数年前から登場したスパッタリング(霧吹き技法)によるクリップや鍵のシルエットに、木の葉や実や渡辺隆次風の有機的かつ無機的な文様が描き込まれた画面だが、それらが渾然と解け合い、なめらかで、優雅で、美味な空気がかもしだされている。
 渡辺が八ヶ岳の麓の山里に暮らして40年。豊かな自然環境に「開発」が進行し、心痛むことも多かったと聞く。けれどそこはやはり宮廷でもあった。美しさと豊かさに支えられた空間という意味である。山里宮廷のその濃厚な香りを見事に放って、絵がみやびに輝いている。
(企画 大倉 宏)

渡辺隆次

渡辺隆次(わたなべ りゅうじ)
1939年東京都八王子生まれ。武蔵野美術学校(現武蔵野美術大学)卒、東京学芸大養護科修了。77年から八ヶ岳麓のアトリエで制作を続ける。個展多数。92~99年武蔵野美大特別講師。99~2003年武田神社(甲府)菱和殿天井画、04~05年同神社能楽殿の鏡板絵を制作。著書に『きのこの絵本』『山のごちそう』『八ヶ岳 風のスケッチ』(筑摩書房)、『水彩素描集』(深夜叢書)、『花づくし 実づくし―天井画・画文集― 〈一〉〈二〉〈三〉』(木馬書館)、『山里に描き暮らす』(みすず書房)がある。新潟絵屋では06年12月・09年11月・13年10月に個展、2013年は角田山妙光寺と2会場にて同時期開催。近年は依頼を受けて制作した巨大なうなぎの絵馬を神社に奉納した。

PHOTO(上): 「胞子紋」2014〜16年 ミクストメディア/紙 34.8×23.8cm
PHOTO(下): 「胞子紋」2014~17年 ミクストメディア/紙 34.8×23.8cm

小林久子展

10月12日thu―20日fri

vol.539 作家在廊日:10/12~14

 小林久子の画面は大きな「動」感に満ちているが、あたかも潮の変わり目の海のように、そのなかで、すべてが一瞬、静止したような作品がある。動が動へ変化する転換点の「静」。「動」の渦中では見えなかった淵が見え、聞こえなかった音が聞こえる。その刹那の淵は、深く、音は重く、心にしみる。しみる。
 小林のこれまでの実人生を、新潟で聞かせていただいたことがあった。キャビンアテンダントの時代。幾度かの結婚と離婚。相手のひとりが、あるときから、背に翼をつけて生きはじめたこと。アメリカでの画家としての出発。自活のために始めた宿泊業……。
 小林の絵にそのような実人生のドラマは描かれていない。描こうともしていない。けれど実人生を生きるように、「絵を生き」てきた人の絵の前で、私の実人生が、絵を見る時間を踏み抜け、吸い寄せられていく。
(企画 大倉 宏)

小林久子展

小林久子 (こばやし ひさこ)
東京都生まれ。プラット大学院を卒業。N.Y.Greenwich Villageのロフトに住み、創作活動を開始。その後マンハッタン・南ソーホーを拠点に制作活動を続け、世界各地で展覧会を開催。近年は、パリ日動画廊、モスクワ美術館で作品を発表。ジョージス・バーゲスギャラリー(Soho・New York)では毎年個展開催。ロシア国立オリエンタル美術館などに作品収蔵。ニューヨーク在住。 www.hisakokobayashi.com

PHOTO上:「I want to be in the same space with you(あなたといつも一緒にいたい)」2017年 油彩/紙 46.0×61.0cm
PHOTO下: 「Maitri, Generous Compassion(限りなく優しく)」2017年 油彩/紙 61.0×76.0cm

作家の声を聞くギャラリートーク
10.12[木] 19:00〜20:00
聞き手:大倉 宏/参加料:500円/申込不要

…描くことは自分の感情の素直な表現であり、心の中にあるいろいろな感情を形作っていくプロセスでもあります。自然界あるいは自身の中にある混乱を秩序だててもくれます。この小さな絵画から大きな世界、宇宙の探求、それが私の求めるものです。私の絵は抽象画ではありますが、心の中を形に現したものなのです。 
(小林久子)

小林久子

松川孝子展

10月2日mon―10日tue

vol.538 作家在廊日:会期中毎日15時~

 松川孝子の新潟絵屋での個展は5回目になる。
 松川の絵は抽象であり、同時に風景である。森(=垂直)と海(=水平)のイメージを、その絵はくりかえし語り、奏でてきた。以前の森は、奥が暗く深いヨーロッパの森だったが、垂直の形が振り子のように揺れ出した近作のそれは、どこか新潟の町のへりに、壁のようにそびえる防砂林を思わせる。すぐ先に揺れさわぐ海があることを告げるような、風と光の気配が魅力的だ。
 もうひとつの、不定形の形が水平に積層するシリーズは、たしかに〈砂丘〉を連想させる。まったく違う構成なのに、ひとつながりの絵に、見えてくるのは、どちらの絵の底にも、きっとひとつの、あるいはひとつに融けた、内なる画家の原風景があるからだろう。その「原」石のきらめきが私の目を、体を、いつもゆさぶる。
(企画 大倉 宏)

松川孝子展

松川孝子 (まつかわ たかこ)
1945年新潟市生まれ。日本女子大国文科卒。国立ウィーン応用美術大学卒。73年渡仏。75年よりウィーン在住。ヨーロッパ各地の展覧会に出品。アルベルティーナ美術館(オーストリア)、グラフィック美術館(ノルウェー)、Petit Format 美術館(ベルギー)等に作品収蔵。新潟では95・2001年大和アートサロン、04・06・12・14年新潟絵屋、06年砂丘館で個展開催。オーストリア芸術家協会会員。 www.takako-matsukawa.at/home

PHOTO上: 「海に臨む」2017年 ミクストメディア/キャンバス 50.0×60.0cm
PHOTO下: 「森にて」2017年 ミクストメディア/和紙 31.0×58.0cm

作家の声を聞くギャラリートーク
10.7[土] 18:00〜19:00
聞き手:大倉 宏/参加料:500円/申込不要

厚地富美子展

9月22日fri―30日sat

vol.537

 厚地さんの個展は絵屋で3回目。最初は木版画、2回目はガラス絵、そして今回はその両方の新作を展示することにした。彫る力や工程の長さが壁となりガラス絵に移行し、絵の具で描くことに熱中していた近年だったが、最近、木版画を再開された。
「なんだかおかしいでしょう」
 厚地さんは笑う。新作の木版画は、ブランクが一層の壁となっているそうだが、相変わらず魅力的だ。独特なおかしさはなんだろう。絵は、作者を通過して、思いがけない色や形となってあらわれてくる。そのズレの面白さ、どうにも愛らしい。肩の力が抜けるような、ほぐしの効能がある。
 めずらしく、絵屋のショップに暮らす人形たちが、厚地さん宅で夏の日を過ごした。ひょんなことから絵のモデルを果たすことに。さて、どんな絵ができてくるだろう。それもおたのしみに!(企画 井上美雪)

厚地富美子_1709

厚地富美子 (あつじ ふみこ)
1936年島根県松江市生まれ。47年より新潟市に住む。75年新潟市中央公民館の年賀状講座に参加し、木版画を始め、鈴木力氏の指導を受ける。新潟市市展市長賞、新潟県展県展賞(2003年)、奨励賞(86・96・00年)を受賞。2008年たけうち画廊(新潟市)、10年ギャラリー十三代目長兵衛(柏崎市)、11・15年新潟絵屋で個展開催。グループ展「遊」出品。

PHOTO(上): 
PHOTO(下): 「貝」2017年 木版画/和紙 21.0×28.0cm

華雪展 「顔」

9月12日tue―20日wed

vol.536 作家在廊日:9/12.13.14.16.17終日 9/15午後 9/18午前

 月刊誌「ジャフメイト」の華雪の連載「文字と眼差し」が面白い。
漢字の原点、甲骨文字。絵に近い最初の姿を思い浮かべた「誰か」に想像をめぐらせ、自分の体験や記憶と重ね合わせる。語る道具になった文字自体が、話し出すような不思議な心地。
近作「顔」は、ピカソの晩年の自画像を見たのが、ひとつのきっかけになったという。その顔は「極彩色のパステルで描かれ」「色は混ざり合って濁ることも厭わず、紙の上でぶつかり合」っていた。顔は時に感情や思いを表すが、華雪によれば「顔」の字は本来「化粧を施した顔をあらわし」「現代中国語では色合いを指す」。化粧が顔を整えつつ、何かを隠すように、顔は隠す場所でもあった。
人は表し、隠し、人生を送る。ま反対の力がぶつかり、尖った波頭にぬめり出たような「顔」の書が、すごい。(企画 大倉 宏)

華雪展 「顔」

華 雪(かせつ)
1975年京都府生まれ。書家。92年より個展を中心にした活動を続ける。〈文字を使った表現の可能性を探る〉ことを主題に、国内外でワークショップを開催。舞踏家や華道家など、他分野の作家との共同制作も多数。刊行物に『石の遊び』(2003年平凡社)、『書の棲処』(06年赤々舎)、『ATO 跡』(09年between the books)など。最近ではJAFの機関誌「JAF Mate」に書とエッセイを連載していた。『コレクション 戦争×文学』(集英社)、『木の戦い』(エクリ)をはじめ書籍の題字なども手がけている。「水と土の芸術祭2012」(新潟市)、「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」に参加。新潟では新潟絵屋、砂丘館、二宮家米蔵、エフスタイル、室礼などで展示を行ってきた。 http://www.kasetsu.info

▶みるものとよいところ 会場のようす

PHOTO(上): 「顔」2017年 墨/和紙
PHOTO(下): 「顔」2017年 墨/和紙 33.0×23.5cm

松本健宏展 「花火」

9月2日sat―10日sun

vol.535 作家在廊日:会期中毎日予定

 前回の絵屋での個展から3年が経つ。長いようなあっという間のような3年、それぞれの人生の中でも3年という年月は、環境に変化があった者変わらぬ日々を積み重ねる者、千差万別時の経過を持つ事だろう。松本さんもこの3年環境変化があった。安定した創作環境を確保するため福祉関係の職に就き、創作に対して理解者であった義父を見送った。延命治療を選択しなかった義父や施設で向かい合う人々に接し、松本さんの創作の根底にある「人間は何者で、何のために生きているのか」を感じずにはいられない日々であった。そんな環境下で創る今回の個展テーマは「花火」。人間の人生は長いようで短い、しかしながら火花の様な激しい輝きを放ちながら、感謝し祈りながら、人生を送る。そんな事を表現した作品を今回は展示したい、と松本さんは語る。染めだけにとらわれず、蝋絵や造形物といった多彩な手法で表現する今回の作品から、新しい年輪が刻まれた松本さんを感じていただきたい。(企画 伊藤純一)

松本健宏 作品

松本健宏 (まつもと たけひろ)
1967年京都府生まれ。京都精華大学テキスタイル科卒業後インテリアデザイナー経験を経て、6年間丹後伊根の舟屋へ通い染色作品の連作を続ける。京展工芸部門京都市長賞など受賞。新潟絵屋では2007・11・14年個展開催。京都工芸美術作家協会会員。

▶みるものとよいところ 会場のようす

ワークショップ「ろうけつ染めで手拭いをつくる」講師:松本健宏
9/2(土)19:00/定員8人
9/3(日)10:00/定員4人
9/6(水)19:00 /定員8人
会場:新潟絵屋/参加費1,500円/所要時間およそ30分〜(個人差があります)
制作後は一度作品をお預かりし、松本さんが京都のアトリエで処理をして、後日新潟絵屋でお渡し致します。
▶ワークショップのようす

PHOTO(上): 「花火#2」2017年 蜜臘クレヨン・水彩顔料/和紙
PHOTO(下): 「花火#1」2017年 蜜臘クレヨン・水彩顔料/和紙 39.0×26.0cm

「おかえり展」レポート

8/22[火]~30[水]

 「おかえり展」は、過去に新潟絵屋でお求めいただいた作品をご出品いただいて、里帰り展示するグループ展でした。12人のコレクターの、15作家17作品が集まり、展示設営は出品者と一緒に行いました。会期中は、懐かしい作品との再会を喜ばれたり、色んな作品が見られて面白いと好評でした。関連イベントの「おかえり展おでかけ篇」(8/23よる)では、運営委員のひとりで俳人・田代草猫のお家を会場に、辻桃子・小山まさえ・森敬子・フジタヨウコさんらの作品(草猫 蔵)をしつらえ、太陽系の図鑑を見ながら俳句の話を聞き、句作をしました。

▶みるものとよいところ 会場のようす

等々力弘康ドローイング展

8月16日wed ― 19日sat

11:00〜18:00

等々力弘康の色が眼球に入ると、その色の陰に、裏にある、ひそむ、見えない色が匂いたつ。
蜜に誘われる蝶のように、その色一色の底の色に、吸い寄せられ、一瞬の花芯に目の羽根をたたみ、立ちどまる。(大倉宏)

等々力弘康(とどりき ひろやす)
1943年新潟生まれ。

IMG_6470

IMG_6477

IMG_6478

IMG_6482
2017年の作品を中心に、旧作もさまざまな年代のものを展示しています。
IMG_6484

IMG_6479
等々力弘康

等々力弘康

等々力弘康