イは 佐佐木實展

10/4[火]―16[日]

作家在廊日:10/4.15.16 *10/15は13:30〜
niigata eya exhibition 638

  今回のテーマは、5、7年前の前回、前々回と同じ「イ」。
 夕陽の大手町で往来の人やビルが「イ」に見えたというステイトメント(言明)を読んで、それが強烈な、あるいはささいな体験だったかはともかく、ひどくなまなましい感覚だったのだろうと想像した。そのなまなましさが、今回のどの出品作にもある。
 新内、義太夫など日本の語り物では語尾の母音が揺らされて、イ~エ~とどこまでも伸ばされて続く。物語の意味がそこで断ち切れ、言葉のひだに隠された意味にも言葉にならない感覚が湧出して聴き手を揺らすのだが、延々書かれ、描かれてきた佐佐木の「イ」が感じさせるのは、そんな感覚に似ている。
 よろこびと苦痛を表裏に生きている、無数の個々の生の断面が、イ刀に伐られ、イに流れ、込み、出ている。(文:大倉宏/企画者:大倉宏・井上美雪)

佐佐木實(ささき みのる)
美術家。盛岡市生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科修士課程藝術学専攻修了(美学)。フランス国立社会科学高等研究院博士課程言語学専攻修了。博士(言語学)。二十代半ばに渡欧。パリでは言語学を学び、制作と学問の双方から言葉/文字を記す行為に向かいあった。 2006年帰国。11年岩手県美術選奨受賞。個展は11年盛久ギャラリー(盛岡)、 12年Cyg art gallery「書書葉葉」(盛岡)、13年OGU MAG「型ハメ 型モレ」(東京)、14年Gallery 彩園子「ヒ象る」(盛岡)、17年Cyg art gallery「イは人の象徴であるかもしれない」、21年G&S根雨「たましいのいろか」(大阪)など。新潟では11年に砂丘館、新潟絵屋、北書店画廊で個展、14・15・17年新潟絵屋で個展。
https://www.minorusasaki.com

PHOTO(上):「イイ」2021年 紙にパステル、インク 18.6×57.1×2.6cm

イは 佐佐木實展

PHOTO(上):「イ」2022年 紙に鉛筆、色鉛筆、木炭、パステル、インク、シール、磁石 20×19×3.2cm

イは 佐佐木實展
佐佐木實

「イ」2022年 布に色鉛筆、グワッシュ、紙、磁石 21.6×15.6×2.7cm

佐佐木實

PHOTO(上):「イ」2022年 紙に鉛筆、色鉛筆、木炭、パステル、インク、粘土、磁石 23.5×27.5×4.7cm

PHOTO(上):「イイ イイ イイ」2021年 紙に鉛筆、木炭、パステル、インク 60.8×18.8cm

(撮影:宮島径)

▶ 2017年 佐佐木 實 展 イ充つ㊁
▶ 2015年 佐佐木 實 展「イ充つ」


SHOP

佐佐木實 関連書籍

会期中、店頭ではサンプルをご覧いただけます。

佐佐木實 関連書籍
『イ充つ』
2015年以降継続している「イ充つ」のシリーズから14点の「イ」の図版+αを収録。
これもまた、本の形をした佐佐木實の作品です。
18.2×16.2cm/20ページ著者:佐佐木實/2021年発行
税込 1,500円

佐佐木實 関連書籍
『書書葉葉』
2012年10月、盛岡での個展の公式カタログ。「故郷を探して」「言葉」「生野菜」「ううううう…」など2011~12年に制作された22点の作品と1997年の大作1点を収録。
21.0×12.7cm/24ページ
企画・発行:Cyg art gallery/2012年発行
税込 1,200円

井田英夫遺作展 3

9/17[土]―10/2[日]
WEB個展同時開催

niigata eya exhibition 637

 井田英夫が亡くなって2年。制作進行中の遺作画集(井田英夫画集刊行委員会)に掲載予定の絵から、各時代の絵を選んで今回は並べる。
 彼を思うとなぜかゴッホを連想してしまうのは、専門学校を卒業するとき井田自身がゴッホのような絵が描きたいと言ったことを思い出すのと、2人の絵の色の明るさのせいかも知れない。ゴッホの画集を久しぶりに開いてみると、やはり、井田の絵とはずいぶん違う。伝道、恋、友情に挫折し絵に燃え尽きるように生きて自死した人生も違う。井田と直接ゴッホの話をしたこともなかったけれど、画集を閉じると、2人ががまた心の中で重なってくるのはなぜだろう。
 実際に絵を見つめ直し、彼の画集を開きながら考えたい。(企画者:大倉 宏)

井田英夫(いだ ひでお)
1975年旧新津市生まれ。97年新潟デザイン専門学校卒。99年モンセラート美術大学卒業(米国)。ミンゴーギャラリーで二人展。2002年より新潟絵屋、05年ギャラリーEMU-st(新潟)、11年久留米市一番街多目的ギャラリー、12年三方舎書斎ギャラリー(新潟)、15年天仁庵(広島)で個展開催。 15年8月~20年4月広島県呉市音戸町に滞在。17年は新潟絵屋とギャラリーみつけ(新潟)で新作展、砂丘館で回顧展を開催。18年4月、新潟市で有志の企画による「井田英夫支援展」が開催され、闘病しながら制作を続け、19年には再び個展を開催する。20年4月27日逝去。同年7月に新潟絵屋と砂丘館で遺作展を開催。

PHOTO(上):「自画像」2003年 油彩/キャンバス 60.5×45.5cm

井田英夫遺作展3
PHOTO:「久留米 津福本町付近 JR線路側金丸川」 2007年 色鉛筆・パステル/紙 42.0×31.6cm

井田英夫遺作展3
PHOTO:タイトル・制作年不詳 パステル・色鉛筆/紙 40.6×50.6cm

井田英夫遺作展3
PHOTO:「アイリス」2006年 コンテ・パステル/紙 36.8×44.8cm

井田英夫遺作展 3

井田英夫遺作展3

9/17からの「井田英夫遺作展3」はWEB個展を同時開催します。作品のご購入はお申込み制となります。

お申込み受付期間
新潟絵屋店頭:9/17(土)~10/2(日)
WEB:9/17(土)11:00~10/4(火)24:00
→終了しました

ご購入の確定
受付期間終了後、10/7 (金)までにご購入が確定した方へお知らせいたします。複数の方が同じ作品をご希望された場合は、厳正な抽選を行い、おひとりに確定します。各作品のお申込みの有無は、WEB上に公開します。

作品お引き渡し
10/8(土)以降、新潟絵屋でお渡し、または配送出荷となります(4万円以上送料無料)。

通信販売
10/10(月祝)11:00-
会期中にお申し込みがなかった作品は、終了後に通販サイト eyashop にてお取り扱いがはじまります。先着順にてお求めいただけます。

井田英夫 鏡の中の消臭スプレー


画集刊行計画のお知らせ
井田英夫
お申し込みは、新潟絵屋店頭とインターネットで受付中です。


井田さんのご友人が立ち上げた追悼ページです。多くの方からさまざまな思い出が寄せられ、あの大らかな井田さんのお人柄が偲ばれます。「井田さんに贈る言葉」投稿募集中。


関連記事
2021年:▶ 井田英夫 遺作展 2
2020年:▶ 井田英夫 遺作展——音戸の素描を中心に井田英夫遺作展@砂丘館
2019年:▶ 井田英夫展
2018年:▶ 井田英夫 巡回支援展
2017年:▶ 井田英夫展、砂丘館 ギャラリートークの動画
2016年:▶ 井田英夫展
2014年:▶ 井田英夫展
2012年:▶ 井田英夫展
2010年:▶ 井田英夫展
2009年:▶ 井田英夫展
2007年:▶ 井田英夫展
2006年:▶ 井田英夫展
2004年:▶ 井田英夫展
2002年:▶ 井田英夫展

田村あや展

9/2[金]―13[火]

niigata eya exhibition 636

 田村あやさんは、自然を愛で季節の花々と対話しながら描き続けている。これまで、長岡と新潟で絵画を教えながら自身の発表も精力的に行ってきた。3年間のコロナ禍ではなかなか描けなかったそうだが、そんな中で、偶然出会った白い彼岸花に魅せられ描いたという。どのように描かれたのだろうか。
 四季折々の花々を描いてきた。桜、紫陽花、どくだみ、バラ、露草、秋海棠などの作品を思い出す。心の奥底には常に自然に対する畏敬の念を抱きながら描いているのだろう。作品にはその作家の心が映し出される。描くことへの情熱はいつも年齢不詳である。秋の始まりに、どんな作品に出会えるか、期待感が募るばかりである。(企画者:横木裕子)

田村あや(たむら あや)
長岡市生まれ。文化服装学院デザイン科修了後、本や新聞広告等のイラストレーションの仕事を行う。94年から個展で発表する。画廊ランプ屋、銀座ギャラリー(東京)、ギャラリー沙衣、新潟三越、相澤美術館、新潟大和、長岡大和、画廊Full Moon、2004年新潟絵屋(新潟)などで個展。横浜市在住。
2004年の記事より
2005年関連記事より

PHOTO(上):「あじさい」2021年 水彩/紙 27.0×38.0cm

田村あや展
PHOTO:「クリスマスローズ」2022年 水彩/紙 38.0×27.0cm

田村あや展
PHOTO:「露草」2022年 水彩/紙 27.0×19.0cm

田村あや展


▶ 水彩4人展 信田俊郎・田村あや・ 中島世津子・吉田淳治
▶ 2004年個展

ちいさくておだやかさ 迫 一成 展

8/18[木]―31[水]

niigata eya exhibition 635

 サコさんと会ったのはいつだったろう。
 今は「カミフル」として知られるようになった古町商店街の一角に、小さい店をサコさんたちが始めたころだ。来た人にはめてもらっているんですとピースを渡され、壁のへりのないジグソーパズル(?)にはめた。場所が変わり、空間も広がった今のヒッコリースリートラベラーズの店舗の階段近くにそれが今も飾ってある。
 サコさんの活動はそんなふうに、いろんな人を巻き込み、長い歴史を持つ白山神社門前の商店街を大きく変える役割を果たし、ひろがった。
 クリエーター。「創る人」と訳せば、このクリエイターは自ら創りながら町や人のあり方までもいつのまにか創ってきた。そのサコさんに私からピースを渡して、今度は新潟絵屋の壁にはめてもらうことにした。(企画者:大倉 宏)

迫 一成(さこ かずなり)
1978年福岡県生まれ、97年から新潟暮らし。2001年クリエイト集団hickory03travelers結成。「日常を楽しもう」をコンセプトに新潟市上古町に店を構え、イラストを軸にしたデザインで老舗や地域の技術と穏やかに交わっている。発信。継続。上古町商店街でもイラスト・デザインをいかした活動を展開し、県内外からも注目されている。新潟絵屋での個展は、2006年「Do 迫一成展」、08年「カウントten」、10年「are-colle」以来。arekore000.com

PHOTO(上):「me」砂時計

迫一成_
PHOTO:「うみたろう」砂時計


▶2006年 Do 迫一成展
▶2008年「カウント ten」迫一成展
▶2010年 迫一成展[are colle]

野中光正 展

7/30[土]―8/12[金]

作家在廊日:7/30.31
niigata eya exhibition 634

 52年前の夏、二十一歳の野中光正が東京の墨田区、江東区を歩き描いた素描を紹介したのが2005年。展示は評判が高かった。「その直後から、野中さんの絵は見えるもののなかに揺曳する気分の光と影を追って線へ、陰影へと抽象化され」と当時の紹介文に書いた。その抽象化の始まった時期の素描と、近作の抽象を今回は合わせて展示する。二人の野中光正が半世紀を隔てて向かい合う。
 抽象を抽象的に考えても答えは見つからない。絵画の抽象は個人の体験の中に生まれるのだということを、向かい合った絵の間で私も追体験したい。 (企画者:大倉 宏)

野中光正(のなか みつまさ)
1949年東京都生まれ。67年に絵画を、73年に木版画を始める。89年新潟県高柳町に移住し、紙漉を学ぶ。91年かやぶきの家(高柳)で個展、同年東京に戻る。以後、ゆーじん画廊、ギャラリーアビアント、ギャラリー枝香庵(東京)、高志の生紙工房ギャラリー、画廊Full Moon、砂丘館、新潟絵屋などで個展。2017年画集『昭和四十五年の夏・野中光正』、19年その続編『昭和四十五・六年』刊行。

PHOTO(上):「71.6.1」1971年 コンテ/紙 9.0×23.0cm

野中光正
PHOTO:「71.2.5」1971年 コンテ/紙 37.0×23.0cm

野中光正
PHOTO:「220629」2022年 混合技法/門出和紙 60.8×45.6cm


▶ 絵に会いに 野中光正・藤原祥・森敬子展 2019
▶ 野中光正・村山耕二 展 2017
▶ 野中光正・村山耕二 展 2015

蓮池もも「山の奥 海の底」大地の芸術祭2022・D386

7/30[土]―9/4[日]
10:00-17:00(火水休み)
会場:新潟県十日町市蓬平829 やぶこざきキャンプ場

今回は、2016年に作家が移り住んだ越後妻有での日々の様子を、子の成長や地域の歳時を軸に10mの絵巻にされ、それを中心に構成した展示です。会場は、やぶこざきキャンプ場管理棟の2階です。山々の眺望がすばらしく、絵巻は風景へと連なっていくよう。

会期中の公開日は毎日作家が会場におられ、1階ではコーヒーとタープの自家焙煎珈琲をテイクアウトできます。

大地の芸術祭2022 公式サイトへ

蓮池もも
公式フライヤーPDF

蓮池もも


蓮池もも
蓮池もも
*会場写真は7/26に撮影したものです。完成形は会場でお楽しみください!


関連記事
▶ 蓮池もも展 2022年
▶ 蓮池もも展 2021年
▶ 蓮池もも展 2020年
▶ 蓮池もも展〈前期〉2018年
▶ 蓮池もも展〈後期〉2019年
▶ 蓮池もも展 2017年

▶ SHOP 蓮池もも 手拭い