eya selection 絵屋セレクション

2020年6月16日新潟絵屋は20周年を迎えます

6/1[月]―21[日]

vol.592

 迷走を続けた春だった。
 4月5月に計画していた展示は全て延期。代わって絵屋のメンバーが愛蔵の絵を持ち寄って販売する「絵屋セレクション」も初日を開いただけで、緊急事態宣言の拡大を受け翌日から休廊に。休みは5月末まで延長となり、そして6月、新潟絵屋は20周年を迎えて、引き続き(と書くべきか…)20日間「絵屋セレクション」展を開く(予定…とただし書きの必要な時代となった)。
 この間の4月27日、2002年から絵屋で個展を続けてきた新潟生まれの画家井田英夫が44歳の若さで病で亡くなった。「見る人」が主体となって運営する画廊として誕生した新潟絵屋に、命を吹き込んでくれたのは、美術家たちだった。ことに年々新しくなっていく現在進行形の制作で、人々を引き寄せ、絵を見る経験の豊かさを教えてくれた井田さんのような存在あっての、この20年という時間だった。絵屋に関わってくれた全ての美術家に、あらためて、心からの感謝を伝えたい。7月には、遺作展となってしまったが、井田さんの未発表作を中心とした展示を開く(予定)。        (大倉宏)

出品作品:打木、相田諒二、浅野弥衛、小川俊充、隠岐安弘、華雪、佐藤哲三しんぞう、津田真帆、中尾昌吾、蓮池もも、松本健宏、緑川俊一、三芳悌吉、八木なぎさ、涌井欽也 ほか


会期中は、ショップコーナーもおたのしみに。齋藤伸絵さんの染織り作品と阿部信子さんの彫金・ジュエリー作品を特集する「NOBINOVI SELECT」や、ノート「momonote」(絵・蓮池もも)、里村洋子・著『柳水園ものがたり』など入荷しました。
緊張が続く日々の中で、ひととき、心休まる時間をお過ごしいただければ幸いです。

photo(上): Murai Isamu
右の写真は、「日暦」に寄り添うコジマトリョーシカ(阿部信子作品)


会場の様子

eya selection
eya selection
須永祥雍

上・須永祥雍「静かな音II」

打木
左・SHARAREH KHOSRAVANI(untitled)
右・打木「お供」

森敬子
上・森敬子「天使さん」売約済み

隠岐安弘
上・隠岐安弘「太陽と月と」

八木なぎさ
上・八木なぎさ「empty room」

蓮池もも
蓮池もも 上「文様57」・下「まどろみ眠り夢見目覚める」

蓮池もも

佐藤哲三
上・佐藤哲三「氷雨」

華雪
上・華雪「手」


上・松本健宏「白山の朝市で」

峰村リツ子
上・峰村リツ子「裸婦」売約済み

しんぞう
上・しんぞう「神の犬」

浅野弥衛
上・浅野弥衛「ブルーチェス」

相田諒二
上・相田諒二「message -A SCENE OF NIIGATA」

eya selection
小川俊充
上・小川俊充「再び海へ」

涌井欽也
上・涌井欽也

七里知子
上・七里知子「六つの霞、六つの雲、六つの星」売約済み

中尾昌吾
上・中尾昌吾「存在する」

良寛道人扇面
上・良寛道人扇面(印刷)

西村満
上・西村満「北の浜」

三芳悌吉

三芳悌吉

上・三芳悌吉「寄居浜あたり」

松本健宏

上・緑川俊一「かお」

eya selection
絵屋便 履歴
出品作品の多くは過去に新潟絵屋でご紹介した作品でした。
2000年開設時からの案内状「絵屋便」を見ながら、休廊明けを待ち遠しく思っています。
(4.19 井上美雪・記)

NOBINOVI SELECT

SHOP

〈ノビノビセレクト〉

6/1[月]― 21[日]

齋藤伸絵さんの染織り作品と、阿部信子さんの彫金・ジュエリー作品を展示室に隣接するショップコーナーで展示販売いたします。

齋藤 伸絵

齋藤 伸絵(さいとう のぶえ)
手紡ぎの技法を中心にウール、絹、麻、綿、ステンレス線など様々な素材で身につけるものを中心に織りの作品を制作してます。使う方の一部になって寄り添う作品を心がけています。
新潟、長岡、柏崎、他札幌、東京、福島などで個展、グループ展開催。宮城県仙台市生まれ。新潟市在住。長岡造形大学市民工房染織講師。

阿部信子(

阿部信子(あべ のぶこ)
いろいろな金属を用いてジュエリーをメインに制作をしています。シンプルで美しく、人が身につけて完成する形を目指しています。
県内外で個展、グループ展を開催。アトリエNOVI主宰、新潟デザイン専門学校非常勤講師。新潟市在住。

nobinovi select

nobinovi select
eya selection
日暦に寄り添う「コジマトリョーシカ」(阿部信子作品)
同じ会期中、
展示室では「eya selection」を開催中です。
あわせておたのしみください。


過去の関連記事
齋藤伸絵展
2009年5月
阿部信子展
2008年4月
2004年2月


絵屋セレクション

6月開催予定
会期が変更になりました。
4/17[金]―5/31[日]

vol.592

 この6月で新潟絵屋は開廊20年を迎える。
 そんな時期になんとこんなことになろうとは……Covid-19という見えない魔が私たちの領域にまで波紋を広げ、4月5月に予定していた展示はすべて延期させていただくことになった。
 その間、絵屋は文字通り「絵屋」に、つまり絵および絵(や美術)にまつわるあれこれを商う店になる。
 和紙を張り替えたばかりの壁には、絵屋の運営に関わるメンバーたちがそれぞれの家の壁で対話してきた絵をもちより、販売(即売)する。さらにご縁のあった美術家のみなさんにお願いして、家にかけやすい大きさの絵も加えていく予定だ。はからずもこれは「絵のある家」の普及を願ってきた私たちの原点回帰でもある。
 多くの人にみてほしいとは書けないが、ひっそりした街を通って、画廊に来て、人とではなく、絵とマスクの上の目で語らってほしい。またできうることなら、その絵を持ち帰り、家に飾り、この強いられた「一人」の時代を、狭められた空間を、心の側に拡げてほしい。
 絵にはそのような力があると、私たちは信じている。 (大倉宏)

出品作品:佐藤哲三、SHARAREH KHOSRAVANI、しんぞう蓮池もも三芳悌吉 ほか


「絵屋セレクション」期間中は、この空間にさまざまな作家の作品を展示、即売します。
ショップコーナーは通常営業します。齋藤伸絵さんの染織り作品と、阿部信子さんの彫金・ジュエリー作品を特集する「NOBINOVI SELECT」や、新発売のノート「momonote」(絵・蓮池もも)もおたのしみに。
緊張が続く日々の中で、ひととき、心休まる時間をお過ごしいただければ幸いです。


このたび会期が変更になりましたが、臨時休廊期間(4/18〜5/31)に、本展出品作品をすこしずつ更新していきます。
お電話やメールでご予約いただくことも可能です。

eya selection
eya selection
須永祥雍

上・須永祥雍「静かな音II」

打木
左・SHARAREH KHOSRAVANI(untitled)
右・打木「お供」

森敬子
上・森敬子「天使さん」売約済み

隠岐安弘
上・隠岐安弘「太陽と月と」

八木なぎさ
上・八木なぎさ「empty room」

蓮池もも
蓮池もも 上「文様57」・下「まどろみ眠り夢見目覚める」

蓮池もも

佐藤哲三
上・佐藤哲三「氷雨」

華雪
上・華雪「手」


上・松本健宏「白山の朝市で」

峰村リツ子
上・峰村リツ子「裸婦」売約済み

しんぞう
上・しんぞう「神の犬」

浅野弥衛
上・浅野弥衛「ブルーチェス」

相田諒二
上・相田諒二「message -A SCENE OF NIIGATA」

eya selection
小川俊充
上・小川俊充「再び海へ」

涌井欽也
上・涌井欽也

七里知子
上・七里知子「六つの霞、六つの雲、六つの星」売約済み

中尾昌吾
上・中尾昌吾「存在する」

良寛道人扇面
上・良寛道人扇面(印刷)

西村満
上・西村満「北の浜」

三芳悌吉

三芳悌吉

上・三芳悌吉「寄居浜あたり」

松本健宏

上・緑川俊一「かお」

eya selection
絵屋便 履歴
出品作品の多くは過去に新潟絵屋でご紹介した作品でした。
2000年開設時からの案内状「絵屋便」を見ながら、休廊明けを待ち遠しく思っています。
(4.19 井上美雪・記)

華雪の篆刻受注会

NEWS
受付期間:4/17[金]―30[木]

 2004年から新潟絵屋で紹介してきた書家・華雪さんに、オリジナルの篆刻をオーダーする機会をご用意しました。ふだんは、ご依頼くださる方と華雪さんが対面でやりとりをし、その方にあった雰囲気のデザインをご相談しながら制作するそうですが、現在は、それが困難な状況です。
 そこで、今回は、ご依頼くださる方の手書きの字を見せていただくことで、その字に似合う雰囲気のデザインを華雪さんに考えていただきます。下絵は数点提案し、そこからご相談を重ね、最終的なデザインを決定し、印材に刻みます。
 印鑑として、あるいはお手紙にそえたり、蔵書などお気に入りのものにおしたり、「わたし」を刻む篆刻をこの機会に作ってみませんか。

料金

  • 1cm 四方1文字 ¥30,000(税別・桐箱付き)より
  • 新潟絵屋では、ご予約制で価格表や見本をご覧いただけます。
  • 納期

  • やりとりの回数により、1ヶ月から2ヶ月ほどお時間をいただきます。
  • 華雪篆刻受注会

    お申し込み方法

  • 依頼書をダウンロード。
  • 出力した依頼書に、お名前やご連絡先、刻む文字、そのほか文字にまつわる由来や思い入れなどのエピソードを、書き慣れた筆記具で記入します。
  • やりとりは、郵便またはメールのいずれかを選択します。
  • ご来店のご希望の場合:新潟絵屋へ電話またはメールでご予約ください。
  • デザイン

  • 朱文・白文 選択
  • 枠有り・枠無し 選択
  • 石のかたち 正方形・長方形・円・楕円など選択
  • サイズ 1〜3cm四方から選択

  • 朱文(文字が赤)・枠有り
    華雪篆刻
    朱文・枠無し
    華雪篆刻
    白文(文字が白)
    華雪篆刻
    白文・石のかたち円
    華雪篆刻サンプル
    朱文白文半々の例
    華雪篆刻

    ・郵便の場合:951-8068 新潟市中央区上大川前通10-1864 新潟絵屋
    ・メールの場合:info@niigata-eya.jp

    華雪(かせつ)
    1975年京都府生まれ。立命館大学文学部哲学科心理学専攻修了、東京都在住。幼い頃に漢文学者・白川静の漢字字典に触れたことで漢字のなりたちや意味に興味を持ち、以来、文字の表現の可能性を探求することを主題に、国内外で展示やワークショップを行っている。刊行物に『石の遊び』(平凡社、2003)、『書の棲処』(赤々舎、2006)、『ATO 跡』(between the books、2009)、作品集『ながれる』(2019)など。作家活動の他に、『コレクション 戦争×文学』(集英社)など書籍の題字なども手がける。
    instagram kasetsu_sho

    お問い合わせ・ご来店ご予約先

    ・お電話:025-222-6888
    ・メール:info@niigata-eya.jp


    関連記事
    華雪による書と篆刻の講座『字がうまれたとき・書がうまれたとき』第5期


    ショップお取り扱い商品
    万年カレンダー 日暦』(書・篆刻/華雪)2,200円(税別)
    『ながれる』 (書・文/華雪) 2,200円(税別)
    『跡 ATO』 (写真/ホンマタカシ) 1,600円(税別)


    過去の個展 
    2004年
    2007年
    2008年
    2009年
    2011年
    2014年
    2015年
    2016年
    2017年
    2018年
    ワークショップ「木」を書いて「森」をつくる

    KIRO展 @ギャラリーみつけ

    BOROと水墨抽象とヤブレカブレ
    4/1[水]―5/3[日] 4/19[日]
    10:00-22:00 (最終入館21:30)

    一度は会期が延長になりましたが、その後4/21から臨時休館することになり結果的に4/19までの開催となりました。

    会場:ギャラリーみつけ 2階フロア・展示室2
    見附市昭和町2-4-1 0258-84-7755
    休館日:月曜日/入館無料
    www.gallery-mitsuke.com

     私たちがキロさんと呼んでいるこの人は、生名上原誠一郎といい、越後西蒲原、竹野町の造り酒屋の長男だった。
     東京の美校を中退後、イタリアに移動し、日本でいう狂言役者みたいな古典芸能の芸人となって、テレビの人気者になったりしたという俄かに信じがたい話もあるが、どうやら本当のことらしい。かの地で「せいいちろう」の音をなかなか発してもらえず、seiichiroのchiro(キロ)が呼び名となった。
     30年ほど前、故郷の新潟に現れ、エチゴビールの創始者として、当時の巻町福井の山中や萬代橋近くのビルに、おしゃれなビールパブを開いた時分は、西欧の地方文化を運ぶ颯爽とした渡り鳥に見えた。時がたち、酒造業を離れ、不思議な絵やコラージュ(貼り絵)を発表したり、路上や湿地などで踊りともつかない不可思議なふるまいを始めた頃から、これはどうも破格の異なる人物ではないかと思われてきた。その「異」ぶりが年々昂じ、近年は人の姿をした妖怪みたいになってきた。日本名誠一郎も、イタリア風のchiroも、この人が近年好むぼろ布のように穴だらけとなり、その奥にのぞく地肌が、なんともひろやかで、あたたかい。この人はどこかへ、なにかへ、帰っていこうとしている。ぼろアートやら、穴あき(アナーキー)絵画やら、こんにゃく大芸術(こんにゃくを筆にして描く墨絵)やら、ほとけ様やチミー(魑魅)、その大きい体から次々と湧水のように生まれだしたなにもかもが、陽なた水のような、ベトのような、なんか屋や見世物小屋のような、私たちが知っていたのに忘れかけてしまったものや場所の匂いを漂わせて、新しいのに、なつかしい。(大倉宏/新潟絵屋)

    上原木呂(うえはら きろ)
    1948年巻町(現・新潟市西蒲区)生まれ。美術家、パフォーマー。69年東京芸大中退。瀧口修造と知り合い強い影響を受ける。76年イタリアに渡り演劇活動の後、88年帰国。2010年ドイツでマックス・エルンストと二人展。ヤン・シュヴァンクマイエルとの共同展も多い。作品制作は多産で多彩な展開。
    作家ホームページ


    上原木呂
    上原木呂
    上原木呂
    上原木呂チラシ裏

    ギャラリーみつけは新潟絵屋が指定管理に携わる見附市の文化施設です。


    関連記事
    新潟絵屋「上原木呂展」(2019年4月)

    蓮池もも展

    3/17[火]―30[月]

    vol.591

     新潟市で発表を始めて14年。その間、蓮池ももの絵には大きい変遷がみられた。歩く木、紋様、島、顔…などの〈シリーズ〉を通過して、絵はこの数年ゆるやかな淵を流れ始めたように見える。
     そして今回、長年見続けてきた者には、初期の世界のよみがえりを感じさせるような絵があらわれてきた。少女、ふたりの人、踊りや歩行など。よく見入れば随所にその後の展開の痕跡があり、初期の絵そのものではない。でも、何かが帰ってきたような感覚。
     画家の「展開」を川に例えるなら、その流れは高地から低地へ単純に下るのではなく、ときに中流が上流に、下流が水源地に注いだりする、もっと複雑な構造をもっているのだろう。通過した様々な土地の匂いを呼吸しながら、新たに始まろうとする旅の予感にときめいている、みずみずしい筆の鼓動が聞こえる。 (企画 大倉 宏)

    蓮池もも(はすいけ もも)
    1983年新潟市生まれ。2006年fullmoon upstairs、07・08・09・10・11年画廊Full Moon、12年砂丘館で個展。新潟絵屋では10・12~19年毎年個展、15・16年ギャラリー島田(神戸)、16年ギャラリー枝香庵(銀座)にて個展開催。俳誌『白茅』13号から「森の奥 湖の底」(画とエッセイ)連載。十日町市在住。

    PHOTO(上):「灯台へ」 2020年 アクリルガッシュ・鉛筆/紙 23.0×32.7cm

    蓮池もも展
    「女たちは歩く」2020年 アクリルガッシュ・鉛筆/紙 10.4×33.3cm

    蓮池もも
    「星が丘」2020年 アクリルガッシュ・鉛筆/紙 16.5×24.0cm


    新発売

    蓮池ももノートブック「momonote」通信販売ご案内

    通信販売の方法 
    1.
    メールで次に記載の項目についてお知らせください。
    記載事項:お名前、お届け先ご住所、ご連絡先、ご希望のノートのご指定(A,B,C)、部数 

    2.
    お品物をお送りいたします(送料180円〜)。
    ※店頭での受取も可能です。その場合は、お取り置きさせていただきます。
    ※3月・4月のお休み:3/31〜4/16休 

    3. 
    お品物に同封する郵便局払込用紙にて、送料と代金のお振り込みをお願いいたします。

    A.蓮池もも momonote
    B.蓮池もも momonote
    C.蓮池もも momonote


    関連イベント

    11:00-18:00 カフェ「コーヒーとタープ」出店

    詳しくは SHOP&EVENT 「コーヒーとタープ」をご覧ください。

    蓮池もも

    蓮池もも ギャラリートーク

    3/20[祝・金]18:30-

    蓮池もも+聞き手:大倉宏(本展企画者・美術評論家)
    参加料500円/定員に達しご予約は終了しました。
    025-222-6888 / info@niigata-eya.jp


    これまで

    ▶ 蓮池もも展〈前期〉2018年
    ▶ 蓮池もも展〈後期〉2019年
    ▶ 蓮池もも展 2017年