「箱のすきま」をかざってみよう!

こどもプロジェクト2021

11/20[土]

13:30-15:00(受付13:00-)会場:こども創造センター

箱に入れるモノを用意してそこにできる「すきま」のほうに注目してみるワークショップ。
「すきま」に様々な素材を詰めこむことでかざるものをつくります。

講師:コイズミアヤ

1971年東京生まれ。94年武蔵野美術大学空間演出デザイン学科卒業。長岡市在住。主に箱の作品を制作してきました。人やこの世界の成り立ちについての興味から、内側に向かって知ろうとすることが箱のかたちを用いた作品につながっていました。制作を続ける中で、箱(≒世界)の内と外、開くことと閉じることの関係は入れ替わり変容をはじめます。見えている世界の別の側面や別の生成の可能性について、制作を通じて取り組んでいます。不自由とも思える物体に無粋なまでにかたちを落とし込んでいくと、重さや手触り、その素材や大きさ(相対的でない、絶対的な大きさ)を持つが故に、未知の景色への手がかりが現れてきます。近年は同じテーマから、本や紐についての彫刻作品も制作しています。ホームページ


会場:こども創造センター・光と音のホール(新潟市中央区清五郎375-2)
対象:小学生(小2以下は保護者同伴)
参加無料・定員10名(要申込・応募多数の場合抽選)
申込方法
1〈TEL〉 025-226-2624(新潟市文化創造推進課)
2〈WEB〉 新潟市かんたん申込み(新潟市HP内で検索)
申込期間:10/17[日]~31[日]
主催:新潟市
協力:新潟絵屋・こども創造センター
お問い合せ:025-226-2624(新潟市文化創造推進課/土日祝を除く8:30~17:30)


用意するもの
大切にしまいたいモノ、または、おもしろいかたちのモノ、それを入れるとすきまができる少し大きめの箱、周りをかざるのに使えそうな布きれ、毛糸や紐、リボン、ボタン、折り紙などをご用意ください。
会場にも素材の用意があります。
コイズミアヤ
コイズミアヤ
コイズミアヤ


▶ コイズミアヤ展「やわらかな座標」

コイズミアヤ展「やわらかな座標」

7/17[土]―8/9[月・振替休日]
会場:ギャラリーみつけ
(みつけ市民ギャラリー) 展示室1・2
見附市昭和町2-4-1 tel.0258-84-7755
10:00―22:00(入館受付21:30迄/最終日16:00迄)
月曜休館/入場無料/駐車場完備

 コイズミアヤという人の頭の中はどうなっているのだろう、と個展を見る毎に感じる。
 本好きという言葉は大雑把にすぎるけれど、読書という経験がコイズミにとっていかに根源的なものであるかということを、作品で痛感したこともある。
 読む・考える・感じる・作る・書く・話す・聞くなど複数の動詞で書かれているものがひとつ、あるいはひと続きの行為になっているらしい。その「続き」方は輪の姿をしていて終わりという地点がない。
 表現は表にあらわすと書くけれど、コイズミの作品行為=輪はメビウスの帯のように表裏がなく、表にあらわれたものが裏に続き、どこまでもどこまでも続き、回り、高速回転の大縄跳びのように入りづらくなって、ふしぎな、目のまわる風景だなぁ、とただただ感嘆してたたずむことになる。
 ところで、そのメビウスの輪を中央線で2分割するともうひとつの輪になるが、この輪には表裏ができている。つまりメビウスの輪では表裏(内と外)が左右に「隣り合って」いたのだった。仮に自分の目を同じメビウスの輪状にして(どうしたらよいのかはまだ分からないが…)コイズミの表現の側面に添えてみると。と、不在と思えた裏面がこちらに滑り込み(というかこちらが裏側になってしまい)、気づくと一緒に回っているかもしれない。
(大倉宏/新潟絵屋)

コイズミアヤ展

PHOTO(上):「重なる箱_9」 2021年 15.9×15.5×h7.0cm

 旧作を通常の発表時とはちがうかたちで並べたり、制作に関わる思索や感覚について自由研究のようなまとめ(きれていないもの)を並べる展示を計画しています。日々の観察と類推、イメージの重なりが生まれるところや制作の経緯をご覧いただけたらと思います。主に木を素材にした立体作品、図面やドローイング、参考資料を出品します。(コイズミアヤ)

コイズミアヤ
1971年東京生まれ。94年武蔵野美術大学空間演出デザイン学科卒業。長岡市在住。
主に箱の作品を制作してきました。人やこの世界の成り立ちについての興味から、内側に向かって知ろうとすることが箱のかたちを用いた作品につながっていました。制作を続ける中で、箱(≒世界)の内と外、開くことと閉じることの関係は入れ替わり変容をはじめます。見えている世界の別の側面や別の生成の可能性について、制作を通じて取り組んでいます。不自由とも思える物体に無粋なまでにかたちを落とし込んでいくと、重さや手触り、その素材や大きさ(相対的でない、絶対的な大きさ)を持つが故に、未知の景色への手がかりが現れてきます。近年は同じテーマから、本や紐についての彫刻作品も制作しています。ホームページ


関連イベント

ギャラリートーク

7/31[土]18:00―19:00
会場:展示室2/定員:15名

*トークの記録映像を8月31日まで限定で公開します。

動画配信アドレス
こちらをクリック


コイズミアヤ


展示の様子と作品リスト
コイズミアヤ
<展示室1>
コイズミアヤ
コイズミアヤ

コイズミアヤ
コイズミアヤ
コイズミアヤ
コイズミアヤ
コイズミアヤ
1.
「聖なる山」2005 / 400×400×346mm /木
充満と空虚をめぐるドローイング「untitled5-1」2015 /紙・鉛筆/シート
充満と空虚をめぐるドローイング「untitled5-2」2015 /紙・鉛筆/シート
充満と空虚をめぐるドローイング「untitled5-3」2015 /紙・鉛筆/シート
「入る」2005 / 400×400×346mm /木
充満と空虚をめぐるドローイング「untitled9-1」2015 /紙・鉛筆/シート

2.
(『角川類語国語辞典』の序)/非売
①「行き先についてi」1999/木・アクリル・金具/220×220×h180ー220×440×h90mm
②「行き先についてii」1999/木・アクリル・金具/220×220×h180ー220×440×h90mm
③「庭-a.」部分1999/木・鉛・アクリルボックス/140×110×145mm/非売
④「庭-b.」部分1999/木・ミニカー・鉛・アクリルボックス/275×115×90mm/非売
⑤「庭-d.」部分1999/木・鉛・アクリルボックス/340×110×100mm/非売
⑥「山と家」2004/木・木粉粘土・アクリルボックス/380×260×h180mm
⑦「ひとつひとつの小さな通路 004」2005/木
⑧「空間に付随する 001」2005/木
⑨「空間に付随する 002」2005/木
⑩「a piece of a home as a body 01」2006/木/200×110×105mm
⑪「丘」2006/木/506×234×134mm
⑫「山と家 01」2006/木・アクリルボックス/200×200×150mm
⑬「器と塊01」2007/木/197×132×h167mm
⑭「crown」2008/木・ピアノ線/120×120×h90mm
⑮「増殖」 2008 w150×d606×h242mm/木・金具
⑯「周回的な塔」2010/木
⑰「求心的な塔」2010/木・ピアノ線
⑱「相貫する器」2010/木
⑲「しくみの内側のしくみ I 」2011 w492×d161×h192.5mm 木
⑳「しくみの内側のしくみ II 」2011 w602×d161×h200mm 木・ピアノ線
㉑「untitled」2011/木・建築模型材料
㉒「十字架の家」2011/木/300×200×h150mm
㉓「通過する」2012/木/168×270×h187mm
㉔「明滅」部分 2012/木/46×64×h20mm & 50×68×h20mm/非売
㉕「背後に聳える」の部分、丸い小さな構築物 2012/木/φ80×40mm/非売
㉖「一瞬見えるように」2012/木・和紙/220×35×h75mm
㉗「かぶさる箱2」2017/木(組み合わさった6つの箱)
㉘「かぶさる箱3」2017/木(組み合わさった8つの箱)
㉙「かぶさる箱5」2017/木(組み合わさった5つの箱)
㉚「かぶさる箱6」2017/木(組み合わさった5つの箱)
3.
「monad series」2008/ダイヤブロック/非売

<展示室2>
コイズミアヤ
コイズミアヤ
コイズミアヤ
コイズミアヤ
コイズミアヤ
コイズミアヤ
コイズミアヤ
コイズミアヤ
コイズミアヤ
コイズミアヤ
4.
「わのひも てっきょう」2015/各A4/鉛筆・紙/非売
「わのひも かめのこ・ゴム」2015/各A4/鉛筆・紙/非売
「Loop_かめのこのための図面」2016 方眼紙/非売
「Loop_かめのこ1/11」2016/180×250×h70mm/木・方眼紙・厚紙/非売
5.
(重ね書き_類語辞典とホフマンスタールの手紙に関連した散文)2021/ペン・紙・コピー/非売
6.
(ヒルマ・アフクリントが見ていたもの_『花・苔・地衣類』より)2021/ペン・紙・コピー/非売
7.
『点点(ぼちぼち)』vol.0〜3 /無料
8.
「重なる箱_9」 2021/木(組み合わさった5個の箱)


フリーペーパー『点点(ぼちぼち)』
一部在庫がなくなりました。
コイズミアヤ


▶ 指定管理施設「砂丘館」と「ギャラリーみつけ」

光をとる

会場:砂丘館 新潟市中央区西大畑町5218-1
9:00 ― 21:00・月曜休館・観覧無料
tel.025-222-2676

ミーヨン

〈光をとる1〉 Truth is One ミーヨン写真展

8/5[木]― 9/5[日]

ギャラリートーク

〈戻らなければならない場所がある気がする〉
8/21[土]14:00―15:30 →終了しました
・聞き手:大倉宏(砂丘館館長)
・参加費:500円


中里和人 「Night in Earth」

〈光をとる2〉 Night in Earth 中里和人写真展

10/1[金]― 31[日]

ギャラリートーク

〈URASHIMA-夜、海、気配〉
10/2[土]14:00―15:30
・聞き手:大倉宏(砂丘館館長)
・参加費:500円
・定員:20名
・砂丘館へ要申込・受付 9/4~


関連情報

「光をとる ミーヨン 中里和人 写真展」

会場:新潟絵屋
9/16[木]―29[水]
砂丘館で8月、10月に連続開催する二人の写真家の二人展。明るい光とかすかな光、光のはてしない奥行きを写真という目で感受する。 (企画者:大倉宏)


▶ Mi-Yeon 写真展 Alone Together

指定管理施設「砂丘館」と「ギャラリーみつけ」

 新潟絵屋は、新潟県内のふたつの公共文化施設の指定管理を株式会社新潟ビルサービスと共同で行なっています。今年6月16日、新潟絵屋は21周年を迎えますが、管理施設のひとつ「ギャラリーみつけ」は3月に5周年を、「砂丘館」は7月に16周年となります。新潟絵屋ともども、これからもどうぞよろしくお願いいたします。


ギャラリーみつけ

コイズミアヤ展「やわらかな座標」

旧作を通常の発表時とはちがうかたちで並べたり、制作に関わる思索や感覚について自由研究のようなまとめ(きれていないもの)を並べる展示を計画しています。日々の観察と類推、イメージの重なりが生まれるところや制作の経緯をご覧いただけたらと思います。主に木を素材にした立体作品、図面やドローイング、参考資料を出品します。(コイズミアヤ)

7/17[土]―8/9[月・振替休日]〈月曜休館・入場無料・駐車場完備〉
10:00―22:00(入館受付21:30迄/最終日16:00迄)
※7/31[土]トーク
会場:ギャラリーみつけ 展示室1・2
見附市昭和町2-4-1 tel.0258-84-7755

コイズミアヤ
コイズミアヤ

ギャラリーみつけ(みつけ市民ギャラリー):3つの展示室とカフェがある元法務局を改装した空間です。


砂丘館

『森の天界図像 わがイコン 胞子紋 渡辺隆次きのこ画文集』刊行記念
渡辺隆次 胞子紋の世界展

5/27[木]―7/11[日]
9:00―21:00 〈月曜休館・入場無料〉
会場:砂丘館ギャラリー(蔵)ほか各室
新潟市中央区西大畑町5218-1 tel.025-222-2676

渡辺隆次 胞子紋の世界展
渡辺隆次

砂丘館(旧日本銀行新潟支店長役宅):広いお屋敷の美術館。お庭では毎年きのこが姿を表しますが、現在は館内できのこの胞子紋から生まれた絵の展覧会を開催中。

▶ 画文集刊行記念 渡辺隆次展

華雪の篆刻受注会

受付期間 6/1―30

6月は、オリジナル篆刻のオーダーを承ります。篆刻は、お手紙に添えたり、蔵書などお気に入りのものに捺したり、印鑑としてもお使いいただけます。
今回は、ご依頼くださる方の手書きの字を見せていただくことで、その字に似合う雰囲気のデザインを華雪さんに考えていただきます。
下絵は数点提案し、そこからご相談を重ね、最終的なデザインを決定し、印材に刻みます。
仕上がりまではやりとりの回数により、1ヶ月から2ヶ月ほどお時間をいただきます。

華雪(かせつ)
1975年京都府生まれ。立命館大学文学部哲学科心理学専攻修了、東京都在住。幼い頃に漢文学者・白川静の漢字字典に触れたことで漢字のなりたちや意味に興味を持ち、以来、文字の表現の可能性を探求することを主題に、国内外で展示やワークショップを行っている。刊行物に『石の遊び』(平凡社、2003)、『書の棲処』(赤々舎、2006)、『ATO 跡』(between the books、2009)、作品集『ながれる』(2019)など。作家活動の他に、『コレクション 戦争×文学』(集英社)など書籍の題字なども手がける。
instagram kasetsu_sho

料金:1cm四方・1文字~ 33,000円~(税込・桐箱付)

華雪の篆刻

〈お申し込み方法〉

◆「依頼書」をダウンロードし出力紙または新潟絵屋で入手していただき、お名前やご連絡先、刻む文字を直筆でご記入ください。

◆デザインについては、〈朱文・白文〉や〈枠有り・枠無し〉、石のかたち、サイズを選択します。そのほか、刻む文字にまつわる由来や思い入れなどのエピソードも自由にご記入ください。

◆やりとりは、郵便またはメールのいずれかを選択ください。「依頼書」は店頭でも受け付け可能です。

◆期間内はご予約制で見本や価格表をご案内いたします。

〈依頼書送付先・ご案内予約・お問い合わせ〉

篆刻受注会依頼書 ダウンロード


篆刻受注会依頼書 華雪

新潟絵屋(担当/井上美雪)
951-8068 新潟市中央区上大川前通10番町1864番地
info@niigata-eya.jp TEL.025-222-6888


関連記事
過去の個展 
2004年
2007年
2008年
2009年
2011年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
ワークショップ「木」を書いて「森」をつくる
華雪による書と篆刻の講座『字がうまれたとき・書がうまれたとき』第3期
華雪による書と篆刻の講座『字がうまれたとき・書がうまれたとき』最終回

うつわのお直し相談受注会

トピックス

2/18[木]―20[土] 11:00-15:00

 陶磁器の割れ、欠け、ひびなどのお直しをご相談&お見積もり&ご注文いただけます。仕上げの方法は、うるし、錫粉、銀粉、金粉など。うつわをご持参の上ご来場ください。
※本漆使用のため陶磁器のみ。ガラスはできません。 欠損部があっても大丈夫。 時間はかかりますが成形できます。

会場:新潟絵屋 展示室
相談役:ナヲシテツカウ(長谷川加奈)


長谷川加奈:(はせがわ かな)
味処 はせ川(古町9)女将。店で使う器を自分の手で直したいと金継ぎを学ぶ。
naoshite-tsukau.com


▶過去のうつわのお直し相談&受注会
▶ナヲシテツカウ金継ぎ教室【終了】
器のお直し ナヲシテツカウ