ふしぎな生物をつくって影絵であそぼう

新潟絵屋・こども創造センター連携アーティスト企画

「ふしぎな生物をつくって影絵であそぼう」

3月25日sun 14:00〜15:30

こども創造センター_7506

講師:藤井芳則

会場:新潟市こども創造センター (新潟市中央区清五郎375番地2)
TEL. 025-281-3715(お申し込み先)
対象: 5〜18歳まで(小2以下保護者同伴)20人 参加費:300円

空想し、透明な板に絵を描いて切り取り、光で映し出す。制作と影絵遊びの体験です。
昨年11月に開催して好評だったイベントです。▶そのときの様子。

ギャラリーマップ「マトリョーシカ」

ギャラリー&ミュージアムマップ 1/20~2/25 2018 新潟絵屋が月刊で発行している「新潟島とその周辺ギャラリーミュージアムマップ」は2008年に創刊しました。地図とともに、さまざまな画廊や美術館の展覧会情報をカレンダー式一覧で表示し、少しずつ改良を加えながら今の形になりました。この間、実に様々な展覧会が開催され、画廊や美術館の誕生、移転、閉店などの移ろいもあり、裏方で6人のデザイナーが制作に携わってくださました。継続してきたことで、一時代の新潟の文化的いち記録を残すことができました。そして、毎月、掲載画廊や美術館と連絡を取り合い、よい関係を築いていることは、新潟絵屋が誇る大きな財産です。

 2018年は、作家もののマトリョーシカ人形が表紙を飾ります。1月発行号は佐佐木 實さん。どうぞおたのしみに。新潟絵屋の会員制度は、このような活動も支えていただいています。今後ともご支援をどうぞよろしくお願いいたします。(井上美雪)

4月のマトリョーシカ(写真上) 作家・藤井芳則

ギャラリー&ミュージアムマップ 2/17~3/25 2018

2月のマトリョーシカ 作者・しんぞう

佐々木寛 マトリョーシカ

1月のマトリョーシカ 作者・佐佐木 實

→最新号はこちら

Report 「清五郎に住む  ふしぎな生物をつくろう」

 11/18[土] ▶新潟市こども創造センター

講師:藤井芳則

今年藤井さんが台湾でも行った、空想の生き物創作と影絵遊び体験。「清五郎」は、会場の施設が立地する地名です。付近には、鳥屋野潟から通じる清五郎潟があります。5歳〜11歳までの参加者たちは、そこに暮らす生き物を想像して、プラスチック板に絵を描き、切り取り、ストローや専用ハトメで動く細工をし、清五郎潟の水中に見立てた幕に生き物を映し出して遊びました。そこでは、明るいラオスの民族音楽が流れ、影絵は幻想的でした。細工を手伝う藤井さんの手業を見て、目を輝かせるこどもたちの姿も印象的でした。 (新潟絵屋・新潟市こども創造センターの連携企画)

5FEEB16E-6B81-4997-B099-1102727835A7
どんな生き物をつくろうか、紙に描いてみます。
プラスチックの板を紙に当て、上からなぞったり、下絵を描かずに板に描き始めたり、藤井さんが切り取ったものからイメージを膨らませたり・・・。
すこし厚いのでハサミが難しく、みんな奮闘。
ひとりでがんばって、ときどき手伝ってもらって。
同伴の方の関わりが考えどころ。
手を出しすぎず、じっくり見守ってくださっていました。
2416FAF4-6005-4E68-B5B3-E960B97490EF
02881D77-98EE-4E8A-BF41-2C69756CE88B
からだを連結させて、動く細工をします。
お子さんたちは、藤井さん(左)の作業をじっと見つめていました。
藤井さんは、「プラスチックの板は、細かくカットしなくても、影絵では絵の輪郭が見えれば大丈夫」、とアドバイス。
FFA15D3F-7056-44AB-B357-5482A0233C19



ステージの下に水草をイメージした藤井さんの造形を置きました。
スポンジ状の棒に切り込みを入れ、別なパーツを差し込んだりしてできていました。
潟に見立てた紙に、いくつもの影絵が映ると、幻想的な景色に。
白い紙になにか背景的なものが描かれていなくても、白いことで自由に想像できたのかもしれません。
同伴の方と参加者、参加者同士、作家と参加者、生き物を泳がせて自然な交流が生まれていました。
光に透かすと絵が映る、当たり前だけど面白い!
遊びのスイッチをひとつお分けしたようなひとときでした。
B31FF7C7-B820-4D00-86D4-2E3B135D878E

Report 絵のある空間コーディネート「eto」

今秋、ふたつの場所に、期間限定の絵のある空間をお届けしてきました。

上・9/14~10/31 新潟市こども創造センター
厚地富美子 木版画2点

木の温もりが優しく伝わる空間に木製キッチンセットを配置した「ままごと広場」で、お人形の絵がにっこりしていました。

トレド 華雪 書・篆刻
11/2~30 オーダーカーテンと家具 トレド
華雪 書・篆刻7点

複数の色合いが異なる壁がありますが、壁や家具と組み合わせ、ストーリー性を感じる、心地よい空間になりました。

新潟絵屋では、絵のある空間をコーディネートする活動を行なっています。
ときを過ごす空間をより心地よく。
ご相談はお気軽にどうぞ。

Topics 清五郎に住むふしぎな生物をつくろう

11/18[土]14:00〜15:30

講師: 藤井芳則
会場:新潟市こども創造センター 光と音のホール
新潟市中央区清五郎375番地2
TEL. 025-281-3715(お申し込み先)
対象:5~18歳まで (2年生以下保護者同伴)20人 参加費: 300円
鳥屋野潟と水路でつながる清五郎潟。
そこに住む生き物を空想し、透明な板に絵を描いて切り取り、光で映し出して遊びます。

新潟市こども創造センター・新潟絵屋連携講座

藤井芳則(ふじいよしのり)
1962年新潟市生まれ。個展のほか弥彦野外アート、ふれて楽しむ美術展「ふれ美」、大地の芸術祭 雪アートプロジェクト、2016・17年は桃園地景芸術祭(台湾)などに作品出品。

「普段の生活で街の中や自然の中に面白いものや楽しいそうなものを探したり、見つけたりしています。その中でいい発想が浮かんだら、それをどんなもので作ったらいいか考え、作ってみます。」(藤井芳則)

Topics トレド+華雪

11/2[木]~30[木]

信濃川の対岸にある家具とカーテンのショールームに、華雪の書や篆刻を飾る。暮らしに美術をプラスするイメージをお部屋のような空間で体感できます。

出品予定 書: 「顔」「犬」「花」 篆刻: 「寿」など
会場:オーダーカーテンと家具の専門店 トレド 2階
10:30~19:00/定休日:水曜日
新潟市中央区万代3-5-36 Tel. 025-255-5502

2017年12月中旬に発売予定の「日暦(ひごよみ)」のサンプルも、会場に展示中!

色漆錦鯉 ‘KOIOKI コイオキ’​ 絵屋限定販売

10/2[月]〜11/10[金] 絵屋限定販売

色漆錦鯉‘KOIOKI コイオキ’​
国産五葉松/色漆蒔絵 約W70×H22mm

色漆錦鯉‘KOIOKI コイオキ’​
税込16,200円 (2折/特製桐箱入り) 
新潟絵屋のご近所で開催される第6回 新潟仏壇工芸展 「未来へつなぐ伝統の技」の催しに関連して、伝統技術を生かした新しい工芸品を紹介します。
通常 WEB(タクミクラフト)上でのお取り扱いのみの品です。今回は西大畑界隈の工芸展に合わせて新潟絵屋で期間限定にて受注販売いたします。

第6回 新潟仏壇工芸展 「未来へつなぐ伝統の技」

会期:10/7[土]〜11/5[日]
会場:旧小澤家住宅 北前船の時代館

主催:新潟仏壇組合・旧小澤家住宅
共催:新潟市

第6回 新潟仏壇工芸展

■「KOIOKI コイオキ 色漆錦鯉×特製桐箱」 とは・・・■ >°))))彡
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

TC1705_H_Koioki_W09_640漆や金箔を巧みに操り、日々仏壇の製作に向きあう羽賀佛壇店のめおと伝統工芸士 羽賀良介さん、富美子さんが、世にも愛らしい鯉の箸置きを生み出しました。「錦鯉の愛嬌と優雅さに小千谷で会って一目惚れ」とは生みの親である良介さん。本物の素材だけを使い、一匹一匹、丁寧で緻密な製作工程を重ねています。その宝石のような美しさを更に引き立てるのが、加茂桐簞笥の特製桐箱。アイディアに溢れる熟練職人、鈴木浩昭さんが誂えた桐箱は、箸置きを鑑賞して楽しむという遊び心の提案です。
新潟県の観賞魚「錦鯉」が、桐の流紋を泳ぐ姿はなんとも愛らしく、可憐。長くお手元において可愛がっていただけましたら幸いです。

レポート: ろうけつ染めワークショップ

9月 ろうけつ染めワークショップ

 松本健宏展「花火」では、会期中の開店前や閉店後に、手拭いを染める体験の機会をつくりました。創意工夫が詰まった色とりどりの力作ができ、同じ回の参加者同士の交流もたのしげでした。松本さんは会期中ずっと滞在し、注文を受けた名入れ手拭いの制作や参加者の作品の脱ろう作業などで大忙しでしたが、毎日にこやかでさわやかでした。

▶松本健宏展 花火

▶みるものとよいところ 会場のようす

「おかえり展」レポート

8/22[火]~30[水]

 「おかえり展」は、過去に新潟絵屋でお求めいただいた作品をご出品いただいて、里帰り展示するグループ展でした。12人のコレクターの、15作家17作品が集まり、展示設営は出品者と一緒に行いました。会期中は、懐かしい作品との再会を喜ばれたり、色んな作品が見られて面白いと好評でした。関連イベントの「おかえり展おでかけ篇」(8/23よる)では、運営委員のひとりで俳人・田代草猫のお家を会場に、辻桃子・小山まさえ・森敬子・フジタヨウコさんらの作品(草猫 蔵)をしつらえ、太陽系の図鑑を見ながら俳句の話を聞き、句作をしました。

▶みるものとよいところ 会場のようす