友長勇介・西川善康 写真展「時代の対角線」

8/2[金]―10[土]

event 8/3[土]18:00―20:30 作家×石井仁志ギャラリートーク

vol.579

 T君は絵屋で2度目の展示となる。N君は初のお目見えだ。二人は大阪で同人ギャラリー176の主要メンバーだ。彼らの写真の位相と対称を見比べると不思議な時代の対角線が見えてくる。同じ写真表現の土俵で、用いる技法をはじめ、異世界の住人の二人が、点と線と面と、色と諧調で結びつきあう。時代とは、分けて考えるべきものではない。ひと連なりの器の集合のようなものだろうか?しかも、一瞬の集合ともいえる。時の狩人として、写真家として、その視座が捉えた連続を対比してみると、彼らの個と対象としての群が、鮮明に浮かび上がる。あなたの視線、鑑賞眼で糸を張り巡らすように、見つめてみよう。ほら、いろいろな素材や、種々の色で染まった糸が、時代の諸相にからまって、対角線を導き出してくるようだ。そして糸は、未来を暗示する糸口を形づくる…。(企画 石井仁志/メディアプロデューサー)

友長勇介・西川善康 写真展

友長勇介

PHOTO: 友長勇介「沖縄・猫」/「沖縄・高校生」銀塩写真

友長勇介(ともなが ゆうすけ)
1972年大阪府生まれ。94年北京電院学院漢語科修了。2000年東京工芸大学芸術別科写真専攻修了。写真家・映像作家・写真専門ギャラリーgallery 176(大阪府豊中市)オーナー。パブリックコレクションは清里フォトアートミュージアム(2000・01・03年)、東京工芸大学写大ギャラリー、上海視覚芸術大学、延辺大学芸術学院など。
ホームページ

西川善康(にしかわ よしやす)
1967年福井県鯖江市生まれ。90年千葉大学園芸学部造園学科卒業。96年まで総合建設コンサルタント、造園設計事務所等にて公園や屋外空間の計画・設計等を行い、その後99年まで青年海外協力隊員としてフィリピンに赴任し造園に関する指導を行う。2000〜01年インターメディウム研究所にて写真、デザインを学び、以後フリーで主に写真撮影、ビデオ撮影及び編集、web及び印刷物デザイン等を行う。2016年よりgallery 176(大阪府豊中市)運営メンバーとして参加。
ホームページ

PHOTO(下): 西川善康「private garden, kyoto」デジタル

西川善康
西川善康「DAVAO」デジタル
西川善康


関連イベント

ギャラリートーク 友長勇介×西川善康×石井仁志

8/3[土]18:00―20:30

会場:新潟絵屋展示室
参加料:1,000円(要予約・新潟絵屋へ)
作者と企画者で、白黒とカラー、アナログとデジタル、時代相や技法の対比についてお話を繰り広げます。

参加方法:新潟絵屋へメールまたは電話などでご一報くださいませ。
info@niigata-eya.jp
tel.fax. 025-222-6888

髙橋ノリユキ写真展「Rice is Beautiful」@ギャラリーみつけ

7/20[土]-8/12[月・振]
ギャラリーみつけ展覧会

10:00-22:00(最終日20:00まで)入場無料

 お米は美味しく、そして美しい。お米のふるさとを写真で美味しく味わっていただけたらと、田んぼの一年を二十四節気に重ね、二十四枚の写真にまとめました。

ギャラリーみつけ ロゴ
指定管理者:新潟絵屋・新潟ビルサービス共同企業体
展示室1・2
〈最終入館21:30 ◆7/22・29、8/5休館〉
見附市昭和町2-4-1 TEL.0258-84-7755
www.gallery-mitsuke.com


「合同船」竹俣勇壱(金工)・華雪(書)

7/2[火]―15[月・祝]

*本展は砂丘館と新潟絵屋の2会場にて開催いたします

vol.577

 今回の2人展を提案いただいた華雪さんから連絡のあった、このタイトルが気に入っている。画廊は個展の場だと言われるが、個展も「合同舟」だ。作家、企画者、スタッフ、観客そして作品というモノたち。自然光の差す木造家の絵屋舟は光も乗り合わせた客の一人になる。交わされる会話も、冗談も。鳥や自動車の声、音も。チームワークとは違う、もっと偶然的な、たった一度きりの重みと平衡に支えられて進む、揺れる、たゆたう舟。
 (企画 大倉 宏)

「合同船」竹俣勇壱(金工)・華雪(書)

竹俣勇壱(たけまた ゆういち)
1975年金沢生まれ。彫金師。95年より彫金を学び始め2002年独立。04年「KiKU」オープン。オーダージュエリーを中心に活動、08年ジュエリーに加え生活道具、茶道具の制作を始める。10年「sayuu」オープン。2店舗のショップを中心に全国で展覧会を開催。機能や技法にとらわれず意匠的な美しさを追求し時を経た様な古色仕上げ精密な鏡面仕上げなど様々な加工を使い分ける。金沢大学非常勤講師。
www.kiku-sayuu.com

華雪(かせつ)
1975年京都府生まれ。書家。92年より個展を中心にした活動を続ける。〈文字を使った表現の可能性を探る〉ことを主題に、国内外でワークショップを開催。他分野の作家との共同制作も多数。刊行物に『石の遊び』(2003年平凡社)、『書の棲処』(06年赤々舎)、『ATO 跡』(09年between the books)など。『コレクション 戦争×文学』(集英社)、『木の戦い』(エクリ)をはじめ書籍の題字なども手がけている。「水と土の芸術祭2012」(新潟市)、「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」に参加。新潟では新潟絵屋、砂丘館、二宮家米蔵、エフスタイル、室礼などで展示を行ってきた。
instagram kasetsu_sho

竹俣勇壱(金工)
華雪(書)

PHOTO(上左): 竹俣勇壱
PHOTO(上右): 華雪「舟」2019年 墨/和紙

華雪(書)

PHOTO: 華雪「喫茶去」2019年 墨/和紙

本展は、新潟絵屋・砂丘館で同時開催します。
新潟絵屋では展示室にて茶道具と書を、ショップスペースにてカトラリー・器など生活道具を取り扱います。


Event 1

7/13[土]BAR合同船

①19:00 ―20:30 ②20:30 ―22:00
竹俣勇壱と華雪がカウンターに入り、みなさんをお待ちしています。

会場:ツバメコーヒー STAND
新潟市中央区万代1-2-13 コスモビル2F
定員:各回15名(要申込)/料金:各回3,000円
セット内容:1ドリンク+華雪手製おばんざい+竹俣勇壱 姫フォーク

ドリンク
日本酒厳選3銘柄・芋焼酎flamingo orange・松島ワイン、お茶等/おかわり別料金

協力:ツバメコーヒー地酒防衛軍吉川酒店Bar Book Box

◆ 主催&申込先:新潟絵屋
tel.fax.025-222-6888/E-mail info@niigata-eya.jp
*fax、E-mailでお申込の場合は人数、連絡先(電話番号)を併記してください。

合同船


Event 2

7/14[日]作家を囲むお茶会

①②③全て7/5満席となりました

①11:00 ―12:00 ②14:00 ―15:00(参加費1,000円)
③18:00 ―20:00(参加費2,500円・むしやしない付き)
竹俣勇壱のモバイル茶室に華雪の書をしつらえ、◯△□のお三方が点てるお茶を、作家のふたりとともにお愉しみいただくひととき。

茶道ユニット○△□(まるさんかくしかく)
2014年結成。メンバーは山口満喜子、二村圭子、荒井直美。3人の流派は異なるが茶道の精神に惚れこんだという一点で意気投合。現代に生きる人々が等身大で楽しめるお茶席を、おもてなしの心を込めて展開する。

会場:砂丘館ギャラリー(蔵)2階
協力:茶道ユニット○△□
定員:各回10名(要申込)

◆ 主催&申込先:砂丘館
◆ ①②③全て7/5満席となりました
tel.fax.025-222-2676/E-mail sakyukan@bz03.plala.or.jp
*fax、E-mailでお申込の場合は人数、連絡先(電話番号)を併記してください。


Event 3

7/14[日]strings umライブ「標」 

16:00 ―17:00(参加費1,500円)
茶会の合間に和室で琵琶とバイオリンの音をお楽しみください。
strings um(ストリングウム):新村隆慶と新村康子の夫婦による弦楽デュオ。古典作品や即興演奏を通して、日本各地で楽器そのものの響きを届けている。デザイナー猿山修氏によるレーベルより、CD “requiem”を発売(2018年)。
https://strings-um.tumblr.com/

会場:砂丘館 座敷・居間・茶の間
定員:25名(要申込)
◆ 主催&申込先:砂丘館 ◆ 申込受付開始 6/19
tel.fax.025-222-2676/E-mail sakyukan@bz03.plala.or.jp
*fax、E-mailでお申込の場合は人数、連絡先(電話番号)を併記してください。

「合同船」竹俣勇壱(金工)・華雪(書)

7/2[火]―15[月・祝]

*本展は砂丘館と新潟絵屋の2会場にて開催いたします

vol.577

 今回の2人展を提案いただいた華雪さんから連絡のあった、このタイトルが気に入っている。画廊は個展の場だと言われるが、個展も「合同舟」だ。作家、企画者、スタッフ、観客そして作品というモノたち。自然光の差す木造家の絵屋舟は光も乗り合わせた客の一人になる。交わされる会話も、冗談も。鳥や自動車の声、音も。チームワークとは違う、もっと偶然的な、たった一度きりの重みと平衡に支えられて進む、揺れる、たゆたう舟。
 (企画 大倉 宏)

華雪(書)

PHOTO: 華雪「喫茶去」2019年 墨/和紙

竹俣勇壱(たけまた ゆういち)
1975年金沢生まれ。彫金師。95年より彫金を学び始め2002年独立。04年「KiKU」オープン。オーダージュエリーを中心に活動、08年ジュエリーに加え生活道具、茶道具の制作を始める。10年「sayuu」オープン。2店舗のショップを中心に全国で展覧会を開催。機能や技法にとらわれず意匠的な美しさを追求し時を経た様な古色仕上げ精密な鏡面仕上げなど様々な加工を使い分ける。金沢大学非常勤講師。
www.kiku-sayuu.com

華雪(かせつ)
1975年京都府生まれ。書家。92年より個展を中心にした活動を続ける。〈文字を使った表現の可能性を探る〉ことを主題に、国内外でワークショップを開催。他分野の作家との共同制作も多数。刊行物に『石の遊び』(2003年平凡社)、『書の棲処』(06年赤々舎)、『ATO 跡』(09年between the books)など。『コレクション 戦争×文学』(集英社)、『木の戦い』(エクリ)をはじめ書籍の題字なども手がけている。「水と土の芸術祭2012」(新潟市)、「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」に参加。新潟では新潟絵屋、砂丘館、二宮家米蔵、エフスタイル、室礼などで展示を行ってきた。
instagram kasetsu_sho

竹俣勇壱(金工)
華雪(書)

PHOTO(上左): 竹俣勇壱
PHOTO(上右): 華雪「舟」2019年 墨/和紙

本展は、新潟絵屋・砂丘館の2会場で同時開催いたします。
新潟絵屋では展示室にて茶道具と書を、ショップスペースにてカトラリー・器など生活道具を取り扱います。


Event 1

7/13[土]BAR合同船

①19:00 ―20:30 ②20:30 ―22:00
竹俣勇壱と華雪がカウンターに入り、みなさんをお待ちしています。

会場:ツバメコーヒー STAND
新潟市中央区万代1-2-13 コスモビル2F
定員:各回15名(要申込)/料金:各回3,000円
セット内容:1ドリンク+華雪手製おばんざい+竹俣勇壱 姫フォーク

ドリンク
日本酒厳選3銘柄・芋焼酎flamingo orange・松島ワイン、お茶等/おかわり別料金

協力:ツバメコーヒー地酒防衛軍吉川酒店Bar Book Box

◆ 主催&申込先:新潟絵屋
tel.fax.025-222-6888/E-mail info@niigata-eya.jp
*fax、E-mailでお申込の場合は人数、連絡先(電話番号)を併記してください。

合同船


Event 2

7/14[日]作家を囲むお茶会

①②③全て7/5満席となりました

①11:00 ―12:00 ②14:00 ―15:00(参加費1,000円)
③18:00 ―20:00(参加費2,500円・むしやしない付き)
竹俣勇壱のモバイル茶室に華雪の書をしつらえ、◯△□のお三方が点てるお茶を、作家のふたりとともにお愉しみいただくひととき。

茶道ユニット○△□(まるさんかくしかく)
2014年結成。メンバーは山口満喜子、二村圭子、荒井直美。3人の流派は異なるが茶道の精神に惚れこんだという一点で意気投合。現代に生きる人々が等身大で楽しめるお茶席を、おもてなしの心を込めて展開する。

会場:砂丘館ギャラリー(蔵)2階
協力:茶道ユニット○△□
定員:各回10名(要申込)

◆ 主催&申込先:砂丘館
◆ ①②③全て7/5満席となりました
tel.fax.025-222-2676/E-mail sakyukan@bz03.plala.or.jp
*fax、E-mailでお申込の場合は人数、連絡先(電話番号)を併記してください。


Event 3

7/14[日]strings umライブ「標」 

16:00 ―17:00(参加費1,500円)
茶会の合間に和室で琵琶とバイオリンの音をお楽しみください。
strings um(ストリングウム):新村隆慶と新村康子の夫婦による弦楽デュオ。古典作品や即興演奏を通して、日本各地で楽器そのものの響きを届けている。デザイナー猿山修氏によるレーベルより、CD “requiem”を発売(2018年)。
https://strings-um.tumblr.com/

会場:砂丘館 座敷・居間・茶の間
定員:25名(要申込)
◆ 主催&申込先:砂丘館 ◆ 申込受付開始 6/19
tel.fax.025-222-2676/E-mail sakyukan@bz03.plala.or.jp
*fax、E-mailでお申込の場合は人数、連絡先(電話番号)を併記してください。

井田英夫展

7/17[水]―30[火]

vol.578

 去年の井田英夫の手術の日。広島県呉市は晴れて、寒かった。風が氷のようだった。朝から夕方までかかった大手術から帰還した井田英夫が、最初の個展を開く。
 自画像、贈られ乾燥した花を描いた絵に、あきらかな変化が見える。変化がなければおかしいと思う一方、おどろいている自分がいる。病や手術は他者の体で起こるけれど、絵という現象は自分の目で生じる。色が、いままでの響きに、重低音を加え、きしみながら輝く。
 絵には病も手術もない。それでも絵にはなにかが、絵でしか起こらないことが起こる。そこに作者や自分を思うのも自由。ただ感じることにたたずむのも自由だ。(企画 大倉 宏)

井田英夫(いだ ひでお)
1975年旧新津市生まれ。97年新潟デザイン専門学校卒。99年モンセラート美術大学(アメリカ)卒業。ミンゴーギャラリー(マサチューセッツ州)で二人展。2002年より新潟絵屋、05年ギャラリーEMU-st(新潟)、11年久留米市一番街多目的ギャラリー、12年三方舎書斎ギャラリー(新潟)、15年天仁庵(広島)で個展開催。15年8月以降、広島県呉市音戸町に滞在。2017年は新潟絵屋で新作展を、砂丘館でこれまでを振り返る「ふだんを見つめる 井田英夫展」を開催。その後、新作はギャラリーみつけ(新潟)に巡回。2018年4月、三方舎書斎ギャラリーと新潟絵屋で有志の企画による「井田英夫支援展」が開催された。

井田英夫展2019

PHOTO:「退院祝い」2019年 油彩/キャンバス 53.0×41.1cm

井田英夫展2019

PHOTO:「自画像」 2019年 アクリル/キャンバス 53×45.5cm

PHOTO:「2019年4月」2019年 アクリル/キャンバスボード 24.0×24.4cm


前回の記事:井田英夫 巡回支援展
前回の展示会:井田英夫 新作展

関連イベント

「井田英夫展」関連グッズ 音戸ちりめんシリーズ

6月下旬~Shopにてお取り扱い開始!

新潟の画家たち[後期] 熊谷喜代治展

6/17[月]―30[日]

vol.576

PHOTO(右): 熊谷喜代治 「赤い服の女」 ガラス絵 23.0×16.0cm
PHOTO(左): 「横たわれる裸婦(絶筆)」 1987年 油彩/キャンバス 28.0×33.5cm

 熊谷喜代治は、自宅で絵を教えていた。そこから巣立った新潟の画家も多い。4月の「没後一年 長谷川徹展」には、彼が熊谷の家で描いていた小学生時代の絵も展示した。先生(熊谷)をモデルにしたらしいよく描きこまれた人物像の下に、丁寧に書かれた評があった。絵への情熱はこんなふうに伝えられていったのではないか。戦前の新潟県展に反旗を振りかざし独自の公募展を主催、「デッサンの歌」を歌いながら市内を行進したというエピソードもある。教育にも制作にも熱い人だったのだ。
 その熊谷の残された絵の本領は、ガラス絵にある。と書くと、いまは亡き画家は不満に思うかもしれない。渾身の力で取り組みながらも、重さを拭いきれなかった油彩画より、自在で、いかにものびのびした筆致のガラス絵に惹かれる私がいる。
 今回の準備中に、一点ガラス絵と見紛う、魅力的な油彩の裸婦像があった。車に運びいれてふと裏を見ると「絶筆」と記されていた。ガラス絵と油彩画がこんなふうに溶け合ったところで、画家は逝ったのだった。 (企画:大倉 宏・小見秀男)

熊谷喜代治(くまがい きよじ)
1912年中蒲原郡石山村(現新潟市)生まれ。旧姓加無木。35年新潟師範学校卒。在学中は諸橋政範の指導を受ける。小柳俊郎らと新潟油彩画協会を結成。41年結婚し熊谷姓に。戦後児童画教室を開く。49年頃からガラス絵を制作。70年小学校12年、中学校に23年勤務し退職。73年小田急ハルクでガラス絵展。81年富川潤一らと無限会結成。88年没。89年「新潟の絵画100年展」(新潟市美術館)に「赤いマフラーの女」が出品される(現在同館に収蔵)。90年遺作画集刊行、新潟伊勢丹で遺作展開催。

 熊谷喜代治

PHOTO: 題不詳(花) ガラス絵 23.0×16.0cm