久保舎己展 1980-1999

1/26[水]―2/11[金・祝]

niigata eya exhibition 624

 今回見附と新潟で展示するために久保舎己が送ってくれた1980年代から今年までの絵を通観する機会を得て、うまく言葉にできない何かに揺すられ、体が釘付けされるような感覚におちいった。
 久保は一貫して白と黒の木版画を続けてきた。たとえば写真はかつてモノクロだけだった。カラー写真が普及し、デジタルの時代になり、インスタグラムではさまざまなトーンまで用意されている。多様な選択肢に恵まれたように見えて、失ってしまった何かを20世紀初期の写真に気づかされることがある。久保の版画のフラットな黒が語る声、トーン、内容の深さと豊かさにそのことを思い出した。表現は表に現すと書く。与えられたものから選ぶことではない。「はきだす」という印象的な自画像のように、これらのすべては久保の体を通過して、世界に出てきたものなのだ。(企画 大倉 宏)

久保舎己(くぼ すてみ)
1948年三重県津市生まれ。66年東京寛永寺美術研究所に学ぶ。75年木版画を独学ではじめる。三重を中心に、愛知、東京、新潟などで発表。2018年ドイツ・ブッフハイム美術館で企画展。刊行物に『久保舎己 版画集 1977-2012』(ドイツ語/英訳・日本語訳あり)、『ホシヒト ある“個”の軌跡―久保舎己木版画集』(言水制作室)などがある。

PHOTO(上): 「はきだす」 1980年 木版画

久保舎己展 1980-1999
PHOTO:「ふるえる三角」 2021年

久保舎己展 1980-1999

PHOTO:「4人の人とヒコーキとトリ」 2020年

久保舎己展 1980-1999
PHOTO: 「あくび」 1980年


同時開催企画
梅田恭子 久保舎己

久保舎己展 2000 ― 2021
1/8[土]―30[日]

みつけ市民ギャラリー ギャラリーみつけ
新潟県見附市昭和町2-4-1
tel.0258-84-7755

10:00-22:00(入館受付21:30迄・最終日16:00迄)
月曜休館 ※1/10(月・祝)開館、1/11(火)休館

ギャラリートーク
出演:梅田恭子・久保舎己(リモートで三重から参加)
聞き手:大倉 宏
収録日:1/23

https://youtu.be/xad2qDqfc4Y
公開期間2/11まで


▶ 久保舎己 木版画展

梅田恭子展「足許と景色」

1/8[土]― 23[日]

niigata eya exhibition 623

 梅田恭子の絵をときどき身近にかけて見ている。絵は空気を作り出す。一点かけると部屋中にその空気が広がっていくことがある。ふしぎなことに、梅田の空気はそういう広がり方をしない。絵の周囲にある濃密な気圏ができ、その一角にうずくまっている感じなのだ。だから逆に気になって、見つめてしまう。支持体である板に鉛筆、色鉛筆の粒子が摩り込まれるように描かれているのだが、板と絵もまた距離を保っている。
 梅田の手から生まれるものはどれも、環境、支持体、すべてから自立して、純粋な絵であろうとしている。拒否しているのではなく、それらと関係を結ぶために、純粋を欲し、願っている。今回の新作が染み込まない支持体であるOHPフィルムに描かれているのを見てその希望の強さに胸をつかれた。純粋な絵の小惑星たちが、新潟絵屋に浮かび、光り、めぐりだす。(企画 大倉 宏)

梅田恭子(うめだ きょうこ)
1971年東京都生まれ。多摩美術大学美術学部デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業、96年同大学大学院美術研究科デザイン専攻修了。94年から個展を中心に、東京、新潟、名古屋、大阪、神戸、宇部などで作品展を開催。刊行物に銅版画集 『ツブノヒトツヒトツ』(言水制作室)、がある。umedakyoko.com

PHOTO(上):「一歩」 2021年

梅田恭子展
PHOTO:「二歩」 2021年

梅田恭子展
PHOTO:「三歩」 2021年


同時開催企画 1

梅田恭子展「足許と景色、それから、空」(銅版画)

みつけ市民ギャラリー ギャラリーみつけ
新潟県見附市昭和町2-4-1
tel.0258-84-7755
1/8[土]―30[日]〈入館無料〉
10:00-22:00(入館受付21:30迄・最終日16:00迄)
月曜休館※1/10(月・祝)は開館、1/11(火)休館
ギャラリートーク
出演:梅田恭子・久保舎己(リモートで三重から参加)
聞き手:大倉 宏
収録日:1/23

https://youtu.be/xad2qDqfc4Y
公開期間2/11まで

梅田恭子 久保舎己

同時開催「久保舎己展 2000-2021」(木版画)


同時開催企画 2

梅田恭子銅版画 「ツブノヒトツヒトツ」特別展示

2021.12/21[火]―2022.1/23[日]
会場:砂丘館

関連イベント

ライブパフォーマンス
「それから、空」

1/15[土]16:30-
出演:堀川久子(舞)・梅田恭子(絵と投影)
2,000円(定員15名)
※事前に砂丘館へお申込ください
yoyaku@bz04.plala.pr.jp

梅田恭子


▶ 梅田恭子展 –かごのなかから–
▶ 北書店画廊 梅田恭子展「ツブノヒトツ」

TOLEDO×西野一男の木版画

NEWS

11/1[月]―12/26[日]

会場 オーダーカーテンと家具・インテリア TOLEDO
新潟市中央区万代3丁目5-36
TEL.025-255-5502
営業時間/10:30~18:00 
定休日/水曜日・駐車場有

9月の「西野一男展 旅」がもう一度、パワーアップしてご覧いただけることになりました。これまでに旅したまちの風景、そして旅先で見つけた水差しなどの静物を、インテリアショップの空間にコーディネートします。作品は、会場風景とあわせて新潟絵屋の通信販売サイト「eyashop」にご紹介します。

TOLEDO× 西野一男の木版画
「藍染とポピー」 33.5×25.5cm

西野一男

西野一男

長尾玲子展 「クリスマス」

12/1[水]―15[水]

niigata eya exhibition 622

 クリスマス。思い出すのは菓子をつめこんだ紙の長靴のあざやかな赤と、その人がどうしてここに来れたのかふしぎだったということ。もしも長尾玲子の刺繍絵が身近にあったなら、彼は大きくも小さくもある、自在な存在なんだと思えたかも知れない。ひな祭りも端午の節句もない家に育った私や、同じような「戦後の」子供たちにとって、クリスマスは年にたった一度の、女の子にも男の子にも平等に開かれた特別な日だった。その特別な光の井戸の深い底から糸を引き出して、サンタクロースを、聖なる夜を、長尾さんは飽くことなく刺繍しつづけてきた。
 長尾さんの「サンタさん絵本」の魅力は、彼女の子供時代に淵源をもつ、鮮烈な体験から生まれているのではないだろうか。それを直接聞いてみたいけれど、サンタクロースよりもっと出不精で内気な作者は、口ごもって応えてはくれなさそうだ。その人が持ってきてくれたもの、そのものの記憶が消え去ったあとに残るなにか。そのなにかを袋にたっぷりつめこんで、雪の夜空を、屋根を、靴下を、もみの森を、窓枠の陰を、輝く糸と針から生まれた赤い人は走りつづける。(企画者:大倉 宏)

会期中および12月17~19日は長尾玲子さんの絵本を限定部数お取り扱いしております

PHOTO(上左から): 「スノーフレーク」「クリスマスのツリー」「緑の靴下」

長尾玲子(ながお れいこ)
1963年東京都生まれ。専門学校東京YMCAデザイン研究所デザイン科卒業。デンマークSKALS手工芸学校終了。オーストラリアNMITイラストレーション科卒業。Diploma取得。絵本に『クリスマス・イブのおはなし』セット全3冊、『サンタさんありがとう』『サンタさんとこいぬ』『ざっそうの名前』『ぼくの草のなまえ』(福音館書店)がある。個展多数。新潟絵屋では2008年「12ケ月のサンプラー」、09年「私的花言葉」、11年「市場のスケッチ」、13年「サンタ展」開催。2010年より新潟市在住。

長尾玲子
「シクラメン」

長尾玲子
「ツリーを駆け上がる」

長尾玲子
「贈り物」


「北の森」


絵本もご用意しております

長尾玲子
『サンタさんありがとう』1998年 税込1,210円 福音館書店出版

長尾玲子長尾玲子長尾玲子長尾玲子

『クリスマス・イブのおはなし』『あっちゃんとゆびにんぎょう』『100こめのクリスマス・ケーキ』『サンタさんのいちにち』
1995年 3冊セット税込1,980円 福音館書店出版

長尾玲子
『サンタさん』2020年 税込1,100円 福音館書店出版

長尾玲子
『ぼくの草の名前』2017年 税込1,210円 福音館書店出版


▶ 2013年12月 「サンタ展」長尾玲子
▶ 2011年12月 長尾玲子展「市場のスケッチ」
▶ 2009年12月 長尾玲子展「私的花言葉」
▶ 2008年12月 長尾玲子展「12ヶ月のサンプラー」

ミーヨン写真展「Truth is One」角田山妙光寺巡回

11/12[金]― 28[日]
インドの聖地バラナシ 
河、巡礼者、光、祈り…

8月と9月に砂丘館と新潟絵屋でご紹介した写真展がお寺に巡回します。

10:00-16:00
会場:角田山妙光寺・客殿
新潟市西蒲区角田浜1056
TEL 0256-77-2025
myoukouji.or.jp
*16日まで「中野亘陶展」同日開催

ミーヨン妙光寺の秋
表面ダウンロード

ミーヨン裏面ダウンロード


光をとる ミーヨン 中里和人 写真展
光をとる1 ミーヨン 写真展@砂丘館
光をとる2 中里和人 写真展@砂丘館

光をとる2 

Night in Earth 中里和人 写真展

10/1[金]― 31[日]

会場:砂丘館(旧日本銀行支店長役宅)
新潟市中央区西大畑町5218-1 tel.025-222-2676
9:00―21:00
月曜休館/入場無料
新潟絵屋で開催した「光をとる ミーヨン 中里和人 写真展」の関連企画。

ギャラリートーク〈URASHIMA-夜、海、気配〉
10/2[土]14:00 ― 15:30
聞き手:大倉宏(砂丘館館長)/500円/定員15名/会場:砂丘館
新型コロナウイルス感染防止のため当初の定員を減じ、投げ銭制の動画配信も行うこととなりました。
開催日時以降、つぎのアドレスにてご覧いただけます。

公開期間 10月31日(土)まで

動画でご視聴の場合
参加料(視聴料)は新潟絵屋の通販サイトeyashopにて承ります。コンビニ決済、クレジット決済、等可能です。

〈光をとる1〉Truth is One ミーヨン写真展
8/5[木]― 9/5[日]

ミーヨン

ギャラリートーク
〈戻らなければならない場所がある気がする〉

8/21[土]14:00―15:30 ライブ配信
聞き手:大倉宏(砂丘館館長)
参加料(視聴料):500円〜
*新型コロナウイルス感染拡大の状況を受け、youtubeによる動画配信で実施することになりました。動画はミーヨン写真展の開催期間中ご視聴いただけます。→終了しました


関連情報 その2

〈巡回展〉Truth is One ミーヨン写真展
11/12[金]― 28[日]
会場:角田山妙光寺・客殿

ミーヨン 妙光寺の秋
表面ダウンロード

ミーヨン 裏面ダウンロード

新潟絵屋や砂丘館でご紹介した写真展を、趣のあるお寺で展示します。
10:00―16:00/入場無料/16日まで「中野亘陶展」同日開催


関連記事

9/16[木]―29[水]光をとる ミーヨン 中里和人 写真展