華雪による書と篆刻の講座『字がうまれたとき・書がうまれたとき』

Infomation

〈書〉7/5[金]19:00-21:30
会場:新潟絵屋

 *6/23時点、3人空きあり

〈篆刻〉7/6[土]15:30-18:00
会場:砂丘館

 *6/23時点、1人空きあり

 書は、はじめ祈りの中で必要とされたものでした。祈りは書をどのようにかたちづくったのでしょうか。古代のひとびとの思想を想像しながら、その書を実際に書いてみます。

華雪(かせつ)
1975年京都府生まれ。立命館大学文学部哲学科心理学専攻修了、東京都在住。幼い頃に漢文学者・白川静の漢字字典に触れたことで漢字のなりたちや意味に興味を持ち、以来、文字の表現の可能性を探求することを主題に、国内外で展示やワークショップを行っている。刊行物に『石の遊び』(平凡社、2003)、『書の棲処』(赤々舎、2006)、『ATO 跡』(between the books、2009)など。作家活動の他に、『コレクション 戦争×文学』(集英社)など書籍の題字なども手がける。

華雪による書と篆刻の講座

受講料:各回5,000円(材料費込/篆刻と書を通しの方は500円割引)
毎回、実技と座学をセットにした内容。全6期ですが単発での受講が可能です。
定員8名 ●お申込:新潟絵屋へ

*このあとも講座は3ヶ月おきに続きます。詳細はホームページをご覧ください。

関連記事

「合同船」竹俣勇壱(金工)・華雪(書)
7/2[火]-15[月・祝] 
会場:新潟絵屋+砂丘館


19年目に考える「画廊」をめぐる「関係」-茶話会 6/8[土]

Topics

大倉 宏(新潟絵屋運営委員代表)

 新潟絵屋は「見る人」が運営する企画展空間というコンセプトでスタートしました。描く人から絵を一旦切り離して、見る側から考えるということは「作者が表現しようとした」ことではなく「自分が感じる」ことから考えるということでした。企画展をそんな「見る体験」に始まる催しと位置づけたのです。
 企画展を重ねることを通し、やがて「作者」が近づいてきました。「企画」への意欲をかきたてる絵は、その作者が生んだもの。画廊はその絵を商う場でもあります。生産者・販売者・消費者の図式でいえば、画廊は販売者であり、作者が画廊に〈卸し〉〈売られる〉絵はお金と交換される「商品」である。でも、それは実感とはどこか違っていました。
 画廊をめぐって行われるのは、むしろ「贈与―返礼」交換なのではないかと近年考えるようになりました。企画展は見る私に「感動」を与える(贈与する)絵を生んだ作者への返礼であり、画廊を訪れ絵を買う行為は、その「贈与―返礼」関係自体へのもうひとつの主体的贈与であって、絵はそれへの返礼として、購入者に渡されるのだと。
 画廊は商行為の下にそのような異種の「交換」を隠している―と考えて、コマーシャルギャラリー(商業画廊)という呼称に、ネットオークションという現象に、なぜ自分が違和感を感じるかも分かってきました。
 19年目を迎えての遅まきながらの感想です。

新潟絵屋 展示室
新潟絵屋

関連イベント

6月16日、おかげさまで新潟絵屋は19周年を迎えます。

19周年目の茶話会 6/8[土]15:00-16:00
会場:砂丘館(新潟市中央区西大畑町5218-1)
参加料:500円

どなたでもご参加いただけます。お庭の緑を眺めながら、新潟絵屋のメンバーとお話しませんか。

砂丘館
砂丘館は新潟絵屋が自主事業を担当する新潟市所有の芸術文化施設です。

Report 作品寄贈

    Report

     5月の〈若槻菊枝蔵の「峰村リツ子の裸婦」展〉は、画家の若槻菊枝さんが所蔵されていた峰村リツ子さんの作品(油彩4点、素描8点)をご遺族が新潟絵屋へ寄贈してくださり、絵と人をつなぐ橋渡しの機会として実現した展覧会でした。

    峰村リツ子

    関連記事:若槻菊枝蔵の「峰村リツ子の裸婦」展

     さらに、このほど新潟市在住の方から、喜多村知(油彩画1点/写真下)、原美緒(長岡出身の日本画家/水彩画3点)寄贈をお受けしました。今後、これらは絵のある空間コーディネート事業「eto」*や砂丘館の常設展示で活用させていただきます。
    *「eto」は、空間をより居心地よく、豊かにする美術をみなさまの日常にお届けする新潟絵屋の作品展示サービスです。詳しくはお問い合わせください。

    喜多村知「マドリッド」
    喜多村知「マドリッド」1976 年頃 油彩/キャンバス


若槻菊枝蔵の 『峰村リツ子裸婦』展の関連書籍 特別販売

SHOP

 「若槻菊枝蔵の『峰村リツ子の裸婦』展」(5/2~10)に関連して、若槻菊枝さんの伝記と峰村リツ子さんの作品集をご紹介します。新宿のバー・ノアノアのママで画家、水俣病患者や支援者を応援していた新潟(旧大形村)出身の若槻菊枝さん。2007年に新潟絵屋で開催した「太陽がいっぱい 若槻菊枝展」のエピソードも後半に登場します。

『峰村リツ子裸婦』展

峰村リツ子作品集

PHOTO(上): 『若槻菊枝 女の一生 新潟、新宿ノアノアから水俣へ』
奥田みのり・著(熊本日日新聞社)/税込1,620円
PHOTO(下): 『峰村リツ子作品集』
1993年刊行/特別価格:税込1,000円

「長谷川徹さんの思い出」募集

 4月上旬の「没後1年 長谷川徹展」開催にあたり、長谷川徹さんとの思い出を募集します。お寄せいただいた原稿は会期中に会場に掲示し、新潟絵屋のホームページでも紹介させていただきます。

文字数:400字程度
メール:info@niigata-eya.jp
FAX:025-222-6888(電話兼用)
郵送、または画廊でも直接受け付けます。

3/31までにお寄せいただいた原稿は、展覧会初日から公開します。その後も随時受け付け、会場を更新していきます。お寄せいただいた原稿は、最終的に遺族にお渡しします。


関連イベント

「没後1年 長谷川徹展」

4/2[火]―10[水]

講座 「アルミ版を使ったリトグラフを作ろう」

「八木なぎさ展」関連イベント

2/11(祝・月) リトグラフのワークショップ

講座「アルミ版を使ったリトグラフを作ろう」

●日時:2/11[祝・月]10:00-16:30(12:00-13:00休憩)
●会場:新潟市美術館・実習室(新潟市中央区西大畑町5191-9)
●講師:八木なぎさ(画家・版画家・女子美術大学短期大学部教授)
●定員:20名 
●ご用意いただくもの:下絵、筆記用具 *汚れてもよい服装でご参加ください
●参加方法:事前申込制・材料費3千円を事前に新潟絵屋にてお支払いください。
●主催者・お申込先:認定NPO法人新潟絵屋
TEL. 025-222-6888
info@niigata-eya.jp

→八木なぎさ展

講座 「アルミ版を使ったリトグラフを作ろう」

今回は一版単色刷りです

「木版画」や「銅版画」という言葉から版に用いる材料が「木」や「銅」であることを連想できるように、石版画は18世紀末に誕生した「石」を版材に使う印刷技法です。
 石版画の技法を発明、開発したゼネフェルダーは自身の戯曲を印刷するため、化学の知識を駆使して生涯を石版術に捧げました。現在リトグラフの技法として使われているほとんどのアイディアは、ゼネフェルダーの時代に彼が考え出したものであり、彼がその発明を特許を取り世界に広げたために、印刷の技法も発展し現在に至ります。
 今回は、アルミ版を使ったリトグラフの制作を通して、描くことがそのまま版画になる不思議な興奮と喜びを感じていただけたら・・と思います。 (レジュメより)

作業工程

1. 絵を描く(あらかじめ15×21cm以内の下絵をご用意ください)
2. 版に下絵を写す
3. 版に描画する リトグラフ用の画材(ダーマトグラフ、ボールペン、解墨など)を使って版に描画し、アラビヤゴムを塗ります
4. 専用の材料で画材を溶かす
5. 専用の材料を塗る
6. 版を水洗いしながらインクをつける。アラビヤゴムが水に溶けて、描画した絵がうっすら浮き上がってきます
7. 紙をのせて刷る
8. 完成(写真)