横山蒼鳳の書

The Calligraphy of Soho Yokoyama

niigata eya exhibition 669

4/17[水]― 5/6[月祝]
砂丘館同時期開催!

 横山蒼鳳の書を見ていると書は声だなぁと思う。同じ言葉でも、言い方や口調や、声によって、印象のみならず意味まで変わることがある。 書の魅力を筆線の勢いや巧みさなどで説明することもあるが、それは言い方や口調の説明に似ている。一方声というものはなかなか説明ができない。そういう説明の難しい魅力が蒼鳳の一見分かりやすい言葉(書)にはある。 ときに強い口調で、大上段に語ることもある言葉が、そんな声の魔法で決してとげとげしくならない。共感する者には深い奥行きを感じさせ、反発する人にもおやっと耳を傾けさせる。書は、書の声はなんとも面白い。(企画者:大倉 宏)

More than 20 years ago, I worked with Mr. Soho Yokoyama on a series of newspaper articles, and we collaborated with each other in advocating for the preservation of several old buildings and on designs of planned buildings, albeit from different perspectives. Mr. Soho had once curated an exhibition at Niigata Eya. It is a curious coincidence that I am planning Mr. Soho’s solo exhibition 12 years after his death. I wrote about the background of the exhibition in the flyer for his other show, which is being held simultaneously at Sakyukan. I would like to add that I had a strong impression that Mr. Soho’s calligraphy was “words” spoken by an individual to another individual, rather than static work of art. I had believed that exhibitions are different from common rooms or council chambers, so probably I have changed. In this park-like room where nostalgic voices and words flit about like chirping birds, I would like to remember Mr. Soho, whose death anniversary falls during the exhibition period. (Exhibition Planner: Hiroshi Okura)

横山蒼鳳の書
PHOTO:「桃栗三年」墨/紙30.050.0㎝

横山蒼鳳(よこやま そうほう)
本名 横山 廣
1934年新潟県下田村(現三条市)生まれ。三条高校卒業。高校時代は江川蒼竹に師事し、青年期は會津八一の薫陶を受け、後年桑原翠邦に益を受ける。63年書壇院展内閣総理大臣賞受賞。 81年~専業書家。朝日新聞新潟版土曜コラム「書一輪」を10年、新潟日報連載「越佐の埋み火」13回執筆。著書に『書一輪』『医者の知事・君健男』『自由が宝生む 書の自由学校から』『篆刻僧 乙川大愚』『出杭人生』『私の書いた言葉たち』等。やすづか自由学園、新潟朝鮮初中級学校、書の自由学園講師を務める。2012年4月29日永眠。

Soho Yokoyama
Real name: Hiroshi Yokoyama
Born in Shimoda Village (currently Sanjo City), Niigata Prefecture in 1934. Graduated from Sanjo High School.
Worked at Niigata Prefectural Sanjo Tuberculosis Hospital and at Niigata Cancer Center in Niigata Hospital for 25 years.
Established Niigata Medical Co-op (Kido Hospital) and became its executive director.
Executive Director of Ashinuma-kai Social Welfare Corporation, founded Ashinuma-So, a special care home.
He had consistently practiced calligraphy and became a full-time calligrapher in 1981.
Studied under Sochiku Egawa in high school.
In his youth, he was trained by Yaishi Aizu, and in later years, he received the benefit of Suiho Kuwahara’s guidance.
In 1963, he received the Prime Minister’s (Hayato Ikeda) Prize at the Shodan-in Exhibition.
Wrote the Saturday column “Sho Ichirin” in the Niigata edition of the Asahi Shimbun newspaper for ten years.
Wrote “Essa no Uzumibi” for Niigata Nippo newspaper 13 times.
Author of “Sho Ichirin”, “Takeo Kimi, Governor of Doctors”, “Jiyu ga Takara Umu Syono Jiyu Gakko kara”, “Tenkoku So Daigu Otogawa”, “Shukkou Jinsei”, “Watashi no Kaita Kotoba tachi” and other works.
He was a curatorial advisor to the Aizu Yaichi Memorial Foundation, a director of the Shodan-in Foundation, and a guest member of the Shosokai.
Lecturer at Yasuzuka Jiyu Gakuen, Niigata Korean Elementary School, and Sho no Jiyu Gakuen.
He passed away on April 29, 2012.

横山蒼鳳の書
PHOTO:「春は冬のなかで」墨/紙55.045.0㎝

横山蒼鳳の書
PHOTO:「生命無限」制作年不詳 墨/紙 33.5×44.6cm

横山蒼鳳の書
PHOTO:「生れながらにしてひとはひとだが ひとのたからはひとなることもたしかなり」制作年不詳 墨/紙 61.5×31.6cm


同時開催

横山蒼鳳さんの書いたことば

4/10[水]― 5/6[月祝]
会場:砂丘館(新潟市中央区西大畑町5218-1)
〈観覧無料〉
開館時間:9:00 ― 21:00
休館日:4/15.22.30

横山蒼鳳さんの書いたことば

ギャラリートーク「父と語る」

4/21[日]14:00―15:30
横山 純(横山蒼鳳三女)・聞き手:大倉 宏
参加費500円/定員40名/申込受付3/20~
砂丘館へtel、fax、メールにてお申込ください。
砂丘館:新潟市中央区西大畑町5218-1
tel&fax.025-222-2676
申込専用メール: yoyaku@bz04.plala.or.jp

横山蒼鳳さんの書いたことば展

yokoyamasoho
yokoyamasoho
yokoyamasoho
砂丘館・横山蒼鳳展フライヤーpdf

田中秀美 展 ~妖精(花)たちのささやき~

~妖精(花)たちのささやき~
5/16[木]― 29[水]
作家在廊日:5/16、18、25、26、29(予定)
niigata eya exhibition 670

 作品展のたびに力をつけている画家田中秀美。打ち合わせに伺った折、自宅裏の堤防の桜並木が目に留まった。きっと見事な桜が咲くのだろう。歴史ある静かな町長岡市与板の自然に恵まれ、植物を好きなように育てられる環境に日々感謝しながら描き続けているという。彼女が育てた花々が鉢植えされ、今年も季節ごとに「私を描いてちょうだい」と声を掛けてくることだろう。花に向き合う姿勢は丁寧で優しい。自然や植物に接する姿は作家自身の生き方だと思う。太神楽椿、イエローポンポンネット(チューリップ)、クリスマスローズなど約20点を展示する。〈企画者:横木裕子〉

田中秀美(たなか ひでみ)
長岡市生まれ。2000年頃から自己流に描きはじめる。新潟絵屋では2005年と07年に銅版画の個展を開催。その他、ギャラリー沙蔵、たびのそら屋(長岡市)、今井美術館(見附市)、ギャラリーやまぼうし、二代目アートサロン環(新潟市)などで個展。長岡市美術協会会員。市展入賞 4 回、芸展入賞。 植物を丹念に観察することにより、心の中に滲み出てくる何か、を表現できる楽しさを大切に創作を続ける。長岡市与板在住。ブログ「つるつるにんじんの豆絵画館」ameblo.jp/douganebuibui9

PHOTO(上): 作品「太神楽椿」2023年 岩絵具・水干絵具・アクリル/紙 28.0×40.0㎝

イエローポンポンネット
PHOTO: 作品「イエローポンポンネット」2021年 水干絵具/紙 38.0×26.2cm

田中秀美
PHOTO: 作品「ウィンターキャロル」2023年 26×38.2cm


▶ 2005年「田中秀美 銅版画展」
▶ 2007年「田中秀美 銅版画展」

ギャラリー&ミュージアムマップ 2024.3/20~4/25

展覧会を見に行こう!
2008年創刊、毎月無料配布の展覧会情報紙です。

新潟島とその周辺のギャラリー&ミュージアムマップ
Gallery & Museum Schedule 2024.03-04

2024年3月20日(水)- 4月25日(木)

ギャラリー&ミュージアムマップ 2024年3月-4月号

チラシのダウンロード(PDF)

ギャラリー&ミュージアムマップ 2024年3月-3月号


チラシのダウンロード(PDF)

本紙 配布場所のご案内

中央区 aigallery、ニカイギャラリー、STACK-BOARDアートギャラリー万代島ギャラリー長美堂、メディアシップ、hickory03travelers蔵織コンチェルト・西堀ゆきわ、にいがた銀花医学町ビル、医学町画廊、 新潟美術学園、あらきギャラリー、羊画廊、新潟絵屋、万代島美術館敦井美術館新潟市美術館砂丘館NSG美術館ゆいぽーと、篠田桃紅作品館、北方文化博物館新潟分館あさひまち展示館旧齋藤家別邸旧小澤家住宅みなとぴあ知足美術館、新潟駅観光案内所、なり、五徳屋十兵衛、クロスパル、シネ・ウインド、三宮商店、ナガイ画材、器、SWAN、パルム、涼蔵、竹野、ノ縞屋、新潟県民会館、新潟デザイン専門学校、市民活動支援センター、ホテル日航新潟、りゅーとぴあ、NHK文化センター、峰村醸造直売店、今代司酒造、新潟大学駅南キャンパスときめいと、絵画教室ウニアトリエ、新潟県立生涯学習推進センター、栄楽亭、エフスタイル、i media専門学校、アートホテル新潟、北書店

北区 楓画廊てんゆう花、nico、ビュー福島潟、ARTギャラリーHAFU
東区 She is、巻菱湖時代記念館、フォトスタジオHOX
南区 SHIRONE PRESSO
江南区 小さな美術館季、エムスタジオ、北方文化博物館
秋葉区 やまぼうし三方舎新潟市新津美術館
西区 雪梁舎美術館ギャラリー潟道
西蒲区 浜つばきギャラリー野衣、いわむろや

新発田市 清水園
胎内市 胎内市美術館
村上市 Toi陶房(瀬波温泉)
柏崎市 游文舎gallery tanne(谷根)グルグルハウス高柳
長岡市 たびのそら屋県立近代美術館、長岡造形大、栃尾美術館
見附市 ギャラリーみつけ
燕市 燕市産業史料館gallery SAI、ツバメコーヒー
三条市 D+5 ART、三条ものづくり学校
栃尾市 栃尾美術館
弥彦村 弥彦の丘美術館

ギャラリー&ミュージアムマップ 2024.2/20~3/25

展覧会を見に行こう!
2008年創刊、毎月無料配布の展覧会情報紙です。

新潟島とその周辺のギャラリー&ミュージアムマップ
Gallery & Museum Schedule 2024.02-03

2024年2月18日(日)- 3月25日(月)

ギャラリー&ミュージアムマップ 2024年2月-3月号

チラシのダウンロード(PDF)

ギャラリー&ミュージアムマップ 2024年2月-3月号


チラシのダウンロード(PDF)

本紙 配布場所のご案内

中央区 aigallery、ニカイギャラリー、STACK-BOARDアートギャラリー万代島ギャラリー長美堂、メディアシップ、hickory03travelers蔵織コンチェルト・西堀ゆきわ、にいがた銀花医学町ビル、医学町画廊、 新潟美術学園、あらきギャラリー、羊画廊、新潟絵屋、万代島美術館敦井美術館新潟市美術館砂丘館NSG美術館ゆいぽーと、篠田桃紅作品館、北方文化博物館新潟分館新津記念館あさひまち展示館旧齋藤家別邸旧小澤家住宅みなとぴあ知足美術館、新潟駅観光案内所、なり、五徳屋十兵衛、クロスパル、シネ・ウインド、三宮商店、ナガイ画材、器、SWAN、パルム、涼蔵、竹野、ノ縞屋、新潟県民会館、新潟デザイン専門学校、市民活動支援センター、ホテル日航新潟、りゅーとぴあ、NHK文化センター、峰村醸造直売店、今代司酒造、新潟大学駅南キャンパスときめいと、絵画教室ウニアトリエ、新潟県立生涯学習推進センター、栄楽亭、エフスタイル、i media専門学校、アートホテル新潟、北書店

北区 楓画廊てんゆう花、nico、ビュー福島潟、ARTギャラリーHAFU
東区 She is、巻菱湖時代記念館、フォトスタジオHOX
南区 SHIRONE PRESSO
江南区 小さな美術館季、エムスタジオ、北方文化博物館
秋葉区 やまぼうし三方舎新潟市新津美術館
西区 雪梁舎美術館ギャラリー潟道
西蒲区 浜つばきギャラリー野衣、いわむろや

新発田市 清水園
胎内市 胎内市美術館
村上市 Toi陶房(瀬波温泉)
柏崎市 游文舎gallery tanne(谷根)グルグルハウス高柳
長岡市 たびのそら屋県立近代美術館、長岡造形大、栃尾美術館
見附市 ギャラリーみつけ
燕市 燕市産業史料館、ツバメコーヒー
三条市 D+5 ART、三条ものづくり学校
栃尾市 栃尾美術館
弥彦村 弥彦の丘美術館

ギャラリー&ミュージアムマップ 2023.03/20~04/25

展覧会を見に行こう!
2008年創刊、毎月無料配布の展覧会情報紙です。

新潟島とその周辺のギャラリー&ミュージアムマップ
Gallery & Museum Schedule 2023.03-04

2023年3月20日(月)- 4月25日(火)

ギャラリー&ミュージアムマップ 2023年3月-4月号

チラシのダウンロード(PDF)

ギャラリー&ミュージアムマップ 2023年3月-4月号

チラシのダウンロード(PDF)

本紙 配布場所のご案内

中央区 aigallery、ニカイギャラリー、STACK-BOARDアートギャラリー万代島ギャラリー長美堂、メディアシップ、hickory03travelers蔵織コンチェルト・西堀ゆきわ、にいがた銀花医学町ビル、医学町画廊、 新潟美術学園、あらきギャラリー、羊画廊、新潟絵屋、万代島美術館敦井美術館新潟市美術館砂丘館NSG美術館安吾風の館、篠田桃紅作品館、北方文化博物館新潟分館新津記念館あさひまち展示館(休館中)旧齋藤家別邸旧小澤家住宅みなとぴあ知足美術館、新潟駅観光案内所、なり、五徳屋十兵衛、クロスパル、シネ・ウインド、三宮商店、ナガイ画材、器、SWAN、パルム、涼蔵、ぽるとカーブドッチ、竹野、ノ縞屋、新潟県民会館、吉川酒店、新潟デザイン専門学校、市民活動支援センター、ホテル日航新潟、りゅーとぴあ、NHK文化センター、峰村醸造直売店、今代司酒造、新潟大学駅南キャンパスときめいと、絵画教室ウニアトリエ、新潟県立生涯学習推進センター、新潟NPO協会、栄楽亭、エフスタイル、i media専門学校、アートホテル新潟、ゆいぽーと、北書店

北区 楓画廊てんゆう花、nico、ビュー福島潟、ARTギャラリーHAFU
東区 巻菱湖時代記念館
南区 SHIRONE PRESSO
江南区 小さな美術館季、エムスタジオ、北方文化博物館
秋葉区 やまぼうし三方舎新潟市新津美術館
西区 雪梁舎美術館ギャラリー潟道、こんぺいとう
西蒲区 浜つばきギャラリー野衣、いわむろや

新発田市 清水園草舟(菅谷)
村上市 Toi陶房(瀬波温泉)
柏崎市 游文舎gallery tanne(谷根)
長岡市 たびのそら屋県立近代美術館、長岡造形大
見附市 ギャラリーみつけ
燕市 燕市産業史料館、ツバメコーヒー
三条市 D+5 ART、三条ものづくり学校
栃尾市 栃尾美術館
弥彦村 弥彦の丘美術館